アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
えありす万華鏡
ブログ紹介
ゲーマー、イラストレーター、スポーツウーマン、音楽家のわたし。どれも自称だけど…
万華鏡のようにくるくる変わる日々をえがきます。since2001.9.18
*光の戦士@えありす
zoom RSS

税金・血税

2017/02/25 00:46
昨年、亡父が残した土地の最後の一筆が売れた。





その前々年にも一筆売った。

どちらも素敵な家が建った。
うちの家を建てたビルダーさんが、建主さんの要望に沿って凝った家を建てた。



わたしたちの親世代は土地神話の高度成長期のせいだったのか、よく土地を売り買いしていた。
夫に聞くと、夫の両親もだったそう。



うちの父は普通のサラリーマンだったけど、土地を売り買いできる時代だったらしい。
ゼネコンだったので不動産部というのがあってそこで買ってたとか。


子供の頃、よく「なすのとち」という単語をよく聞いた。

御用邸がある那須に新幹線が通るということで土地を買ってたらしい。

それを売り、今度は別の土地を買ったりして盛んになにかやっていた。




最後に父が買った土地は地元の郊外。



そこが急激に発展して人口増加がものすごいことに。



ずいぶん前に父が買った土地は新しい住宅地になりしゃれた街並みになっている。
ショッピングセンターや店舗が大通りに建ち並び、大通りから横道がたくさんあって全部住宅地に。



そこも父が売ったりして、最後の2筆だけは父が亡くなってからわたしが処分した。




もう、わたしの代で土地などは整理しておかないと次の代ではわからなくなる。


でも、まだ母の里に山、畑、田んぼ、祖母が住んでいた宅地がある。
田舎なので二束三文。


それでももし売れるなら売っておきたい。
でも、税金だけずっと払って売ろうにも売れない。


こういうのはどうしたものだろうか。
売れないかぎり未来永劫、うちが税金を払うのだろうか。

自治体に「寄付する」と言っても「整備にお金がかかる」と断られた。




畑に関しては、自治体で柑橘系の畑を大々的に企画するので土地を貸してほしい、というので貸すことに同意書を書いた。


でも、周りの土地の人も同時に同意しないとこの計画は立たない模様。
進行具合はどうなっているのか不明。



こういう家の雑多な事務処理は父が病気になってからすべてわたしがしてきた。
母も姉も全く関与なし。


父が残していた書類などを精査。

ある日は、払わずともよいお金の支払いを父が長年払い、それを請求していた土木事務所に乗り込んだこともあった。



この件では父が数回是正を求めて行ってもすごすごと帰ってきたとか、と母が言っていたっけ。


電話ではらちがあかなかったので「待っとけよ。今から行くから。担当はだれだ」と。
(あくまでイメージです)

土木事務所の事務室のドアをばーーーん!と開けて(あくまでイメージです)がーーーん、と凄んでみせたら(あくまでイメージです)、一回で是正ができた。


役場、役人とは「ばーーーーーん」と出るといいってことをその時、学んだ。
もちろん、こちらに正義があるのを知っていたから。




ほんといろいろあったわ。




昨年、売った土地にはもちろん税金がかかる。

また、申告しにいかねばならない。


小さい土地なのにそれでも数百万の税金を払う。


税金を払い、残ったお金といっても、長年更地にしていたので固定資産税とトントン。
バブルの頃なら土地転がしで少しは儲けたかもしれないけど、ご時世がこれだし。


更地にしていると固定資産税が高い。

草むしりも年に数回、シルバー人材さんに頼んでしてもらう。
そのたびに、けっこうな金額を振り込んだ。

土地は持っていてもお金が出ていくのみ。




亡父の残した土地だけど、税金対策で父、母、姉の名義になっていた。
なのでわたしは父の名義の4分の一がわたしの分。


といっても、すべての財産管理はわたしがしているので、母も姉もノータッチ。
税金の計算もすべてわたしがして、申告し払う。

これから母が何年生きるかわからないし、親の祭祀もしなくてはならない微々たるお金でもとっておかねばならない。


墓も地震で墓石が少し倒れたので修理を頼んでいる。
これも、けっこうな金額。




うちのようなチャチな庶民の一族でも税金を必死で払ってきた。

元の家(子供にあげた家)の固定資産税もけっこうなもの。



家、土地はお金を生み出すことはなく出て行くのみ、ほんとそう思った。
庶民に家土地は重荷。


続けて2筆売った土地。

税金。



国家というのはみんなでお金を出し合って道路や学校を作って共有していくもの。
相互扶助の世界。


だから税金を納めることは義務としてそれは納得。
でないと、生きていけないものね。



「申告にいかないと…。

税金を払わないとね」


と、ため息をついていたとき、テレビであの一家が映った。



動きのないいつもの部屋。

座ったまんま。


さぼりの常習者。
遊びの達人。
いつもの普段着。
人様に挨拶するのに普段着。
汚い長い髪。



書かれているものがないと物を言えないおっさん。
書いてあるものがあるのに、うまく言えないおっさん。
髪の毛がおかしいおっさん。
嘘ばかりいうおっさん。



そして、餓鬼道地獄にいるようなやせこけた子。

そんな子を隣にしているのにニタニタしている両親。

北海道は寒いから行きたくないけど、デンマークには行きたいアピールをしているサボリーヌ。



うちが払う税金のお札に名前はついていないけど、みんなの税金がこんな一家に使われ、ホテル貸切のスキーをさせ、ディズニーで特別扱い…




世界一贅沢な環境でいて、子は餓鬼道地獄。



一体どうなってるのか。



わたしたちの血税を遊びに使い、好き放題贅沢をしてるのに、このざまはなんなのだ。




父が必死で買った土地を売り、数百万の税金を納めようとしている我が家。


この数百万がサボリーヌが静養に行く時の普段着のブルガリのネックレス一個分かと思うと怒りが心底湧いてきた。


この一家を見ていたら最初は哀れと思い、次は笑い、でも、これから納める税金のことを考えたら怒りがふつふつと湧いてきた。




うちのような庶民が血と同じお金を納めているのに、痩せこけた子を横にニタニタしている親にはなんら地位へのプライドもへったくれもない、と。

そう思った。




ふるさと納税じゃないけど、「あの人納税」があるなら「秋篠宮家」に納税したい。

うちの微々たる土地を売った税金で、内親王に美しいドレスの一着でも作ってほしい、と。
あ、足りないか…

じゃ、ブラウスの一枚でも。



同じこと思った庶民はたくさんいたはず、だと思った。



庶民が血のにじむ思いで納めた税金を湯水のように使う一家。

そして、日本国に害なすことしかしない一家。


ブルガリがどんなものかわたしは現物を見たことないけど、わたしたちの税金が膨大なブランドバッグや服に消え、レストランでの贅沢三昧に使われ、やせこけた子のミキモトのネックレスになり、サボリーヌの妹一家の遊びにも使われているのかと思うと、怒り心頭で今夜は眠れそうにない。



八百万の神様、正統な方々へ皇統を一日も早くおつなぎくださいませ。



このゾクゾク感はんぱない↓
銀髪の皇子。


画像





日本がんばれ、と思ったら
ぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村





記事へナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 5


竹島の日

2017/02/22 19:38
日本は地方自治体にまかせず、国をあげて自国の領土であると言わねば。



竹島がどう不法占拠されたかはだいたい知っていたけど…


詳細を↓知って腹の底から怒りが湧いてきた。





こんな国に、日本は戦後どれだけ莫大なお金をつぎ込んだか。

竹島を不法占拠された時は、自衛隊はまだなく、でも平和活動家が「平和の象徴の憲法9条」はあったんですけどね。

「憲法9条」が国民を守れなかったことは歴史が証人です。

それでも、「憲法9条を守れば平和はくる」と言えるのか、と問うてもそれに答えはせず逃げてるだけの左翼平和活動家たち。
改憲に反対する野党たち。





政府は「政府の誰を式典にーー」と言わずにどうどうと国家でこれをすべし。



なにを軟弱な。



そして、相変わらず韓国は日本にやってきてその式典を妨害。



なんで、外国人の政治活動をさせるのよ。
なんで入国させるのよ。


甘い。
つくづく甘いと思うわ。



小学校ではまずは祖国について教えるべし。



領土。
歴史。
神話。


領土はとくに。

島がいくつあるか、不法占拠されているところ。

危ういところ。



きちんと教えないと。


そして国旗、国家の大事さ。



とある幼稚園ではよい教育をしていると数年前に知った。

左翼が大騒ぎして脅迫をしているけど。




ほんと、日本の敵は日本の中にいる反日の者。




がんばれ日本、と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4


やっぱ「感情移入」するわ〜FF15~

2017/02/22 11:33
*オタッキーな話なのでスルーもどうぞ。



『FF15』のハナシ。


画像



ゲームといってもジャンルはRPG、アクションゲーム、シミュレーションなどいろいろあるんだけど。




どちらにしても、必ず物語はある。

有名なドラクエやファイナルファンタジーは、RPG。

ロールプレイングゲームの略。
ロープレ。



自分がその世界に入り込み主人公たちに憑依し彼らの目的を達する。



ドラクエでもFFでも、シリーズによって感想はいろいろ。



『FF15』はどうか、というと…


画像がリアルになっただけ気持ちが入る…ということも。



逆に昔のゲームは画像がチャチで、主人公たちが二頭身だったり台詞に声もついていない。
だからこそ、自分の想像力ですべてを補い涙することも。



*こんなチャチな時代。↓ドラクエ4。
二頭身の主人公君が草原を歩き山を旅する。仲間を求めて。

画像


例えば「ドラクエ4」の主人公君の思いを想像しれば、号泣することも。


孤児の自分を育ててもらった小さな隠れ里が自分がいることで全滅させられる。

愛しいシンシアは自分に変化(へんげ)し身代わりとなり侵略者たちに殺される。
自分に課せられた「勇者」としての使命、宿命。

それを背負い彼は旅立つ。


感動ものでゾクゾク。鳥肌もの。



この二頭身の主人公君に、思いを馳せると号泣。





今は、主人公君たちがリアルな等身大でしかも感情たっぷりで声優さんたちが言葉をしゃべる。

FF10が最初だったっけ。
声優が吹き替えをしたのは。

これはセンセーショナルですごかった。


ティーダの声優の明るい声、苦悩の声。

*「プレステ3」(だった?プレステ2だった?)で激変したゲームの映像の世界。

まだ、映像が今ほどじゃないけど、それでもこの時は感動した。

CMでも使われた有名なシーン。↓

「世界で一番美しいキスシーン」というキャッチだったけ。

BGMがよくって、カラオケではわたしもこれを歌う。

『素敵だね』


命と引き換えに世界を救うユウナ。
旅の終わりには消えるティーダ。

この若い二人の刹那の恋物語。

6分ごろ。『素敵だね』にのって二人のCG動画。




物語の最後のティーダが消えていくエンディングはもう号泣で顔がぐちゃぐちゃ、化粧どろどろだったっけ。




画像
絵師・えありす



ドラクエは絶対にそれをしないのがウリだけど。



だんだんハナシもあっちこっち行くけど、




『FF15』はどうか、というとそれなりに感情は移入しちゃう。



主人公のノクトくんについていくのは従者。


家庭教師や生活全般のめんどうをみたイグニス。

武闘など戦い方を教えてくれたグラディオ。

幼馴染の同級生で彼のために強くなったプロンプト。




『FF15』の作り方は、アニメでノクトと従者たちの過去の関わりを描き、彼らが旅立つ時、前日や彼らが旅立って帝都が陥ちることを映画でやっている。


さらに、従者の一人一人の物語を多分なんらかの形でスピンオフ作品として、配信される、のかな?とか。



ネットにつながる最近のゲームはバージョンアップしたり、配信されるイベンドなどがある。






こんなリアルな戦闘に目がくるくるしちゃう。
コントローラーを動かす手が迷っちゃう。

『L』と『R』の区別が瞬時につかん…


しかも『L1』だの『L2』だの、『L3』だの…











戦闘中に、ノクト君が敵につかまってじたばたする時がたまにあってその時に、グラディオが


「ノクトーーーーーーっ!!!」


と、叫ぶことがあるんだけど…

萌え。




グラディオの技の一つとして

「ロイヤルガード」があって、ノクトを敵の攻撃から身を呈して守るのよね。


萌え。



イグニスの「ここまでだ」という台詞はアーロンのオマージュだね。



音楽は植松さんではなくって、下村陽子さん。
「キングダムハーツ」や「ゼノブレイド」など。

なかなかの凄腕のゲーム音楽作曲者。





と、いろいろまだ語りたいけどそれはまたのちのことに。





やっぱりFFは名作だね、と思ったらぽちっとね。
これはFF4の主人公くんと、アリーナ姫。絵師@えありす


にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4


正統

2017/02/21 12:51
美しいね…




画像



画像



画像


--------------

紀子さまと眞子さまが参拝。
春日大社の国宝本殿。

 秋篠宮妃紀子さまと長女眞子さまは20日、20年に1度社殿を大規模に修理する「式年造替」を終えた奈良市の世界遺産・春日大社の国宝本殿を参拝された。


--------------


だそう。


先日、東京でも

特別展「春日大社 千年の至宝鑑賞」があったとか。

眞子さまは博物館学を学ばれていたので、いろいろ興味もあられただろうね。

画像






ときどきBSでは神社仏閣をめぐる紀行ものをしている。

先日も「御寺・泉涌寺」↓を特集していた。

http://www.mitera.org/outline.php

ここは、皇室とゆかりが深いという。


秋篠宮殿下は「御寺泉涌寺を護る会」の総裁だそう。


http://www.mitera.com/houkoku.html



天皇の家の者は、こうして八百万の神を尊び守り伝えてく伝承者。


文化伝統を守り伝えていく者。


だからこそ日本人たちが税金を出し合ってこの一族を守っている。


これも秋篠宮両殿下。

画像



莫大な税金で遊び暮らすために税金を配分しているのではないということ。


春日大社といえば、この画像よね。



神の使いである鹿。


画像



画像



これは高野山の両殿下。

高僧に出迎えられる両殿下。


画像



正統とはこのこと。



東宮ってこういう写真↑見たことないよね。


北海道は寒いからさぼり、スキーは例年皆勤。


言い訳レベルの午後6時過ぎの絵画鑑賞のあとレストランで三昧。
よう肥えてからに。

で、娘はこれ↓


画像




世界一伝統のある家で世界一贅沢を享受し、職員が50人以上いて食事もしっかり作る部署があって…


で、これ。

出ている膝小僧。
耳にかかる乱れた髪。
異様に長い髪。

だらりとたれた左手。
妙な長い白いひもの巾着をそのままの長さで持つ。
短くまとめることもしないで。



哀れで…


でも、皇后さまはこんな孫娘がいるのに


「家族は皆、つつがなく…」(おい、と突っ込んだわ)



こんな天皇皇后がいずれ誕生するらしい。
これ完全に事故物件やろ、と思ってしまったわ。
泣きそうなのはわたしだけじゃないと思うわ。



画像





「恒久的に」と、陛下のわがままを学友を使い理髪屋を使い…


陛下、それはあかんやろ、と思うわ。
政府が必死で「特措法」として「陛下の法律などへの関与」を避けるようにしてるのにね。

国民には「護憲やで」といい、でも自分のわがままについては「法律をかえろ」と。
ダブスタな陛下なんて国民は見たくなかった。



つくづく残念。


そういえば、こういう動画。
これ面白いのよね。

花田さんは有名な花田さん。




動画が貼れてないときは
https://youtu.be/e2GzxLrOKyk



5分ごろから理髪屋を使って陛下が物を言ってるのではなかろうか、という感じのことを花田さんが。
途中で口ごもったけど。
なにを言いたいのかと穿ってしまったわ。




マスコミは野田佳彦を出してたけど、女帝、女系論を唱えているのはチャイナの工作だと青山さんもはっきり言っていたし。
わたしもそう思うわ。



国連の「女帝を」と言ったのと連動。


皇室典範をいじくったら、隙間で入り込んでくるからね。必ずこういうのが。


2600年の皇統。
その歴史の一部である我々の時代に、こうも皇室をいじくっていいのだろうか、と思う。


保守の中でも、「承詔必謹」(しょうしょうひっきん)だと言って「陛下のおっしゃる通りにするのが臣民だ」と言ってる人もいるけど、それは違うと思うわ。



陛下でもあかんことはあかん、と近い人が言わないと。
だれも衷心できないなんてね。


次の陛下が「愛子を皇太子に」と言ったら「承詔必謹」と言ってするのだろうか?



「生前の退位」を恒久的なものにするならすればいい。

今の東宮を「生前退位」してもらえれば、一番いいしね。



男子を持たない系統は絶える。

今、世代的に男子のいる宮家に皇統がうつるのは必定。
ならば、「生前退位」してもらって秋篠宮家に皇統を移せばいい。


そこまで、生前の退位にこだわるならば…




と、庶民のわたしはそう思ってごまめの歯ぎしりをしている。




日本がんばれと思ったら
ぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 16


「マトリックスコート」と呼ぶコート

2017/02/20 13:20
このコートを「マトリックス」という映画があった頃から

マトリックスコート


と、ずっと呼んでいる。


もう、15年以上前のもの。


画像



生地は中くらいの厚さのデニム。

なぜ、そう呼んだかというとその長さにあったかも。


キアヌ・リーブスの着ていたコートがけっこう長かった。

とはいえ、このコートは膝下10センチ程度。
わたしの身長が160。


身長が低い人が来たらキアヌになるかも。




このコートは袖はラグランでゆったり。

画像



真冬仕様ではないけど、中に厚手のニットを着ても大丈夫。

ダウンはそれだけで膨れているので、中は薄手のものがいい。


純毛の普通のコートはそれだけで重い。
重いから最近は敬遠してしまう。
汚れるのも嫌だし。
なので、良質のロングコートはもうずっと着ていない。

同じような人、多いと思うわ。
古き良き時代の流行り廃りのない純毛のロングコートは、タンスの中って。




短めの純毛生地のちょっと裾広がりのジャケット裾が無い分軽いから好き。

こんな感じにすると、重いコートを着らずにすむ。
でも、本当に寒い時はこれでは腰回りが寒いかな、とおばさんになると考えちゃう。

画像



これは生地が柔らかくて好き。

画像



このマトリックスコートのよい所は

「中になにをきてもわからない」


こと。


ちょっと買い物に出るとき、中が普段着もいいとこでもこれを羽織るとわからない。

中がわからないコートといえば「出先で防寒着を買った」という生地のときに着て出たウィンドブレーカー的なコートも同じ。

中がわからないコートはとってもいい。



こどもが園時代は園バスが来るのでそこまで送っていく。
同じ園のお母さんたちが6〜7人集まる。


冬などさっとコートを羽織ると中がパジャマでもいい。
って、わたしはしたことないけど。
わたしはきっちし着替えて化粧もして出るクチ。




脇裾にボタン。

ただの飾り。実用性はない。

画像



後ろも背中からの切り替えの下はボタン。

これも飾り。実用性はない。

画像





あまりにも色がダークなので、こういう時は胸にブローチをつける。

イメージや質感を考えて


「古布」


のブローチ。


これは、地元に「古い布」を使ってさまざまな物を作る店を開いてる人がいて、その人からの頂き物。


ちりめんや紬など古い着物などをうまく利用して、巾着やコースター、のれん、その他家庭雑貨を作っていて古い雰囲気を出した古民家風の店。


そういえば、地震でどうなっただろう。
震源地に近かったし。




画像




こういう布ブローチは布バッグにつけても可愛い。



いっとき、このマトリックスコートは着ないこともあったけど、久しぶり出してみたらなかなかよかった。
これに、ポシェットをかけていけば近所のスーパーはオーケー。

秋口、ちょっと寒い時、風呂上りにこれを着てもオーケーかも。



それぞれのタンスでいろいろな気持ちがこもる衣装があるということね。



日本がんばれ、と思ったらぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4


「アメリカすごい」と刷り込まれた少女たち〜雑談と思い出話〜

2017/02/19 13:34
昨日の記事のコメント欄で、昔のアメリカのテレビドラマの話でもりあがって…



料理の話から

「TVディナー」というアメリカのテレビの話、そこから他のテレビドラマのこと。


子供にとって「わんぱくフリッパー」や「名犬ラッシー」「名犬リンチンチン」?などはとても楽しかった。

わたしは「名犬リンチンチン」はあまり知らないけど。


毎週、「ディズニー」の番組があってティンカーベルがお城を背景に飛んで、キラキラキラキラ〜〜〜〜とか。


アニメの時は嬉しかった。
動物ものの時はそこそこ。


「ターザン」もあってたっけ。

ジョニー・ワイズミュラー。

元水泳選手。

「おれ、ターザン」
「おまえ、ジェーン」


原作読んだ時はあまりのドラマとのギャップにひっくり返ったわ。
なんで、こんなアホな単純明快な「ジャングルの王者ターザン」風にしちゃったのかって。



ほんとは、これよ↓

数年前描いた、ターザンの絵物語。原作にそって描いてみた挿絵風。

http://blog.goo.ne.jp/sfia10/c/01144f507cca16ccdbdd08a11e1e583f/3





フリッパーの家のお父さんがいつも服のまま海に飛び込むから

「泳ぎにくいだろうな」
と、別の観点でこどもはみてたっけ。

ここの家は、お母さんがいたのかいなかったのか…



ラッシーの家では、優しいお母さんがいた…ような。
開ける冷蔵庫の大きさにびっくり。

オレンジジュースを大きい水差しのようなものから大きいガラスコップにつぐ子供。

シリアルの朝ごはん。


コリー犬という大型犬の存在を知ったのもこの当時。
日本人の少女はせいぜいポチしか知らなかったもの。


こんな美しい犬を飼うアメリカ人ってすごい、って。



大阪時代に近所にでかいコリー犬を飼ってる家があって、このコリー犬がアホでどうしようもなかったわ。
しつけよね。





ラッシーの家のドアに網戸のドアがあって…
土足?!とか日本人には驚愕のアメリカの日常。


怒られる時は必ず「ベッドに行きなさい」。

なんでベッド?って思ってたわ。
布団に入るってすんごい気持ちいいのに、罰則にならんわね。




戦後、日本は7年もアメリカに占領されていて、どこそこにアメリカ人が跋扈し、我が物顔で住んでいた。
占領中に朝鮮戦争が始まり、日本から駐留米軍が出撃していった。




母がいうには昔、古いアメリカンハウスを借りて住んでいたこともあったそうな。
転勤族だったので、そりゃどこそこ行って借家に住んでたわけで。

アメリカ人が進駐してる時に建てて残して去った家。



小倉か久留米か…水戸か…どこの話か知らないけど。




わたしは記憶はない。


その家、ドアに網戸のドアもあったんだって。
キッチンの天板が異様に高くて踏み台を置いて料理してたって。

母の身長は160。

まさにアメリカ。

そういえば、当時の姉の写真がジーンズ生地のサロペットを着ている。

どこから手に入れたのか。
戦争はもう、随分前のことの時代なのに。
それでも、アメリカの残滓がどこそこに。



アメリカンハウスは、いま思うと見てみたい気も。
腰板とかで壁を飾ってあったのかなあ〜とか。
玄関先での写真が一枚あるけど、わたしよちよちレベル。




わたしは、このいまの家を建てる時、迷った。
アーリーアメリカンにしようか、プロヴァンスにしようかって。

腰板はどっちにしてもはずせなかったから、玄関だけに。



結局プロヴァンス風にしたんだけど、アーリーアメリカンの家も捨てがたかった。
宝くじが当たったら今度はアーリーアメリカンの家にしよう、とか。
宝くじ買ったことないけど…




「奥様は魔女」より「可愛い魔女ジニー」のほうが印象深かった。


中村晃子が声だったのよね。
ジニーが鼻にかかる声で「トニー」と言って。

トニーが「トノ〜」に聞こえてたっけ。



家の中の調度品。


豪華な大型のふかふかのソファ。
クッション。

でかいベッド。


シャンデリア。
派手な壁紙。


この男性たちの職業はなんだったんだろう?
サラリーマン?
軍服のようなもの着てた?


記憶があいまい。



普通の家庭でありながら、この豪華な家。

広いキッチン。


巨大な冷蔵庫。


車。
ガレージ。



アメリカのすごさをテレビドラマでまじまじと。





わたしの父は「コンバット」を見てた。
常に「ドイツは悪い。アメリカは正義」。


父の胸の中にある思いは想像もつかなかったこども時代。


江田島の海軍兵学校に行き、アメリカを倒そうとした10代の父。
あと少し戦争が長引けば父も学生のまま出陣したとか。

海軍兵学校の当時の戦死率90%以上。


父も死んでたかも。

その相手のアメリカの戦争ドラマをどういう思いで見ていたのかは知らない。

同盟を結んだドイツをしこたま悪ものにしてるコンバット。


刷り込まれていってるわたしたちの世代。


父はどう思っていたのか。
もう、亡くなったのできくこともできないけど。




アメリカなど遠いドラマの世界のことだと庶民の少女は思っていた。
東京時代に、近くにアメリカ人一家が越してきた。



カリフォルニア出身で父親が基地勤めらしかった。
当時、小金井に住んでいたので、どこの基地勤めだったのか。



帰省し、戻ってくるとお土産をくれた。

インディアンの模様のはいったビーズの子供向けの首飾りやカリフォルニアオレンジ。
アメリカのペーパーの着せ替え。

「カリフォルニア」…
この異国的な響きに場所など知らずにうっとりした子供。








そこの姉妹とはよく遊んだ。

わたしよりちょっと年上でドッジボールを教えたり、けんぱ、を教えたり。
うちに来てはおにぎりをして食べたり、けっこう楽しかった。


でも、意思疎通ができないことも。
とにかくルールを守らない。

ボールが当たったのに外に出ない。

「出るんだよ」というと「ノー!あたる、ない」。

「あたったってば」と女の子たちが言うとプンプンして帰っていったことも。



当時、日本の少女たちは「ガイジンって、あんなあるんかな」と不思議だった。
日本の少女たちは服にかすっただけでも、自己申告して外に出てた。

国民性というのを如実に知った子供の日。


日本人への侮蔑語を聞いたのもその時だったか…

「ジャップ」

意味はわからなかったけど、それがなんらかの悪口だというのはシチュエーションでわかっていた。


クリスティの親も戦争を実際に体験してるか、というと年代的にそこまでない。
でも、3年続いた朝鮮戦争は知っているだろう。

黄色人種へのなんらかの思いは刷り込まれているのは確か。

戦前からアメリカでは「イエロートルネード」と言って黄色人種への差別と脅威を言っていたのだから。






ある日、クリスティがいたずらして、同じ社宅のいづみちゃんちの家の鍵穴に木の枝を突っ込んで壊した。


いづみちゃんのママが困ってクリスティのママに、言いに行ったらクリスティのママが工具を持ってきて直した。



クリスティのママが英語でべ〜らべら。
日本人が英語を理解できるとでも思ってるのか。

自分中心主義のアメリカ人。



いづみちゃんのママが手振りで「スローリー、スローリー」と言っていたのを思い出す。

当時、「スローリー」が「ゆっくり」と言うのを初めて知った。

ゆっくり言ってくれれば、なんらかの単語は聞き取れたんだ、いづみちゃんのママは。


いづみちゃんのママは元教師。いづみちゃんのパパは東大。
子供心にさすが、となぜか思った。


うちの母はぼーっと立ってて、子供たちはちらちら見ていた。

「ソーリー」と行ってクリスティのママは去っていった。





余談だけど、いづみちゃんはさすが。いまは大学の先生をしている。
いづみちゃんのママもパパもとっくに亡くなった。
パパは帰宅したらショパンを弾いていた。
あの社宅にショパンが響く昭和の日。

うちの父は毎日、銀座。


東京に行ったら、いつもいづみちゃんの家に滞在してる。




話を元に戻すと…

このアメリカ人のママが工具を扱い、しっかりと完結をするなにかの独立精神に夕暮れの中でみていた子供のわたしはちょっと感慨を受けたっけ。




異文化交流なのでいろいろあった。

でも、みんなで彼女たちをハブることなどしない普通の関係。
これが日本人。



「アウチ!」というのが「痛い」という意味合いだと知ったのもその頃。
ドッジボールで当たるとクリスティが「アウチ!」と叫んでいた。





クリスティの誕生日会に招かれて昭和の少女たちは、度肝を抜かれた。

これこそ、アメリカを身近で知る庶民の子。



家中、絨毯。

さすがに土足ではなかったけど。




日本人の英語ペラペラのお手伝いさんが広いテーブルにハンバーガーをひとつずつ皿にぎょうぎょうしく置いて配った。


いま思えば、なぜ英語ペラペラの日本女性がアメリカ人の家でお手伝いさんをしていたのか…
どういういきさつなのか…




両親の姿はあまり見かけなかった。
ガレージでパパがアメ車を磨いていたのを数回みかけた程度だったような。


母親もどこかに勤めていたのかな?

姉妹はアメリカン学校に行ってたのか地元の学校には来なかった。




ハンバーガーはポパイのアニメでしか知らない時代。

ピクルスを吐き出した。
いまでは漬けるほど大好き。

ピクルスは吐き出したけど、こんな美味しいものがアメリカにはあるんだ、と驚いた。




デザートのアイスクリーム。

お手伝いさんがでかい冷蔵庫の冷凍庫から出してきたその箱入りのアイスクリームの大きさに昭和の少女たちはひっくりかえった。

冷凍庫のある冷蔵庫など庶民は持たない時代。




当時はプラスチックではなく紙の箱。
箱の横を倒して平たくして、ナイフで切って皿に取り分けてくれる。
確か、チョコとコンビ。


10円の赤い蓋のカップアイスしか知らない昭和の庶民の少女たちがアメリカのすごさに腰を抜かした日だった。





二階に風呂とトイレ。



風呂のバスタブは猫足のあれ。


なぜかその横に便器があってもちろん洋式。


風呂に誰かが入る時、他の人はトイレにいけないじゃん、と思ったけど階下にもトイレはあった。


当時は、学校のトイレが和式のぼっとん。
鉄筋校舎だけ水洗。


うちは社宅なので水洗。
ピアノの先生の家が洋式だったので、見たことはあったけど。


でも、なんで風呂桶の横に便器なんだ、と。


両親の部屋のでかいダブルベッド。


クリスティの部屋がリカちゃん人形の部屋のよう。

ベッドがわたしたちの二段ベッド風じゃなくて、あめりかーーーん。

タンスが白で猫足。
壁紙がお花の可愛いの。

ざらざらした和風の壁じゃない。



クリスティは金髪で髪がくるくる。
美しかった。


妹のジャネットの髪はプラチナ色。
ショートカットで、これまた美しかった。
少し内気なのか一緒に遊ぶのはクリスティのほうが多かった。





昭和の庶民の少女たちは、テレビドラマでアメリカに圧倒され、コンバットでアメリカの正義を刷り込まれ、とどめはリアルでわたしは、アメリカ文化のすごさを突きつけられた。


こんな国と戦争をしたと、親は言うけど勝つわけないか、と。





当時はすでに、日本は高度成長期。

五輪も終えて日本もかなりの発展をしていたはず。



アメリカのドラマが異常に多かった当時。

なぜだったんだろう、と考えるとそうやってアメリカが戦後すぐ牛耳ったマスコミが日本人にアメリカに対して親しみを持たせ、反米感情を和らげ、アメリカと戦ったことを忘れさせ…


そんなこと、当時の子供は知る由もない。





GHQのWGIP(ウォーギルトインフォメーションプログラム)は、静かにいたいけな少女たちに浸透していたわけだ。


民主主義はアメリカ様が教えたんだ、未開の日本人に、とか。

「自由は素晴らしいのだ」とアメリカ様が教えた、と。




日教組がはびこり、日本人の子供に自虐史観をすりこみ…



日教組が教えた子供が左翼思想に染まっていったのか。

同じ社宅でも、母たちよりずっと年上の幹部クラスの住む高級社宅の家の優秀なお嬢さんたちがそこの母親たちが止めても「学生デモに行った」とか、あとから母に聞いたことがあった。


そのお嬢さんたち、ものすごい学歴だったけど一人は人生挫折。
ひとりは中央線に飛び込んだ。



わたしのようなチンケな庶民でもこれだけ周りが揺れ動いたことを知っているあの時代。




国中で同じようなことがたくさんあったんだろうな。



アメリカは素晴らしい、と洗脳され、GHQのやったことなど隠され…




それでも、いまはアメリカと同盟を結ぶ。

日本がこの残酷な世界で生き抜くには取捨選択をしていくしかない。


世界はサバイバル。
生き抜くのみ。

日本第一。


ジャパンファースト。




日本がんばれ、と思ったら
ぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村

羽生くん、がんばれ。
↑この羽生くんは、17歳の時の「ロミジュリ」。
このプログラムが一番好き。
次が陰陽師。



画像


絵師@えありす







記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 15


インスタントが人気

2017/02/18 10:38
わたしはインスタントの食べ物を否定しない。


すべて手作りがいい、という「手作り信奉」も持っていない。

スーパーの惣菜も使う時は使う。
冷凍の揚げるだけのコロッケも使う。


「添加物がーー」
という神経もさほどない。


添加物が怖いなら、今までどれだけ食べてきたかを考えるととうてい生きていれないし。



わたしたちの世代は、チクロと言われた合成甘味料の駄菓子屋のお菓子を食べていたし、着色料いっぱいの「たなべジュースの素」(だっけ?うろおぼえ)の小袋に指を突っ込んで粉をなめ舌がオレンジ色に。

これで死んでたらとっくに死んでたわね。

ただ、インスタントも惣菜も手作りもなんでもほどほど、ということ。







最近のインスタントはどれでも上手。


例えば中華風の炒めもののタレが塩梅良くまぜてあるものなど重宝。

オイスターソースは常備しているけど、これと辛味噌となると「辛味噌」まで手作りはめんどう。
そこでこれらが一緒になっているのを使うことがある、という感じ。

焼肉のタレは常備しておくと便利ね。




と、前置きが長くなったけど、ようするにインスタントで作っても美味しいものは人気があるってこと。






先日、息子が帰省していたとき人が集まったのでいろいろ作った。

メインは肉なので肉をせっせと焼いて大皿にふたつ盛った。
あとはいろいろ。


ご飯ものは白い普通のでもよかったけど、急遽インスタントでちらし寿司を作った。

特別材料を用意してなかったので家に常備してあるインスタントもの。


画像




インスタントちらし寿司の素。
インスタント錦糸卵。
海苔はちらし寿司の素についていたもの。

あとはすでに処理されているエビ。
紅生姜、ガリはもらいもの。



これが、けっこうな人気であっという間になくなった。


全部手作りで気合入れて作ってもどこまで人気があるのか、どうか。

ちらし寿司の素は便利。


本気で寿司を作るときは酢の水分を考えてご飯の水加減からだし。

余談だけど、寿司酢を加えてもご飯に味がつかずでも、これ以上酢を入れるとご飯がびちゃびちゃになる、と困るときは、「たまのいの粉酢」を一袋用意しておくと、調整が。

あ、みんなご飯の水の量と甘酢の量、間違わないって…
さよで…

市販の寿司酢もダシ入りでけっこうおいしい。





このインスタント散らしの素は、普通のご飯でぱぱっとできるからいい。


ご飯二合で寿司の素の一袋(中には小袋2個)を全部入れるとちょうどいいみたい。
説明書きのとおりではちょっと物足りない。





なんでもうまく使う。

きっと世の主婦はみんな上手にしてるんだな、と思うわ。

あれだけインスタントのものがあるということはそれをきちんと利用している主婦がいるってことね。





日本の主婦って世界の中で能力的にトップだと思うわ。

世界中の料理をぱぱっと家で作ってしまう主婦なんて海外にはいないから。


スーパイコを作ってパスタをちゃちゃっと作り、ボルシチを炊いて、カレーを作る。

ローストビーフも炊飯器でぱぱっと。

かと思えば生春巻き。

日本発祥の洋食も簡単に。オムライス、トンカツ、エビフライ。


そして和食全般。

煮付け、煮しめ、茶碗蒸し。


料理ひとつとってもほんとに、すごいと思うわ。




がんばれ日本、と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 24


猫選手権

2017/02/17 10:11
前宙返り一回転抱え型。




画像







予選敗退。




猫って、猫って、と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へかわいい ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 6


今頃、初詣

2017/02/16 15:22
地元のサッカーチームが必勝祈願に行ったというニュースをきいて、初詣に行っていないことを思い出した。


同じ神社へゴー。


「健軍神社」(けんぐんじんじゃ)

市内最古の神社だそう。




主祭神は

健磐龍命(たけいわたつのみこと)


神武天皇の孫ですって。



人の少ない時間。



電車通りからまっすぐにつながる、参道。




画像



新車のお祓いに来ている人がぽつり。
まだ、緑が薄い。

春はまだまだ。


画像





地震のあとのお祈りをする人が今年の正月は多かったんだろうか。
白い梅の花。

画像


画像


境内をふらふら歩くと、戦没者の慰霊碑も。

うちの家系や夫の家系に戦没者がいないかと思っていたら、原戸籍を調べるとやっぱりいたわ。

合掌。
合掌して慰霊碑の前でパチリ。


画像





こういう神社が日本にはやまのようにある。


八百万の神がどこそこに宿る大和の国。



なんとよき国かな。




定番のお守り。
勾玉。


わたし、勾玉が好きなのよね。

宮崎の古墳の記念館で勾玉造りもしたことあるわ。

勾玉って古代の人にとって造るのが大変なんですって。

削って削って削って。

でも、それを削っている間にその石工さんにご飯を食べさせる人が必要。


ということは、それだけ文化的であった(作業の分散、分担)という意味。





お守りは東京の息子に送るつもり。

画像




日本っていいよね、
と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10


「毒針」‥メタルスライムか!雑談

2017/02/15 11:18
雑談だから、はなしがあっちこっちいくけど、ついてきてね〜〜





昨夜、みんなビックリ。

でも

「いつかヤラレル」

と思っていたはず。



毒針でやられるのは「メタルスライム」だけだと思ってわ…(普通に攻撃してもだめなモンスター)

画像


このフィギュア持ってるよ(自慢か)。





中国はまさお君を使って刈り上げ君を脅してたのかも。

「まさおでクーデターを起こしてやるぞ、刈り上げ!
いうこと聞け!!」

と。


だから


「ならやっちゃうから」と。



チャイナのメンツ丸つぶれ。



どうなるかな。









さて、まさお君といえば、犬じゃなくてディズニーに行くために日本に密入国してつかまっちゃった事件。
本当にディズニーかどうかは知らないけど。



当時、わたしはなにがなんだからわからなくて…
何がわからなかったか、というと…


そもそも、そんな国があったのさえ失念していたほど、興味なし。



*半島の歴史

*北朝鮮の実態

*金一族の歴史

*拉致の問題

などなどが理解できてない政治経済に全く興味ないノンポリオタクだった。






その後、田中真紀子がまさお君を返しちゃって…
真紀子さんが返したのかどうかはこれも不明。




あの時、まさお君を日本に留め置いてたらなにかの交渉に使えたのかも。
歴史の「たられば」は語ると面白いけど…



当時、田中真紀子は更迭されて泣きながら「(外務省は)伏魔殿」だと言った。


世間では田中真紀子への風当たりは強かった。


田中真紀子が無能なのはわかっていたけどどこか釈然としなかった。
風の勢いがあった小泉さん。



今、思えばなんちゅう人だったんだろうか、と。



ほんと、なんでも後からしかわからないよね。
それは国民が情報を持つ術がテレビ、新聞しかなくそれを信じてしまう傾向があったから。




だから「後からしか」歴史は語れないんだよね。



でも、


今はリアルタイムでいろいろがばれていく。

トランプはマスコミを通じてではなくツイッターで自分の口からモノをいう。
写真も娘にとらせて載せる。


「CNNはフェイクニュースだ」と公言。

朝日新聞と同じ。
どこでも朝日新聞みたいなのはある。





安倍さんは「マスコミを通じず自分の口から語る」をとうにやっている。

*「官邸からのメール」(わたしもそれを登録しているのでけっこう頻繁に来る)


*ツイッター。


*フェイスブック




自ら発信するのが一番信頼できるから。
でも、その術を持たない老人たちがころっと騙されることも。



でも、うちの母なんてテレビしか持たないけどちゃんとわかってるから。

「安倍さんは歴代で一番いい宰相だ」
「野党はバカばかりだ」
「集団的自衛権はもつのは当たり前だ」
「憲法をかえないといかん」


とか、言ってる。

年齢やもつ情報じゃないんだね。


結局、分析力かも。
うちの母は「本能」みたいだけど。





さて、


外務省は伏魔殿


と言った田中真紀子。



今思えばそうだったんだな、と。



当時、ネットがあったら…

外務省の闇。

国益になることなどひとつもしなかった。



国連やユネスコの日本バッシング。

外務省の怠慢。




そして、東宮妃入内。


当時、東宮妃の外務省の父親があんな反日だと知っていたら国民はこぞって反対しただろう。


海外訪問の天皇の言葉を書き換え「謝罪」「反省」「反省」「謝罪」ばかり。


今も、そのまま。
陛下は「謝罪」「反省」「反省」「謝罪」ばかり。



一体、日本国民がなにをしたのか、と。
天皇がそこまで自国民を貶めてなにが面白いのかと、憤る。

うちの母なんて憤死しそうになってる。



小和田恒

この男の祖父、出自不明。
明治時代で出自不明はそもそもありえない。


この男、うちの母と同年代。
だからどれだけそれがおかしいかわかる。


母の祖父は当たり前に戸籍にのってるし、その父、その父までのっている。


うちの父のもそうだ。
わたしの夫のほうも、江戸時代に遡っても戸籍はある。




だが、出自不明。

地元の田舎なのに本家の小和田さんが「あの人たちのことは知らない」と言っている。
お墓も無縁仏か、と思うほどのあやしいもの。

とってつけたような「士族の家」だと。
士族の家はますます戸籍がはっきりしている。

うちも士族だったから小和田の嘘だとわかる。


出自不明。戸籍不明。

これを調べようと宮内庁がしたとき、どこが反対したのか。


それがなにを意味するか…








東宮妃の母方のほうは水俣病のチッソの祖父をもつ。
チッソは地元なのでよくわかる。

こんなに血筋に瑕疵がある家の娘がなぜ入内できたのか。



逆にいうと、こんな血筋の娘でも「行い、ふるまい」が正しければそれは言われない。
だけど、現状はあれだ。


「北海道は寒いから行かない」


でも、スキーは皆勤。





慰安婦問題もこの男が関与している。




この男の悪行。
では、そんな男の娘がなぜ入内したのか。


そこは個々、調べてほしい。



でも、神の差配。



この男の血統は皇統に混ざることは未来永劫ない。



物事には裏があって、裏にも裏があって…



庶民のわたしなどには知り得ないことばかり。






がんばれ、日本
と思ったらぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村





記事へナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 16


キゲンとニロク

2017/02/14 22:30
うちの母が子供の頃、飼っていた犬の名前。


キゲンとニロク



当時は飼っている、といっても立派な犬小屋があるわけでもなく、田舎なので庭に自由にいてご飯をあげてたという飼い方。


隣村の小学校の運動会に行った時に家までついてきたその2匹の犬をそのまま飼ったらしい。
そんな犬の話を子供の頃聞いていた。

東京では社宅だし転勤族だったのでどんなに犬が好きでも飼えるわけもなく。



母の犬の名前の由来などこっちがきいたわけでもないけど、母の口から普通に出てた。


「紀元節だったから」


「皇紀2600年記念だったから」


それをきいた当時は、子供にとっては意味がわからなかったけど、なにか国の行事があったんだな、ぐらいはわかった。





皇紀2600年を祝ったのは昭和15年。


戦争間近。



田舎はまだまだ平和だったみたい。
この田舎の海辺の村さえB29が飛来し、豆畑にいる麦わら帽子の少女の母を機銃掃射を撃ち込んだという。
一発でも当たっていたらわたしは今、いない。








母の犬2匹。

2匹の犬は「紀元節」からキゲン。
「皇紀2600年」の26をとってニロク。


なんと、めでたい犬。



その犬は次の年、同じ隣村の運動会をみに行った時についてきて、いなくなったという。
元の飼い主をみつけたのか、なんなのかわからず帰ってこなかったという。


2匹とも。



昨日は「建国記念日」。

手作りの日の丸リースを玄関ドアに飾った。


大日本帝國憲法公布の日でもある。



「建国記念日」。
なんと陳腐なアメリカ風な名前。



この名称はGHQがつけたという。




戦前は「紀元節」といって、キゲンとニロクが来た年は、神武天皇即位の年から数えて2600年たった、という日。

国で祝ったという。





建国記念日というものは日本にはない。
なぜならいつ建国されたか、などないから。




世界には、アメリカのような独立記念日を持っている国がある。

国として制定された日を建国記念日と呼んでいるかもしれない。
各国でそれぞれ。





だけど、日本には



建国記念日



などない。ありえない。




あるのは紀元節。


日本の歴史は神話から融合されていくから。

一度も王朝がかわることなく歴史が続いている日本。
世界一長い歴史を持つ日本。




神話から実体のある歴史に流れていくこの日本の歴史こそ、世界一だと。

勤労感謝の日ではなく「新嘗祭」だと戻すべき。




日本の祝日はとても多い。
ただの祝日として休みを喜ぶのではなく学校ではその祝日の意味を教えるべきだと思う。


そして、GHQによって書き換えられたものを元に戻すべし。


「建国記念日」ではなく「紀元節」。

「勤労感謝の日」ではなく「新嘗祭」。

「海の日」も「明治天皇の東北地方巡幸」と説明をすべき。




最近の小学校では英語教育云々といっているけど、こういうのを最初に教えるべきだと思う。


自国の歴史。
領土。



国旗、国歌を敬う。




きちんと教えるべきだと思う。








がんばれ日本と思ったら
ぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 10


FF15『王の覚悟』ネタバレ少々

2017/02/13 11:11
FF15、クリア。


オタッキーなんだけど、今回はちょっとFF15にかこつけて別の話もあるよ。




クリアが早いかと思われるけど、最近のはクリア後のイベントがけっこうある。


『ゼノブレイドクロス』でも、クリア後に『最強ロボット・アレス90』の作成ができるわけだし。



ドラクエでも「クリアしたセーブをロードして」と言われると、隠しダンジョンが出現。
これはもう随分昔からのシステム。



今回も、クリア後にいろいろ隠しダンジョンとかが出たり、車の『レガリア』↓が飛行タイプになったり。

画像



クリアの感想はまた別の機会に。




さて、主人公の、ノクティス。

通称ノクト。

王子。



画像





国を守るために魔法障壁を作る父親の王様。
命を削って魔法障壁(バリアーのようなもの)を作る王。



王様は王様としての覚悟がいる。



王子は、小さい頃からおぼろげながらもその覚悟の存在を知っている。




父王は国の危機に息子を国外に逃がす。

3人の従者をつけて。
父王は息子を逃がすと死亡。


イケメン4人、車の旅。

『スタンドバイミー』

画像



旅の中で、ノクトがその「王になる覚悟」を持ち始める。



そして、自分の国『王都』奪還。



世界を覆う闇を消す覚悟。




それは、自分の命との引き換え。



『王の覚悟』は自分の命を差し出して国を守ること。

国を思うこと。


この王子を支える巫女的存在の婚約者は小さい頃、ノクトと会っただけ。
ノクトと、ずっと文通だけで思いを通じ合っていた。


彼女は、ノクトが「王として覚醒」すべくその命を差し出す。







10年の旅の終わり。

出奔した国に戻ってきたノクトと仲間。




ノクトは仲間に別れを告げる。


それでも、

「やっぱ、つれーわ」


と、泣き言を言う。


仲間はその言葉を待っていた。
「つらい」
と正直に思いを口にする王子を。


「ありがとな」



玉座に向かうノクトの背中を見送ると、三人は振り返り魔物と対峙する。


その後、彼らがどうなったのかは不明。






そして、ノクトは「王としての覚悟」を持ち、命を差し出す玉座に座る。



すべては、終わる。


エンディングのFFのテーマにのってノクトの夢が流れる。

「あなたを全力で支える」
と、小さい頃から言ってくれた婚約者との結婚式。

ちょっと泣けちゃったよ。


そのあと、天野喜孝のタイトルロゴのイラストが変わる。







さて、これはゲームの中のお話なんだけど、お話ではなくそういう覚悟もない人が、次期我が国の天皇になるらしい。


税金で享受される贅沢な環境を当たり前とし、その地位への努力も才能もなく漫然と生きてきた人が。




ノクトの父親は息子を王として育てた。
ノクトの婚約者はノクトを命がけで支えようとした。

従者たちは、命をかけてノクトを守って旅をした。


そして、ノクト本人は命を引き換えに国を守った。

始めから「死」と引き換えが「王の覚悟」。


逃げてもよかったのに、戻ってきた。



そんな人たちが宮中にいないのだろうか、と。



一つだけ残る光の筋。


それは秋篠宮家にいる小さな皇子。


彼がノクトになるのだろうか。




と、そんなことをクリアーしながら思った。




ゲームから思うことってけっこうあるんだよね

と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4


人生いろいろ

2017/02/12 10:42
って、自分のことはおいといて…


ま、息子のことだけど…

っていってもただの感傷なだけ…



帰省していた息子を送っていく西の空。


画像




息子をおろして空港を後に。


画像




東の空に月が。

画像






息子の仲間とその親たちで集まって飲んだ。


息子たちの企画。



その中の一人は園時代からずっと。
かれこれ約20年ほど。



親も仲がよくで本当に一緒にいて気持ちが良かった。



わたしは流れものなので、ここに幼馴染などいないけど、子供を通して「幼馴染」の疑似体験。

昔話しがいっぱい。



息子ともう一人が小学1年生の時に、裏の月極駐車場の名札を全部引っこ抜いて、息子たちは管理人に怒られ。
ママふたりでお菓子を持っていってコメツキバッタのように何度も頭を下げたっけ、と大笑い。

何度も何度もキャンプ、旅行に行ったり。


「よう、大きくなったねーー」と一人のママは感激。






「よく東京に出したね」

と、一人のママ。
県外に出してるのはうちだけ。



「東京は自分もいてたし縁があるから」


「そうだったね」



このママの息子はこの前、できちゃった婚で若くしてパパになった。

ママたちで「でかした!よくこどもを作った。もっと沢山こどもを増やせ」と褒め称える。




そこの息子の妻の実家近くに、全員で移り住み家を持った。
息子夫婦と同居。


その息子は一生両親と暮らすことになった。



そういう人生もあるんだな、と。



一方、息子は東京に。


公務員試験を受けに東京へ。
一次、二次とすすみ…

そして、東京在住の子になってしまった。



もう、定年まで地元に帰ってくることはないだろう。
定年になっても帰ることはないはず。
東京の人間なんだから。



親と会うのは年に数度。


時々、夫と

「親(わたしたちの親。どっちも母親が残っている)が死んだらここにいる理由はないからみんなで東京に行こうか」

「土地家全部売って、東京の小さなマンションでも買うか」



とかバカな夢物語を言う。
現実味はないけど。





帰省している間はご飯を食べさせるわけだけど、野菜をいっぱい食べる息子。


刺身、サーモン、鴨、焼き肉。
東京では一体なにを食べているのか。


全部、コンビニ弁当だそう。



先ほどの親と暮らしている子は、ずっと親の作るご飯を食べてるからかもう腹が出ている。


「あらまーーー**ちゃん、お腹出てるーー」
とみんなに言われて幸せそう。

両親、妻、子と暮らす楽しさ。

週末には近所の妻の両親がきて、酒盛りだそう。




そういう人生。



息子は別のそういう人生。




空港に送っていくとき、ヘッドライトに粉雪が舞っていた。



ああ、そういえば、夫が単身赴任をするときに、送っていった時もヘッドライトに粉雪が舞っていた3月だったっけ…



転勤族のこどもとして育ったわたしは、何度もこうやって家族を送ることが当たり前になっているんだな、と。



って、こどもを東京にやってる親はごまんとあるから、単なる一時的な感傷ってわけ。
女の子は逞しいけど、男の子はやわだからねーー



こういう気持ちになることもあるさ、と
思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村






記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 10


猫の居場所

2017/02/11 11:22
年寄り猫のビビは、エアコンの下。

お気に入りの「うーたん」と「もみもみ用」のタオルや毛布と。


画像



猫のおやじ座り。

画像




一方、若いルネは外。


昨日はのらと喧嘩して帰ってきて耳を噛まれたのか、血。
消毒して薬塗って。


そういえば、腹の横にアメショー独特の渦があるでかい野良猫(なんでアメショー風なの?)が、びっこひきひき隣に消えていったのをみたわ。


あれと戦ったのかな?



昨夜は風呂に入れたのに、また外へ。



粉雪舞う寒風の曇天の今日。
気温は5度。


さがすと物置小屋の棚の上のミカン箱に。

毛皮を着てるとはいえ、寒かろうに。


そうそう、ダウンはあったかいけど最終的にはやっぱり毛皮なんですってね。

エスキモーたちが毛皮を着るわけだわ。

日本ではせいぜい、毛皮の襟巻き程度でいいもんね。



画像





なんで、こうも違うかなーー





ほんと猫って、と思ったら

ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へかわいい ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 9


大きいイチゴ

2017/02/10 10:35
地元のイチゴ

「かおり野」


画像



大きいね。

どのくらい大きいかというと…



普通のイチゴと比べてみた。


画像





日本の農業は、すごいと思う。


米、野菜、果物。

すべてにおいて世界一。


地道な努力で品種改良をしてよりいいものをつくってきた。



こちらの地元からはとれたてのものを速攻で台湾に輸出するものも。



米もどんどんおいしくなってきていて、各地でも良品が。


北限があるかと思いきや、北海道でもおいしい米が。



国産麦はおいしい安全だけど高いよね。
休んでる土地を小麦粉作ればいいのに。

国が。

って、できないのかなあ。
こういうのは素人が単純に考えてもできないのかな。

休耕田にしてその分、お金をもらうより、お金もらってもいいから休耕田に小麦粉作るとか。



アメリカさんのメリケン粉を戦後、思いっきり使うようにされた日本。
給食もパン。



もちろん、日清製粉がその大元。
だから…


だね。



で、だから小麦のブローチつけたり…
キリスト教って小麦を大事にするんだよね…



日本人は米。



瓊瓊杵命が稲穂を持って天孫降臨したんだから。




米粉でパンも作れるんだからね。


って、はなしがずれたわ。




ともあれ、大きいイチゴ。

独特の最後にくる上品な甘さと香り。



おいしかったわ。


全部で、6p。

食べ尽くしてやるーーーー



こんな大きいとショートケーキに
のらないね、と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村

記事へナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 14


『ゴミ箱をあされ』と言われたからあさった

2017/02/08 22:59
オタッキーな話なのでスルーどうぞ〜〜〜〜



男4人が車にのって旅する物語。

ノクトくんのパパは死んでるのに、息子はキャンプしたりしてドライブ旅行中の物語。

(ちがうわっ)


画像


FF15。

「バグ祭り」


と言われてたから…




でも、まさか、わたしに、とは。




中ボスキャラ戦で、おかしいぞ、と。


仲間は戦っている(AI)けど、ノクトくん(操作キャラ)が戦わない。




武器を出さない。


え======?


とにかくHPがゼロになったらゲームオーバー。



逃げる逃げる。


とにかく逃げ回る。


兄貴、メガネ、金髪が、戦ってくれてようやく脱出。




その後、


ノクトくんはジャンプもしないから低い柵も越えられない。
小さな岩も登れない。



そして、戦えない…
パーティー全体の戦力がかなり落ちる。




おかしい。
バグだ。


リセット、バージョンアップ。あらゆることをしたけどだめ。


そのまま、物語は進ませないで、その辺のモンスター狩り。


スクエニに問い合わせ。


返事はすぐ。


「おかしい場所を探して確認するから待っててね」

とのこと。



数日後、返事が。




「**岬の灯台のそばの小屋の入り口に置いてあるゴミ箱をあされ」



さっそく「レガリア」でゴー。



灯台。

あったあった。


小屋。あるある。



ゴミ箱。

あった。



ゴミ箱に「確認ポイント」がでている。



近づいてボタンを押す。




これで直ったのか?


×ボタンを押してみるとーーーーー


ノクトがジャンプしたーーー

おおーーーーー






じゃ、次は戦闘してみよう。



海岸付近にいってワニのようなモンスターを発見。


今までは武器が出なかったから戦えなかった。




よし…



お、武器だーーーー数日ぶりのノクトの武器だーーー
戦える===

逃げなくてすむーーーー




ということで、バグは直り、ノクトくんは無事戦えるようになったってわけ。




でも、なんでゴミ箱…



仮想の世界のゴミ箱になにか仕掛けをして、修正機能をつけたんだね。



バグを直すのをどうするのかな、とずっと思っていた。


夫は
「遠隔操作で」とか言ってたけど、わたしは違うと思ってた。


だって、わたしのIDとか教えたわけでもないのでわたしの世界には入ってこれないから遠隔操作はできないはず。



じゃ、どうやって…?







正確なスクエニからのお返事。



------------

このたびはゲームが正常にプレイできない状況とお伺いしており、
お客様にはご不便をおかけし、申し訳ございません。

本件に関してですが、問題が起きたセーブデータで、お客様の進行状況に合わせ
以下の手順を実施していただけますでしょうか。

==================================
・クレイン地方の南にある拠点「カエムの岬」へ移動する。
※灯台がある岬にある拠点です。
灯台の近くに家が建てられており、
家の入口の階段わきにゴミ箱がありそちらにポイントがございますので調べてみて下さい。



----------------------


だって。



なんか、すごい.…



ま、ノクトくんが戦えない間、「しばりプレイ」で、三角マーク攻撃が上手になったわ。



こういうのって、たとえば、FF7CCで、仮想空間でバトル練習してたセフィロスとジェネシス、アンジール。

ゼノサーガでも、シオンがやってたあれね。



あんなイメージね。





なんかわからんけどコンピューターの世界って
すごいね、と思ったら
ぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へ驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4


自由の国・ジャパン

2017/02/07 11:09
日本が世界一、自由だと思う。



「自由の国」

を象徴してそれをずっと謳ってきたアメリカだって


ポ…

ポリ…ティカル…コネ…



えっと…


なんちゃらっていう、逆差別でとうとう「メリクリスマス〜」も言ってはだめっていうことになってるってことを知ったのは数ヶ月前。


知らんかったわ…


じゃ、キリスト教徒があのイスラムの地べたで礼拝するのを嫌だ、と思ったら無くせるの?



人種のるつぼであるアメリカだからこそ、なんでも寛容に受け入れると思ってたけど。

「自由の国」じゃないアメリカ。
あの「自由の女神」はなんでしょうね。





では、日本。



好き放題。



初詣に神社。

身内の法要に寺。

バレンタインをしたり…

ハローウィンはするわ、クリスマスはするわ。


好き放題。

自由の国。



自国の総理に大学の先生が「****」と殺人予告のようなことを言うのも自由。

総理のお面をブルトーザーで轢いても自由。


好き放題。



外国人が日本の政治の内政干渉してもオーケー。

沖縄基地問題では在日朝鮮人が跋扈してるって、自分たちで言ってるし。

しかも「米軍のヘリを落とせ」とテロ計画を堂々と口にしてるし。

さらに「70歳以上は警察につかまってくれ」と、これ威力業務妨害になる?



外国人が日本の一企業への抗議デモをしてもオーケー。
しかも、明らかにいいがかり的デモ。

南京事件など無かったことはもう明白なのに。







自由よねーー



デモは許可制。


デモをする時は許可をとってそれに警察が随行する。



先日のアパへの在日中国人のデモ。
許可しちゃってるのよね。


自由よねーー


いつも言ってるように逆を考えてみて。

中国で、日本人たちが「〜〜〜は気に食わんーーー」とデモする?
ということ。






事前に「中国人のアパへのデモがある」ってネットで知っていたけど…
「デモ許可証」の画像があがってたし。



どうなるのかな、と思っていたら、
カウンターとして桜井誠が行ったわけ。


「行動する保守」として命知らずですごいと思う。
この人の言ってることはもちろん賛否両論だけど、こういう行動するところはえらいと思うわ。




わたし、過去に何度も何度も取り上げた。↓

長野五輪の時のあの中国人たちの決起の恐怖。

画像検索してみて。
恐ろしいから。



長野に5000人とか。
あれが中国人の正体。
中国人というか、その国の指示どおりに動く共産党のシステムの正体。





知ってのとおり中国には「国防動員法」があって、世界のどこにいても国からの指示があったらその国で蜂起する、というもの。


それに従わなければ大変なことになるんでしょうね。
長野の時も学生とか、現地までのチケットとか持たされて行ったとか。


しかも日本はご丁寧に標識で道案内。

英語
中国語
ハングル



これ、危険。
こわいよね、と何度も過去に書いた。





今回のアパへのデモも本国の指示だと思う。

国からの指示。
だって、中国政府自体が文句言っていたでしょ。
デモを企てた人の正体がバレてたっけ。


汚いのは「仲良くしましょう」とかのプラカードを掲げてるの。

じゃ、デモするなよ、でしょ?




恐ろしい国。



そんな国の人間をどんどん入れようとしている安倍政府。
こんな恐ろしいことをする中国人学生に税金をあげながら(!!)日本に居させているという「自由」。

国民の多くは知らないだろうけど、外国人学生の学費はタダか安いか。そしてお金をあげてるわけ。
税金だからね。

日本ってすごいわ。

反日の学生にお金をあげて居させてるし、拉致という国ぐるみ犯罪をする国交のない国の朝鮮総連を置いてあげてるし。しかも破格の値段で。


日本を「敵性国家」だと要人がいう国の人間を60万人も置いているなんて、すごいわ。

しかも憲法違反の「外国人への生活保護」をかなりの率の人数に税金であげながら。






どうか、してるんじゃない?




今回のアパへの中国人デモ。


青山さんが的確なこと言ってるわ。
16分40秒ぐらいから



画像が見れないときは

https://youtu.be/xbFC91zugjo



逆の発想としては「なぜ中国人デモ」をさせたのかは、

「あぶりだし」


警察の中には私服の公安がいて全部、顔認証。

だからこそ中国人デモはマスクをしていた。
事前にそういう対策をとっていたということね。



外国人の外国でのデモの良し悪しはわからない。


でもね、今回のアパの件。
こんなのを警察が許しても日本人が許してはならないと思った次第。



外国人に勝手なことをさせて、怒った日本人がこのデモに向かって

「じゃ、(本国へ)帰れーーーーー」


と、言ったら日本人は「ヘイトだーーー」とされるわけ。(罰則はなし)




おかしげな自由の国・ジャパン。



このデモに関連して、脚本家の「井沢満」氏がいいこと書いてたわ。

名前検索ですぐ出ると思う。

ぜひ、一読を。




日本人はもっと怒らないと、と
思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 11


国連は解体したらいいのに

2017/02/06 11:16
トランプが「アメリカは国連脱退しようかな」みたいな事言ってたとか。

本当か知らないけど、国連は解体・解散したらいいのに、と思うわ。



もともと、おかしいでしょ。


国際連合とか素敵な名前をつけても所詮


「戦勝国が集まって好き放題する団体」


な、わけで。
しかも70年以上前の戦争で勝った側。


といっても、シナがなぜ勝った側かは不明。


おまけに韓国は「うちも勝った側に入れてよ」と言ったけど却下。
当たり前じゃん。

大日本帝國臣民だったのに。

こういうのが韓国のバカなところ。
歴史というのが理解できない所以。


バレーで負けたのに、表彰式で負けた側のメンバー一人が「ね、私、勝ったほうにいれてよ。メダルちょうだいよ」と言ってるレベル。





それに、

「その案件、賛成」とみんなが言っても一国が
「いや、それうちにまずいから反対」

と、言ったらその案はぽしゃる。


おかしいでしょ。

チャイナとか、まずい事だらけだし。



しかも、敵国条項がまだあって日本は入ってるのよね。

それは「日本をやっつけたい」と一国でも思ったらやっていいわけ。
現実味はないだろうけど、侮辱だと思うわ。



しかもパンくんが国連の総長だったわけで。
過去、最低・最悪、って言われたし。

10年ほどの間に国連の職員を韓国人だらけに。


このパンくん、中国の「日本に勝ったぞお祝い会」にも行ったし。
属国根性が抜けないから仕方ないけどね。

日本と中国って戦争してないんだけど…



さらに、国連は「皇室は女性も即位させろ」とか平気ていうわけ。
これは、シナの戦略。


反日日本人がなんらかの意図で国連で画策し、シナに言わせる。
女性弁護士の反日日本人。
ぐぐればすぐ出るわ。



これがなぜなのか、は民進党の野田とか、宮内庁のなんとか、宮中の誰かとか、国連パンくんととっても親しい東宮とか、その親とかその外戚とかと関係。

他にも複雑に絡んでるらしいけど、わたしにわかるのはそのくらい。




さて、国連。



勝った側と負けた側。


負けた側はいつまでも要求をのむっておかしいと思うわ。



そうなると、もう一度戦争があったら、今度は戦勝国側になるべきね、となるでしょ。




国連の力はなく、ただの利権の温床。

もう、存在意味なしだから解体すればいい。


国連が崇高で素晴らしい平和の組織


と、わたしが小さい頃は思わされて国連マンセーのポスターまで描かされたわ。



ほんと、騙されていることが多かったのね。


マスコミが騒ぐことには、実は意味がある、とわかってきたわ。



アメリカのCNNが朝日新聞並みだってことも。

ということは、反対のことだ、って判断すればいいってことだわ。
トランプ叩きには実は理由があるって。


日本のマスコミが安倍叩きをする理由と同じね。




われわれ一般人はきちんと情報を取りに行くこと。


情報をとりにいかず、マスコミを鵜呑みにしているのを


「情報弱者」と前から呼ばれているんだけど、それにはなりたくない。



と、タイトルとは離れちゃったけどいろいろごっちゃでそう思ってしまってるわ。



ほんとに、国連って形骸化してるよね
と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8


計算ができない、だがあれは本当

2017/02/05 11:13
計算ができない。


なんか、昨日も書いた気がするわ。



当時、朝鮮半島に展開していた日本軍の兵士の数は2万人だそう。
展開、といって半島は日本の領土だったからそこで戦争していた、という意味じゃなくてね。
もちろんその中には、朝鮮人の志願兵もいたけど。


クネさんのパパとかいい例だわ。




で、

若い女性が強制連行され売春婦にされ、あげくに全員殺されたという人数が


20万人



これ、韓国の教科書に今度載せるんですって。




じゃ、単純計算すると


兵士一人頭、10人を捕まえてきてどこか逃げられない施設に放り込むわけね。



そして20万人集めて慰安婦にさせる。

兵士一人頭10人の慰安婦を相手する。
逆ならできるけど、できんわね。


兵士の給料は月3回行けばなくなるっていうらしいから、無理ね。

「性奴隷」とあっちでは言ってるけど、ただだとしても無理。





そして、20万人を拉致したとして、ご飯を食べさせるわけよね。

20万人のご飯と世話。
住まわせる場所。


こんなことをしながら日本は大陸で戦ってたわけ…


最強じゃん。



なんで負けたんやろ…アメリカに負けたんだったわ…




で…



20万人の女性が拉致されたのに、その父親、兄弟が騒いだ記録がないよね。
当時は、朝鮮人は日本国臣民。


自国の兵士が自国の女性を20万人拉致したらどうなる?
では、その20万人の家族の生き残りがいないのはなぜ?
証言者がいないのはなぜ?



では、20万人虐殺されても、遺骨収集を韓国政府がしないのはなぜ?
ずいぶん、冷酷な政府じゃないの。

それは「南京で30万人虐殺された」とほざくチャイナ並み。

あ、朝鮮はシナのずっと属国だから真似してるんか。




さらに、当時の人口比率(半島の朝鮮人の)からしてみて、20万人がどれほどか、というと相当な比率。

当時は人口は1000万人ぐらい。
推移はあるけど、併合前後はそのくらいかな。

単純計算するよ。
計算が苦手なわたしだけど。




半分は男だとして、500万人が女性。

でも、こどももいるし、年寄りもいる。


じゃ、200万人がまあまあの年齢。
ということは、約10人に一人が拉致されてるわけね。



隣保組10軒のうち1軒で拉致されてるという計算。




「官憲が銃刀を突きつけ泣きわめく女性を引きずって行った」(朝鮮半島の官憲はほぼ朝鮮人)

「ジープに乗せられた」(悲しいかな日本はジープ持ってませんでした)

「クリスマスのときには忙しかった」(当時はクリスマスとか祝いませんでした)


とか。



でも、誰も騒いでない。




そして、妙齢の女性がこれだけ拉致されているのに、人口が2倍になってるんでしょ。
誰が生んだん?


こどもを産む年齢の女性の10人に一人が殺されてるのに、人口が倍。






という具合に、20万人を拉致とか数字的にありえない。



そして、当時の写真や給料明細がいくらでも出てくるように、ようは戦地売春なだけ。
これがいい悪いは今のモラルで語ると間違える。


いまさら「人権がーーーー」と言うなら現在進行形の売春婦をどうにかしろ、っていうことだわ。




で、韓国の教科書に載せるという


「20万人拉致された」


というもの。





計算ができないんだね。


わたしは小数点の計算ができなかった市井の一般人だけど、




この民族って…





国ぐるみで



計算できないんだ…


遺伝子のひとつが長い近親相姦で壊れている、という話もあるけど…





計算できないだけのバカなら多少笑えるけど、そうじゃないから笑えない。


だから韓国は、って言われる所以…



国全体が狂っている。


あの李氏朝鮮時代と同じ。

「日本様、ロシアもこわい、シナもこわい、日本帝国に入れてください」

と、言われていやいやながらもアメリカの指示もあったり、大陸への防波堤として併合して「あげた」のに…



ダムの代金返せ、と、と言いたいわ。
帝国大学を造ってあげた代金返せ、と言いたいわ。




オランダなんてインドネシアから引き上げるとき「じゃ、インフラ代返せよ」と言って金まきあげて帰ったんだから。


日本はインフラを置いてきたあげく、お金あげたんだから。(漢江の奇跡)



ほっんと!

つくづく、思うわ。


韓国に生まれなくてよかった





日本に生まれただけで最初から「レベル50」だわ。




計算できない民族とはつきあってられんわ。
と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 6


計算ができない、だが野生の勘

2017/02/04 11:19
白菜の漬物をつけるときに、塩の分量ってある。


漬物名人は目分量で大きな樽にたくさん塩を握ってパッパ。


でも、わたしたちレベルは白菜の一個ぐらい。
それもたまに。



今、漬かっているのもたまたま。
大きなパスタ鍋に重しを入れて小屋に置いてる。



塩は白菜の5%にしてたら辛い。
昔は5%だったとか。

塩分取りすぎで、と3%を推奨してる料理家もいるけど、これじゃ漬物にならなかった。


4%もちょっと微妙。
で、3、5%に。


そこで計算するわけよ。
白菜と、塩の分量。




うちの量は1キロまで。
白菜は平均3キロ以上。

切って、芯もカット。
そこから測る。

今回は4分の3を漬けた。
のこりは冷凍のミックス海鮮と中華風炒めものにしてとろみをつけるあれ。



全体の白菜の重さ×3.5%



キッチンパネルの壁で計算。


だが…


わたしはこう書いていた。


750×3×0.35


ああ、笑うがいい!



だが!!!


わたしは、計算後…



「あ、塩は78グラムぐらいね。じゃ、80グラムでいっか」


と、普通に言っていた。



だよね〜〜〜


何年、主婦やってるんだか。


ようは小数点とかみてなくって、数字をみてあとは漬物と塩の程度問題だって主婦の野生の本能だったのね。


白菜、4分の3に、800グラムの塩なんぞ、入れるわけないわーーーー

誰もがわかるわーーーー




と、ひとりで笑っていた…


なお、白菜は1日ほど干したらいいけどそれもかなわないときは、そのまま。

わたしは均等に漬かるように、切り漬けする。
そして重要なのは重しね。

うちは3キロの丸いあのあれ。

鷹の爪。

こんぶはお好み。
わたしは入れないけど。

あげてから、ゆずみじん切りと七味。





だれも計算まちがわんわ、と
思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村









記事へ面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4


ああ、笑うがいい、1日間違えたさ

2017/02/02 21:02
画像








ほんとにね、と思ったら
ぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村
記事へ面白い ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 11


ガラスの急須

2017/02/02 12:38
昨年の晩秋、暖かいお茶を飲もうとしたらなぜか湯のみがない。


一つだけ残っていた湯のみ…


ああ。この揃いのメンバー全員がいない。



地震でかなり食器が割れた。


でも、どれが割れたかもうわからない。

とにかくホウキで掃き片付けが優先だった。


湯のみは実家から5個ぐらい持ってきた。
こぶりのを。



実家というのはどこの家でも食器が売るほどある。
しかも、母が食器に異常にこだわるので、けっこうな数とけっこうな値段のもの。


でも、今は重いと、プラスチックを使ってみたり。



だから、わたしに長年かかって集めたいろいろな食器をくれる。






ガラスの急須の蓋だけ割れてるのに気付いたっけ。

これも実家から持ってきたものでラベンダーの花の絵柄で好きだった。


蓋がないので、あっため用(チンの)にした。



画像





今はお茶は、コーヒー落とし用の陶器を使っている。


けっこう、使い勝手がいいのでそればかり。




でも、面白くないので、また実家からガラスの急須を発掘してきた。


画像




探すと、ガラスの急須があと、3個食器棚の奥に入っていた。



なんで、こんなに集めるんだか。

ま、どこの実家でもこんなものだろうな。



ガラスの急須。
なかなかかわいい。


だけど、時々漂白しないとガラスが曇る。


手入れって大事よね。




ガラスの急須、いいね、と思ったら
ぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へかわいい ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4


『FF15』とアップルパウンド、そして猫

2017/02/01 19:06
逆算。

りんごを炊いたのが、冷凍庫にある。

解凍して、どうするか。


メリケン粉とか卵なんかと一緒に適当に練ったくってりんごを炊いたのと、レーズンの洋酒漬けを入れて焼いただけ。


アバウト。


とにかく冷凍庫の中を減らしたかったんだもの。


焼きあがったら、また洋酒シロップをべたべた。


大きい型で焼いたので、けっこうな大きさに。



味は、いつもの味。




画像




画像





で、『FF15』。


「ホスト4人旅物語」


画像





そして猫。



画像






画像






ほんと猫って、おもしろいね
と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村
記事へかわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6


「世界相関図」…なんとなくわかった…

2017/01/31 19:01
近現代史を全く知らなかったわたし。


戦争があったこととかはもちろん親からきいて知っていたけど、詳しくは知らなかった。

父の死をきっかけに、すこしだけ近現代が気になって調べていたけどさっぱり。


でも、何度も何度も、いろんなものを見たり聞いたりしてるうちに点がいっぱい。

歴史の授業で脳内にすこしだけあった点がすこしずつ結びついて線になったり。



その中でも、現在も存在する


反日の組織



例えば


暴力的な(やくざさんじゃなくて)組織。革マルとか






労組


などなど。



労組は昔は殺人さえ厭わなかった組織。



日教組




そして、今、デモをしたりする反日組織。
なぜか在日も一緒に。







先日、「精霊の守り人〜シーズン2〜」を見ながら、ネットで登場人物の相関図や地図を参照にしていた。






その人間相関図を世界規模ではどうなっているのか。

この反日組織や、労組や、なんでもかんでも反対する人たちは一体なんなんだ、と疑問に思っていた。




この動画を見て、その一端がわかった。↓↓


なるほど、そうだったのか。

なるほど、とわたしが思えるのは今までいろいろな「点」を集めてストックしていたから。


それがパーーーっと線になった。

いずれ面になるだろうけど


「そうだったのか」


と。




動画がみられない時は→https://youtu.be/mkrQNa_gs8s


アメリカの反トランプになぜハリウッドの女優もいるのか。

そりゃ、ハリウッドはチャイナにのっとられてるから。


大統領選挙の前に、反トランプデモを扇動したのは在米韓国人とからしい。




なぜなのか、と思っていたけど。
そういうことだったのか、と。



そして、この組織は全世界のいろいろなジャンルの組織とつながっているということ。


裏社会のつながり。


わたしたちが知らない組織のつながり。

左翼朝日新聞と左翼ニューヨークタイムスのつながりは住所が同じということは、前から知っていたし、NHKも、韓国と中国の放送局が入ってるのも知ってた。


コミンテルンの精神が残っているのも知っていた。



でも、こんな風にこれらがつながっていたとは。

日本でやってるデモもそれらとつながっていたとは。






こういう裏事情を知って世界や日本のニュースをみると面白いと思った。



日本がんばれ、と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村







記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6


非常食を食べてみた

2017/01/30 20:06
まさか、自分が被災者になるとは、と。


日本を襲うさまざまな自然災害で被災者になった人はみな口を揃えていう。



わたしも同じことを言った。



「ここは災害がないから本当にすみよい」


「まさか、わたしが…」










極東の小さな国・日本。



太平洋に向かって雄々しく身体をそらしている龍のごとくある日本。




何度も何度も災害に襲われても立ち上がる。




用事で市内を走らせると、どこそこ建物が解体されている。
ホロをかぶせ足場が組まれ解体。



そして、


「*月*日。リニューアル」


と、看板がある。



店の先には、くまモンと共に、「がんばろうくまもと」ののぼりやポスター。

日の丸を高く掲げ「がんばろう」と看板に大きく書いてある会社。




何度でも立ち上がる被災地。




昨年の4月。



あのあと、非常食を買った。
アルファ米。


これは何度か食べたことがある。
町内会の避難訓練。


水やお湯でいける。
お湯なら15分。
水なら30分。




被災後、復旧は早くそれを食べる機会はなかった。



賞味期限はまだある。


ご飯を炊くのを忘れたから食べてみることに。




画像



スプーンを取り出してお湯を入れる。



お湯なので15分。

下まで混ぜる。


画像






画像





スプーンが短いので下まで届かないのが難点。
だけど、食べた分だけ折り曲げていけばいい。



画像




美味ではないけど普通。

ちょっと味付けが薄い。
漬物が欲しくなる。

満足感が得られない。


でも、

被災していたらありがたいだろう。


カロリーは350キロカロリーほど。

人間の1日の基礎代謝が1200。

これを三つ食べるといいってことね。
あ、足りないか。


基礎だし。
寝たきりが1200。

糖尿病が1600とも言われてるし。


でも、ダイエットになるか…


ならんわーーー


被災しながらダイエットってあるかーーー




今回、被災者が口々に「炭水化物太りをした」って。

そうなのよね。簡単に食べられるのが炭水化物。
笑ったわ。



さて、これは「水がある」という前提。



水が手に入るか、というとわたしも水をもらいに並んだので、どうなんだろう?




これは、水が並べば手に入る段階の食べ物。


最初は、乾パンか、自衛隊がくれるおにぎりかも。




阪神淡路が1月。

東北が3月。

うちが4月。


1月、3月は寒かったろう。



そして政権がひどい時だったから大変だったろう。



こっちは、自衛隊の初動が早くて翌朝には避難所に自衛隊の炊くご飯が配られた。

ちょっとするとお風呂もできた。



阿蘇大橋が落ち、俵山トンネルが崩落して孤立した南阿蘇。


オスプレイが有り余るほど物資を届けてくれた。




今、復旧はすこしずつ進んでいる。


トンネルも開通。


橋はまだ無理だけど、掛け直す。



さ、がんばろう。




がんばれ、日本
と思ったらぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6


「PTA加入は自由』それはそうなんだよね〜雑談になるけど〜

2017/01/29 14:29
ネットニュースで、PTAに関してなにやらあった。
コメ欄の多くは、多分実情を知らないひとが多いんだな、と思ったけど。




PTAの加入は自由。

うちの子達の学校も同じ。

でも、みんな

当たり前のように加入して会費を払って、じゃんけんでもなんでもいいから役員をしてきたと思うわ。
そこ何年だもの。

全国的に保護者がぶつぶつ言ってもけっこうそんなもんでしょ。





うちの子供たちの学校での話。



とあるとき、転校してきた一人の子供の保護者が職員室にどなりこんできた。


「会には入らない」

と。

「強制的に加入させられた」云々。






その時、わたしはちょうど学校に来ていた。

職員室の隣の部屋はPTAのための部屋。
二人で作業していた。



教師たちは授業中なので出払っていて校長は不在。
教頭が、わたしたちの部屋にきて、

「ちょっといいですか」


と。


同じ保護者としての意見を聞きたい、という趣旨。
そして、同じ立場の保護者として、説得願いたい、と。




その母親はちょっと興奮してえらい剣幕。



「まあまあ」と。



副委員長にお茶を淹れてもらって話をきいた。



このネットニュースのPTA論と似たようなことを言った。


この人はうちの学校に転校してきてすぐで、うちの学校の状況はわからない。


わたしは、この学校の特徴を話した。


1年はこんな感じですすむのよ、と。




学校は少人数校。

クラスも学年にひとつ、ふたつ、しかない。


息子など6年までずっと一クラス。



少人数校なのに、研発の指定校。

全国展開は数年に一度。

県、市だったら隔年。


研発の時は、数百人の教師たちが集まり、校庭は駐車場になったり。


駐車場整理のお父さん。

これ早朝から。



靴をどこに置くのか、持って歩かせるのか。
ビニールをどこで配るか…


校内案内。


校内案内は保護者や子供たちもする。
質疑応答のマイクの持ち運び。


集まった教師と世話の保護者でごったがえす。




こんなの教師だけでは成り立たない。


子供たちは、椅子並べなどなど労働。




なので当たり前だけど、保護者が手伝う。


学校の近所の道に立て札を持って「***小学校はこっち」と立つ親。


たいてい寒い日なので食事の時間には汁物をふるまう。
これはのち、中止になったけど。


そういえば、昨日は姉も研発だった、と言ってたっけ。



子供たちにはしょっちゅうなので、慣れたもの。
人数がいないからするしかない。

慣れたもの。流れがわかってる。


指示待ちの子などいない。
みんな自発的にぱっぱと動いていた。

それを見てて「すごっ」と思ったわ。



わたしは、ある年は子供たちの研発の絵を描く手伝いをしてた。



面白かったのは、他校の教師たちがわたしを見て

「あれ?***先生。なんでここにいるんですか」

って。

似てるから。


「あ、わたし妹です」

って。



「これ、学校の事情で、関係ない」と言ったとしてもこれが現実。

理想論では語れない現実が目の前にあってそれが我が子の学校であってたら手伝えるなら手伝うでしょ、ってはなし。



外国のお客さんがきて子供たちにお話をするときは、通訳ができる元スッチーのママが登場。
スポーツ大会でけが人が出たら医師をしているパパが走ってきて診断して病院送り。

うちの夫がアキレス切ったときも「はい、切れてます。救急車呼びます」だったわ。


児童の音楽会で保護者のバンドを、と学校から言われてピアノを担当したわ。


サックスのお父さん、すごかったわ。
プロ並み。

だって、楽器屋さん。


コントラバスのお父さん。家はお菓子屋さん。
プリン大福を売り出し中。



トランペットのお父さんは、家は洋服屋さんでバレー仲間。

キーボードのママは、呉服屋の女将。
中学でもサッカー部で一緒だった。




最後は校歌を演奏するの。





ほんといろんな人がいて面白かったわ。




テレビ局もしょっちゅう入っていたりしたのも面白かったわ。
テレビ局全部(地方の)が近場ですませてたってことね。


うちの子たちテレビ慣れしてて受け答えがしっかりして、驚いたわ。
わたしが子供だったら鼻垂らしながら

「え…と…う…んと…」とワケわかめだったと思うわ。




年間通すと、バザー、盆踊り、餅つき、ものすごい行事の数だった。
数えると28だった年も。

だいぶ、削ったけど。


保護者だけのバレー大会、県大会もあったり。もち参加してた。





学校の行事には


*学校主催


*PTA主催


*両方の主催


*学校行事の手伝い。
運動会やその他


もらうプリントの右上をみるとわかるのよね。
発行者が誰かで主催がどこかって。




学校って行事がたくさんあって、どっちにしても学校だけでは回らないのが現状。
教師が忙しすぎってのもあるのよ。



回らないと子供たちが困る。
運動会も保護者の手伝いがないと回らない。





バザーをして利益をあげて教室に足りない物を設置したりもした。

利益もあるけど、バザーには子供たちは大喜び。
イベントは子供は大好き。



それは土曜日で、午前中は子供たちは授業。
ママたちは、家庭科室で仕込み。

授業が終わると一斉に子供たちは運動場に。

ランドセルを鉄棒の前に並べてテントへわーーーって。



先生もその日はバザーでご飯。


「授業してると、焼き鳥のいい匂いがしてきて、子供たちがおちつかんとですよ」

だって。



ドラム缶を横半分に切ったのに、炭をおこして焼くの。

くるくるしょっちゅう回すのがコツ。

焼き鳥当番の年は、みんなで1000本焼いたっけ。


3本で一パック。
200円だったわ。




食べ物が多いから、事前に保健所の許可。

三角巾、マスク、エプロン、指輪をはずす。




かまぼこは一本から20枚。

包丁持参。学校のは切れないから。

銃刀法違反だわ〜〜




うどん、カレー、焼きそば、焼き鳥。クレープ。フランクフルト。
ゲーム。などなど。



それは盛大に。

近所の人、中学生。

いっぱいのお客さん。



チケットを事前に販売。


子供たちは事前に買ったチケットが足りなくなると、現金販売に群がるの。
事前にいくらかもたせてるけど、ゲームとかで足りなくなるの。



うちも、こどもが「100円、100円」とうどんをゆがいてる、後ろに来るのよね。



「あっち行きなさい。火があるから危ない」



もちろん小銭準備。
ウェストポーチ。


面白かったわ。


子供の喜びを保護者が提供することもあるのよね。



あの時代が子育ての華。





盆踊りや餅つき、どんどや(どんど焼きとかいう地域も)は地域との結びつきや日本の伝統行事を子供たちに伝えるため。


盆踊りは女の子たちはみんな浴衣着るの。

かわいいわよ〜
ママたちも、浴衣着て、それはそれは華麗。

わたしは割烹着を着てひたすら、カレーをかき回してたけど。




会費をどう割り振りしてどう子供たちに還元できるかの会議は月一回。


会費はもちろん教師からもとっていた。





保護者たちは子供たちのために頑張ってた時代。




当時も働く母親はたくさんいた。
わたしもそうだった。
比較的、時間をうまく使えてたから。


一日中、働く母親は申し訳ないと言って
「私にできることを」

と申し出てくれたので、
「じゃ、パソコンが使えるときいたので、この図をちょっと書いてください」とか。


「封筒入れとか夜できます」
という母親もいた。


飲み屋のママをしてるママは「朝までお客さんと飲んでた=」と言って早朝、かけつけてくれたことも。





けっこう良識ある保護者が多く、たすかっていた。



こんな風にうちの子供の学校は切り抜けていた。



時代はかわって、といってもそんなに時間たってないんだけど、意識がなんか不思議な感じの保護者がでてきたのは事実。





さて、前出の保護者の母親。



いろいろなわたしの話をきいて

「考えてみる」と。



そのあと

「やっぱり加入します。

できることをできる範囲でします」


とのこと。



そうだよね。


例えば、バザーは完全PTA主催。


うちの学校の子であるからの特典がいっぱい。


会費を払わずにその特典を享受できるか、というと、会側は会費を払う家、そうでない家でも平等に扱うだろう。




だけど、逆にあなたが保護者なら


「会費も払わずPTAの存在を否定してるのにこの行事に参加して、その特典をもらうことができますか」


ということ。





例えば、卒業式の胸のコサージュもあれはPTAのお母さんが前の日まで手作りをする。
わたしも作った。


どこかの加入しない母親が「PTAのは要らない。自分でコサージュをつくって子供にはつける」と言った人がいたニュースが前にあった。


そのくらい気合いがあるならすればいい。



ただ、コサージュだけじゃないからね。


教室にはPTAのおかげで設置できたもの。

体育館の設備だってPTA寄贈がたくさんある。

登校時に交差点で立ってるPTA当番の保護者。

プール当番のPTA会員。これはのち、学生バイトを雇って当番日数を減らしたけど、このバイト代も会費から。




地道な活動の結果、子供たちの学校生活が豊かになることもある。

安全も確保されることもある。



運動会のテントだって書いてある文字「**年度PTA寄贈」とかあるかもしれない。
その寄贈されたテントの下で日よけができますか、ってことだね。




PTA会員は別にこういういう↓意地悪なことはしない。


「あんた会費払ってないから、あんただけ、このうどんは食べちゃだめ」



PTAを否定し会費を払わない保護者の子でもうどんは食べさせるだろう。




だけど、逆を考えてほしい。


「あなたは加入していないのに、他の保護者の会費で用意されたそのうどんを子供に平気で食べさせることができますか」

ってこと。


餅つき大会のその餅を食べることができますか、と。

餅つきのもち米も会費。
杵と臼も会費。

もち米を蒸すせいろも、箱も餅とり粉も会費。

あずきも会費。


みんなで出し合って行事をしている。



会費を払わず会を否定し、でも、餅はおいしく食べさせます、ってできますか?ってことだね。






「そのプリントを平気でもらうことができますか」

ってこと。紙代って学校とPTAのは分けられてるってこと知らないひと多いかも。
どこが出すプリントか、で使う紙は別なのよね。
棚では別にして置いてあるの。

紙はPTAで買うのよね。

(学校によっては違うこともあるかも)



なんでも逆を考えるとわかる。



その当該保護者は、いろいろ立場を逆にして考えたのかもしれない。



子供の学校の校区近くは他にすぐ近くに4校、小学校がある。
徒歩圏内。


なので、わざわざこの学校を選ぶ必要性はない。

このあたりは、どの学校に行ってもよかった。




私立なら「学校費」といって授業料に上乗せできる。


PTAを廃止してそれになりかわる運営代を保護者が払うならそれもいい。
上記に書いたプール当番代で全部バイトを雇うなら、いくら。
それを全員で分割。


「学校のプール行かないもん」

という考えで行事などすべてを廃止するか。



運動会?

保護者の手伝いがないので廃止。
するならバイトを雇うので、一家庭1000円。


行事のたびに、お金を徴収。



いつもわたしは思うけど、PTAはボランティアではない。
なぜなら我が子がそこにいる、という大きな条件があるから。


ボランティアは私利私欲なしに

「相手が喜ぶことをしてそれを自分の喜びとなす」

と、同じくPTAの仲間の宮司さんからきいたことがあって、納得しちゃった。


PTAは私利私欲があるでしょ。


我が子のため、という「欲」。







なんでもかんでも、



「それって必要なんですか」

「無駄なんじゃないですか」


「めんどうなんじゃないですか」

「平等じゃないでしょう」


という時代も嫌な感じになってきたわ、ってのがわたしの感想。



違うパターンもあるから、違う意見も出るのは当然。



だけど、学校って子供が行ってるんだよね。

ちょぴっとでも手伝うことで運営がうまくいくならそれもいいかな、とわたしは思ったわけ。




考え方はいろいろだね、
と思ったらぽちっとね







にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村





記事へナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 8


クロックムッシュ・食べ物のいろいろな思い出

2017/01/28 14:23
子供の頃、うちには料理の本が山のようにあった。
昔なのに、カラーの。

立派な本もあって、シリーズで10冊ぐらいの。
すんごい装丁の。


他には小さいので

「四季のお弁当」

と、4冊セットで箱に入ってるの、とか。







でも、うちの母はそういう料理の本に出てくるような料理や弁当は一切作らなかった。


あれって一体なんだったんだろう?

子供の頃、好き嫌い王者選手権一位の、あまり食べ物に興味がなかったわたしなんだけどそれらを見て、目で楽しんでいた。





とんかつも唐揚げも、おでんも、オムライスも、スパゲティも、サンドイッチも…

プリンもクッキーも。


とにかく、そういう美味しい物を一回も作ることなく母は人生を終えるらしい。

煮しめや魚の煮付け、きんぴらや炒めものなどばかり。



一度、昔、なにかの主婦の集まりでグラタンを覚えてきたけど、おせじにも美味しいとは思えなかった。
今思えば、当時はとろけるチーズもオーブンもなかったし。


わたしはグラタンはベシャメルから作る。
ポイントはナツメグ。





夫の昔話しをきくと「天火」があって生地からアップルパイを母親が作ってたって。
夫以外は好き嫌いの多い家族だったのに、とんかつが揚げてあって「俺で全部食った」だって。

だから、夫はわたしの話しを「???」。

「うそだろ」だって。



姉が来た時に証明させたけど。


するとよけい「???!!!」。








そのかわりといっちゃなんだが、わたしはほとんどの物を作る。

上手じゃないけど、市販の材料をうまく使いながらも、とにかく、作る。
レディメイドはうまく使えばぼちぼちになるもの。



ママ友にはプロ並みがごろごろ。
全部、手作り。

そんなのが周りにいると、ちーとは、と思ったのかも。



「あのね、えありすさん。ケーキ用のチョコレートは***の****が美味しくてよ」(イメージ)


え、それ、一枚1000円以上するんですけど…

とか、おもしろかったわ。





わたしはスポンジとか焼けないから(オーブンがムラがありすぎ)、市販のとかも使ってクリームと果物だけ、とか。





でもね、それって…



過去のわたしに作ってあげてる感じ。



園時代の息子は食事を終えると


「今日のデザートはなんですか?」


とか、言ってたっけ。

それは、手作りが前提だったし、手作りだと大量に作ってあるのはわかっているのでお代わり自由だから。



でも、その言い方に夫が爆笑してたっけ…

それ子供たちの園がそんな言い方してたのよね。

「お食事をしてから(お弁当の中の)デザートは召し上がりなさいね」



「ピーマンが嫌い」ではなく


「***(自分)は、ピーマンが苦手なので抜いてください」

とか言ってた。


ま、わたしは「こらーーくわんかいーー好き嫌いすんなーーー」(イメージ)



そんな息子もだんだん、そんなのすっかり忘れて高校生になると


「弁当には肉だけでいいから。とにかく肉を入れて」
とか言ってたわ。


実は娘も「ステーキみたいな肉入れてよ」

とか。


もう、どんだけーーーー



大人になった息子がちょっと前、雑談で

「俺の弁当、クラスで評判だった。肉がいっぱい入ってたから。みんながうまそう、と覗きにきてた」

って言ってた。


肉入れたもん。

ご飯の上、全部焼肉とか。
これでもか、とおかずをいっぱい。

サッカー部だったし。




ママ友から
「えありすさんち、しゃぶしゃぶの時はお肉をひとり1パック持つんですってね」

といわれちゃった。


恥ずかし〜〜息子が言ったのね。


皿に肉を並べると意味不明になるから、子供に1パック持たせて「これが自分の」とさせてたのよね。
それでも、息子にはわたしが半分あげてたけど。

1パックの大きさ?
そりゃ、一番でかいのよ。

でも、おぎょうぎ悪い家だわね。


どこの家でもこんな事してるんじゃないの…?

え?しない?


これまた失礼〜〜






そりゃ、エンゲル係数高かったわ。

母子3人でひと月、8万。


牛乳一週間にほぼ10本。水代わり。


肉の一番でかいパック、朝から全部。
もちろん夜も。



持たせる弁当の他に菓子パン2個、おにぎり。ドリンク。
夏はおにぎりは怖いからお金。



同じ棟の男子をもつお母さん(わたしより世代が上)が地獄のように毎日買い物してたのがやっとわかったわ。


「なんで?」ときくと

「あら、今にわかるわよーー。でも、えありすさんちは男の子一人だからいいじゃない」
だって。


その二軒は、男子2人、男子3人の家。

ぞ〜〜〜〜




エンゲル計数高すぎだったわ。
びんぼーにんの典型〜〜〜〜

家賃がなかったから生きていたのね。(税金は払ってたわよ)

夫単身赴任中で二重生活だったもん。





お代わりといえば、息子の小学校の時の担任が(この担任は娘の担任もしてた)が、


「えありすさん、***(息子の名前、呼び捨て)は、今日、給食でプリンを3個食ったですもんな。
ジャンケンで勝つとですよ、***が。」


「お恥ずかしい限りですばい。
でも、先生、お代わり一個ゲットした子は、次のジャンケンからはずさんといかんですばい。
先生の采配ミスですばい」


「あ、ほんなこつ。
そぎゃんですばい、次からそうしますばい」



PTA役員だったからしょっちゅう職員室に出入りしてたのよね。






と、思い出話しになったけど、そのたくさんの料理の本の中にパンのコーナーがあって


クロックムッシュ


という、子供心に不思議なネーミングの料理。




よくみると、なーんだ、フレンチトーストにハムとチーズを挟んでフランパンで焼いただけじゃん、ってやつ。




フレンチトーストは母は作っていた。

昔は、パンを冷凍して保存する、ということがなかったからパンはちょっと放置するとカチカチに。



それを解消するために母は時々、作っていたっけ。




そういえばうちの冷蔵庫にもパンが二枚。放置。
そろそろ食べあげないと。


他のパンは冷凍庫なんだけど。



ということで、クロックムッシュを作った。


バターで焼いた。



画像



カフェオーレと。

画像



切るとチーズがとろり。

とろけるチーズではなく普通のにした。
とろけるのだと、ドロドロになっちゃうから。



画像




バター、チーズとハムの塩味がしみて、ほんのり甘い卵とマッチ。



カロリーは気にしないことにした。






ハム、チーズ、卵、バター、ミルク。
なんか、王道だよね、と思ったらぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村

記事へ面白い ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6


爆走妄想炸裂アワー・多分第4弾だと思う。ちょっと追加あり

2017/01/27 22:20
この前からのつづき。



前回で、だいたいの物語の起承転結のプロットを書いてみた。


キャラをもう少し増やさないと。




王子の側近の最後の一人、弓使いのキースくん(ありすさん、設定提供)。



この子はアラミスくんと同じく孤児だけど、この国で拾われてここに。

って、誰が拾ったんだよーーー



キースくんと、乳母さん。


画像




乳母さんは、王子の母に村からついてきた人。


なので、王子の母親も村でもそこそこの人。
治療院・薬院経営の家の子とか。


仕える王子の母が死んで、王子を命より大事にしている。
アラミスくんも育ててきた。


「御子さま(王子)には、後ろ盾がございませんゆえ」
といつも泣いてる。


乳母さんの村からついてきたチームでみんなの世話を。




キースくんは、美しい弓矢使い。
アラミスくんを好き。

友情とギリギリの境目。



おい!
BLかーーーー




(むすめ)をドレスに変身させたのもキースくん。


*追加エピ


このドレス、死んだ王子ママの。


だから乳母号泣。
アラミス、感激。





「あら、なかなかいけるじゃない。ほら、王子ったら、みてあげてよ。


って、アラミスあんたが、なに感激してるのよ」



と。


前回のシーンね。アラミスくんが感激している理由は前回に。



画像






この王子たち、住んでるのは図書館に隣接した古い館。

小さい塔もある。



冷遇されている。



「おいたわしや」と乳母の口癖。


「王様がもうすこし…
あれだけ**さま(王子のママ)を、寵されたのに」


「お病気となられてから、**(第一王子)さまと、王妃さまがすっかり実権を…」


「御子さまをこのような所へ…」



「いうな…**(乳母)

言ってもせんないこと…」王子。


「おれはここでみんなと一緒にいて、楽しいよ」王子。



「あたしも、ここが好きよ」キースくん。

「だって、アラミスといつも一緒じゃない」キースくん。


おい!



とにかく徹底して王子を冷遇しちゃう。

第一王子と王妃は目の敵。




しょっちゅう、王子を国境の紛争をおさめにいかせるのも彼ら。

実戦経験も豊富になり、また赴いた地域をうまく治める王子。


結果、王子は将軍たちや人民からの信頼あつくなる。
人望があり、王位の危機を感じる第一王子、王妃側から暗殺の危険も。






エピ。


むすめの、活躍(前回)と美しさを知った第一王子。
目をつける。



やばい展開。




わたしの脳内では、こんなシーンが。


第一王子の手を払う王子、という場面がいきなり。




おそらく図書館にひとりいたむすめに第一王子が言いよった、みたい。

むすめにかけた第一王子の手を払う王子。



「やめろ!」王子。
敬語を忘れるほど。

「さわるな」がいいかな。





1、「手を…触れるな。

むすめは…お…れ…」王子。




2、「触れ…るな…

おれ…の…」


どっちがいいかなあ。








むすめは?はあ?

なんだ?

このむすめ、おまえのものだとでもいうのか?」第一王子。


王子の側近たちが向こうからみている。




「弟よ。


私が望めばこの国ではなんでもかなう。

おぼえておけ。ふん!」第一王子。

出て行く第一王子。





王子の後ろ姿…


パーンして、転んでいるむすめ。
本が散らばっている。



ふりかえる王子。


「すまなかった」王子、本を拾いながら。


さっきの言葉については触れず。





数日後、危険な国境紛争地制圧に派遣される王子。
いじわるな第一王子のさしがねですね。




王立図書館の屋上から出陣の砂埃をみつめるむすめ。








彼らが出兵して、随分たつ。

どしゃぶりの夜。

窓から王子たちの建物をみつめるむすめ。


建物に明かりがともる。
王子の部屋に明かりがつく。




走っていくむすめ。




どっぷり濡れて疲れ果てているみんな。


髪からも服からも水がしたたり落ちてる…



乳母さん、「さあさあ、沐浴とお着替えを」



二人の様子をみて、アラミス、ドアをしめる。




壁によりかかって座っている王子。


むすめ、近寄ってしゃがむ。




「おれは…」王子、口を開く。下を向いたまま。


むすめ黙ってきく。




「おれは…今まで…


いつ…どこで…死んでもいいと、思っていた」



「だけど…


帰りたかった…


どこへ征っても、どこで戦っていても…



生きて…


ここに…帰りたいと…」下を向いたままの王子。



むすめ。


濡れた王子の髪、ほおに手を触れる。


「どこか痛いところはありませんか」むすめ。


「もう、痛く…ない」

ほおに当てられたむすめの手を上からふれる。


王子の横顔。

その口元に笑みが…





痛かったのは心。


もう、おまえがいるから、痛くない…



これは読者が理解できているという前提なのでこのセリフは無し。





場面、ぱーーん。



アラミスくんたちが陽気に飲み食い。





と、妄想爆裂炸裂アワー全開。





とにかく、このシーンを作るために王子をすんごくつらくさせちゃうわけです。

王子としてのアイデンティティーを模索する王子はとってもつらいんです。
孤独でつらい。
仲間がいても、それは仲間であり、王子としてのアイデンティティーを貫くためにはならないんですよね。


彼の立場のアイデンティティーは国を守り、民のことを考え、誇りが持てる国を作ること。





ここまで…


妄想爆裂は続く。


いつまでも、むすめの名前ができない。





プロットができたら、肉付けしないと。

肉付けとはエピ。


伏線、回収。



同人誌レベルだわね。



コミケレベルだわ〜〜




ほんとに、もう、って思ったら

ぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村





記事へ面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 26


爆裂炸裂妄想アワー・第…えっと何弾?

2017/01/26 22:25
このテーマで、第何弾めか…


物語では起承転結がポイント。



わたしは、漫画で構想するので32pものか、16pものか。

これは尺の話なので、この決まり、というわけじゃなくてこの前後で完結すると素人には楽、と思っちゃう。



簡単なプロットを





起承転結の






王子と娘が出会う。

出会うエピソードは、いろいろ。



むすめの設定は

*王立図書館館長の姪。館長は伯父。
亡くなった両親のかわりに伯父が育てた。

隣国に勉強に行って最近戻ってきて、図書館の仕事をしている。


*王子は、前に書いた設定で。








王子とその周りとのいろいろなエピソード.



その一つ。ありすさん、提供エピ。



気難しい大国の王が来訪。

接待を任されるが通訳もない嫌がらせを受ける。
嫌がらせをするのはだれ?
王妃に決まってるわね〜〜継母。




って、浅野内匠頭かい〜〜



王立図書館にいたむすめを、通訳に。

彼女は数年その国へ図書と薬草の勉強に行っていた。



みすぼらしい格好からドレスへ。


むすめが描けん。
おなごは描けん。

だから後ろ姿なのかーーー




それをみて、アラミス(仮)は、胸が熱くなる。

*新しいスケッチブック買いにいった〜〜


画像



孤児だった彼は王子の母たちの世話になり生きてきた。
王子の母が城に召されたとき、乳母と一緒についてきた。

王子が生まれる時に王子の母は死亡。


王子は母の顔を知らない。



アラミス(仮)は胸が熱くなる。


なぜなら、髪を結い上げたむすめが、王子の母と似ていたから。

彼にとっても王子の母は母のような思い。



あとからのエピ。

「そんなに俺の母に似ているのか…」


「こどもの記憶ですので、あいまいですが…そのような気が私にはいたします」


「同じ薬草使いだから、雰囲気も似てるのであろうな…」


「はい…」



アラミスくんはむすめへの思いが母なのか別の思いなのか、複雑な気持ち。
アラミスくんは、だんだん胸のうちに広がるむすめへの思いがあることに気づく。
それと同時に、むすめへの王子の思いにも気づく。



王子は、母の面影があるであろうむすめが気になる。



おい、みんなマザコンかーーー



雨が降ると痛む王子の足。
危険な戦いにいつも行かされる王子も古傷をもっていた。


むすめの図書館の本整理を手伝う王子。


むすめが二階の回廊の本棚から本を落としてしまう。

「あ…」




王子が、よけるが本は肩に当たる。



いててて、の王子。

かけよるむすめと周り。



大したことないのに、王子は倒れこんでいる。



「ええ?そ、そんなに…」とむすめ。


「いや、足だ…昨年の戦いで痛めた…」


よけた時にぐき、としたんでしょうね。

わたしもよくありますわ。


古傷は、ねんざだと思う。
今でいう、靭帯損傷かな。

わたしは断裂したけど、これがまたいつまでも痛い。



これ伏線。




むすめは王子の足に効くものをさがすことに。


「これは効きますか?」


「これはどうでしょう?」



だんだん深まる二人の思い。

むすめは、身分の差ですこし引き気味だけどつのる思いは、隠せない。
でも、王子の母親も村の子だし、こういうのはあり。

第二王子だし。




王子に惹かれるのは


うん、男前やし、って。
それだけではあかんな。


エピ必須。


ありすさん提供エピ。



*むすめ、目にいいとされる果物(ブルベリーか!)のお菓子を焼いてみんなにふるまおうとする。


*毒味はアラミスくん。だが、アラミスくんはちょっと目を離していた。


*王子は一瞬躊躇するが、手にする。


*アラミス気づく。
「王子!」と。



ここで展開は2通り考えられる。



1、王子は「大丈夫だ」とアラミスくんを制止し、口にする。
アラミスくんは、速攻で自分も口にする。


このごたごたを後で、アラミスくんがむすめに言い訳。

王子の立ち位置を理解し、かわいそうに思う。






2、王子の手のお菓子をアラミスくんは、うばいとり口にする。

むすめわらいながら

「まあ、お行儀の悪いこ……」

笑いが止まる。


「あ…」

まじな顔になるむすめ。


王子の置かれる厳しくつらい環境に気づく。


王子をみつめるむすめ。


王子はなにも言わずむすめをみつめる。



運命を受け入れ真面目に淡々と生きる王子にむすめはいろいろ思う。





むすめの目に浮かぶほんのすこしの涙。


展開は「2」がいいね。

何度か戦いの前線に行かされる王子を気にするむすめ。


エピ必須。

ちょっと今、浮かんだ。
いずれ後に。









王子の母の故郷の村は薬草の宝庫であり、薬草園や、薬使い手がたくさん。
研究もなされ、薬草に関しての本も多く書かれていた。

だからこそ、王子の母は王に所望された。



そこは国の薬局、薬屋のような大事な場所。



むすめは、そこにちょっと行くことにする。


王子の足にいい薬草があるときいたから。

そして、王子の母親のふるさとだと聞いたから。


距離にして…うーーん。

馬でいくか馬車か、徒歩か、ひとりか護衛付きか。


こういう設定も大事なんだけどね。




一方…



王宮に知らせがはいる。




***国が国境まで攻めてきている、と。

大掛かりではなくちょっかい程度だが、かなりの兵力ですでに、国境の町や村が数個被害にあっているとのこと。

ここで止めないと一気に城へ攻め込まれるかも、と。




あたふたする王と第一王子。


次々はいる、戦況。

国境の駐屯は必死で戦っているとのこと。


援軍を。



将軍たちも出兵の命令を待つ。


「第二王子に一個師団をつける。
**将軍も行け」

とあかんたれ王様。

第一王子は、お部屋でブルブル。
王妃は「実家に帰ろうかな」




「兵が足りませぬ。陛下」


「せめて半分の兵を」


「陛下、国の存亡ですぞ」



いろいろ。



ひざまづき叫ぶ第二王子。


「父上、国を守るのは父上の義務。

どうか、もっと兵をお出し下さい」



いろいろ。


また戦況が。


第二王子の側近が「**村がーー」。


王子、その村へむすめが行っていることを今朝知っていた。
図書館の事務室の机の上に、その村への地図が開かれていた。



王子、立ち上がって踵を返し広間から出て行く。



王子の人望にひかれていた兵士たちもついていく。

将軍も出て行く。




馬を駆る。



ちゃんばら。




かなりやばし。



アラミスくん。


「王子、**村へ、(むすめ)を!」

アラミスくんも知っている。


攻め込まれた町の奥にその村が。




ちゃんばら。




「早く、王子ーーー」


「…っ…」


「ふ…おれたちに構わんで行ってくれ、王子」(前出の傭兵剣士)



とかなんとか、



王子を行かせるために、ふんばるみんな。


だが…


矢。


お約束。


アラミスくんが盾に…




「行ってください…」


「…っ…」王子。



剣士は王子の馬を途中まで守るが…




王子、村へ…

もやもや。燃えてる、ぐちゃぐちゃ。









「どこだ?っ。


どこにいるーーーーー」


「(むすめ)ーーーーーーーっ」



薬草園の中にぶったおれているむすめ。


(すでにむすめが名前になっとる)



「(むすめ)っ!!!!」


抱き起こす。




「どれだ、どの薬草だ?

どの薬草がおまえを治す?ーーっ」


と、自分が持っていた薬袋をぶちまける。


「おれにおしえろ、どれだ?

これか?

これか?


どれなんだーーーーーっ」




(むすめ)しにそう。


「こ…れ…」

と手に花が。




「これか?

これがおまえを治すのか?


どうすればいいんだ?

おしえろ…おしえて…く…れ…」

最後は弱々しい声になっていく王子。






「…いつか…どこか…で…」むすめ。


「え…」王子。




「わ…た…し…を…


み…つけ…て……ま…って…る…」むすめ。



ぱた…


落ちるむすめの手。



「な…んなんだ…


なんなんだ…



(むすめ)ーーーーーーうわーーーーーーーっ」



傍らには、むすめの手にあった花。



アヤメ。

菖蒲の花はお風呂に入れるとぽっかぽか。

くじいた足も気持ちいい。











叫ぶ王子からぐるぐるーーーーーーーーー



「は…」


と、構内のベンチでうたた寝していた学生。
目がさめる。



学校。

石造りの重厚な校舎。


どこの国だろうか…






目尻に涙。



「ふーーーー」


「なんか、長い夢を見ていた気がする…」

「まだ、*時か」時計をみる。


(進撃の巨人オープニング風)





「休講だと知っとけばな…
4時限まで、まだだいぶある」





ぼーーと、辺りを見ている。


さえない司書が本を荷台でカタカタ運んでいる。
歩道をすすんでくる。

メモを見ながら…
ぶつぶつ。


「もう、早く電子化にしてほしいわ。

えっと、次は自然科学部ね…」

*電子化はやめとこかな。
ちょっと時代は不明にしとこ。





お約束のパターン。

これは、王子とむすめとの出会いと同じにする。




荷台が石にひっかかる。



お約束の場面。


ばーーん。



本を拾いながら…

男子学生、うざそうに、でもなりゆき上仕方なく…





「おい、大丈夫か…」



「あいたたた…」司書。





男子学生、手にした本の絵が目にはいる…



アヤメ…









ぐるぐるーーーーーーーー




「ども…」的に行こうとするむすめ。


「待て…」と、司書の手をつかむ。


「ええっ?な、なにを…だ…」不審者をみるような目の司書。






男子学生、


「みつけた…」すでに、王子の顔になっている。



「私と一緒になってくれませんか」(有名なセリフ)









王子もかつてむすめにいっている。

いつもは「おれ」と言ってる王子がまじになってむすめに

「私と一緒になってくれませんか」

と。


「考えさせてください」とむすめ。(有名なセリフ)

それは、王子の村に行って薬草をとってから返事をするつもりだった。

うわー、これってお約束の「死亡フラグ」。

映画でよくあるパターン。


「この作戦が終わったら、おれ、彼女にプロポーズするんだ」

「どうだい、彼女にあげる指輪なんだ。戦争が終わったら彼女を迎えにいくんだ」


的な。






司書。

「はあ〜〜っ!?」とアホをみるような目つき…



だが…



ぐるぐる〜〜〜〜〜〜〜




男子学生をみつめる。
涙を浮かべる。

そして…


「ずっと…まってた…」

(むすめ)とかぶる。




男子学生は、この国の王子。


いずれ、この国の王位を継ぐ。








学校の校舎の屋上。


人の影。

遠景。



近景になり、


アラミスくんと、剣士くん。



「ん…」



と、微笑む。



下の二人の場面。



また、屋上。


だれもいない。


<FINE>


以上、ざっとしたプロット。










輪廻転生の物語。




『クオヴァディス』



何処へ?



いつかどこかで


わたしをみつけて…


「ボーイ・ミーツ・ガール」




---------

32pものか、絵物語風か…



う〜〜ん、迷うな〜〜

って、本気?


わからん…




物語はつくるの大変ね
と思ったらぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へ面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6


朝から待ってたわ「プレステ4」!!そして「ホスト4人物語」ちがうーFF15じゃー

2017/01/25 16:07
アマゾンの箱。


(アマゾン、日本に税金払え)


画像






プレイステーション4!!!!



ドラクエが発売されるからねっ!!!






画像






その前に、ファイナルファンタジー15をしとかんとねっ!!!


ホスト4人物語!


ちがうって〜〜〜




画像





だが…




接続が…


わからん…




放置プレイとはこのことか…



画像




で、猫はやっぱり箱の中。


画像



いまテレビには


Wiiの最新版がつながってる。
これはマリオカートも最初から入ってる。



Wii最新版って、コントローラーがでかくて重くて腱鞘炎になったかと思ったわ。



上がWiiの。

下はPS4の。

でも、すごいのはこのコントローラーの画面にテレビからゲーム画面を移せるの。



画像





でも、Wiiの「ゼノブレイドクロス」のオープンフィールドはすごかったわ。


画像




フィールドから戦闘もシームレスだし。

このシームレスが怖かったわ。

「あ?」と思ったら、後ろから関係ないのが参戦してるの。


逃げまくりのゲームで、夢でうなされたわ。


最後は


「アレス90」4機作って娘に****呼ばわりされたわっ。


『アレス90』って物語中最高の搭乗型ロボットのこと。


マジンガーzだと思っていいわ。


エヴァンゲリオンだとも思っていいわ。





普通、アレス90を1機作るだけでみんなふーふー言うのに、パーティー人数分とかイカれてるってさ。

それでも、「テレシア」倒せないのは作戦ミスとか装備ミスらしいんだってさ。

ふーんん。






FF15もオープンフィールドらしいけど、「ゼノブレイドクロス」ほどじゃないってはなし。


さて、どうするかな〜〜




どうやって繋ごうかな〜〜〜




パソコンと同じ。

ソフトはいじくれるけど、ハードはいじくれないわたし。



ともあれ、


ドラクエが出るまでFF15だっ!!!!!!!

すぎやまこういち、音楽、がんばれ〜〜〜


愛国者、すぎやまこういち、がんばれーーーーーー




Wii最新版ってソフトなかったんだよね。
と思ったらぽちっとね

でも、ドラクエ楽しみだね、と思っても
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8


続きを見る

トップへ

月別リンク

えありす万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる