アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
えありす万華鏡
ブログ紹介
ゲーマー、イラストレーター、スポーツウーマン、音楽家のわたし。どれも自称だけど…
万華鏡のようにくるくる変わる日々をえがきます。since2001.9.18
*光の戦士@えありす
zoom RSS

映画『信長協奏曲』を観てみた

2017/01/16 23:28
テレビの連ドラでこれは観ていた。


映画になったのも知っていたけど観ることはなかった。
そのうち忘れてた。


テレビでする、というので観た。


連ドラから映画へ、という手法はよくある。



小栗旬と山田孝之は「荒川アンダーザブリッジ」でも共演してたね。

村長のカッパと星。
わたしはリクが好き。






さて、おなじみ、タイムスリップもの。


『仁』

より、単純。

『仁』はちょっとループっぽいけど。




歴史を知る者が過去に行く。


これは使い古された手法だけど、その過去に行った者がその時代でどう生きるか、はそれぞれの物語。






元の時代に戻るというのはお約束。



わたしは、蛇足をするタイプなので、


信長が現代に戻りあの指輪をした女性とめぐり遭うとか…


作者ならしちゃうだろうな…



・本屋で同じ本を一緒に手にとる


・物を落として拾ってあげる


・同じつり革をつい握ってしまう



とか、べたな展開で。




「そ、その指輪…」




「これ?

私のうちに代々伝わる指輪なの。

この指輪に添え書きがあってね…


この指輪に見覚えがある者がいつか現れるって…

その人を探せ、と。


『すまほ』と呼ばれる小さな薄い箱が世に存在する時代。

必ずや、この指輪を知る者が現れる…

その時…



あ…なた…?…な…の…?






そなたは、うつけか?」





と、ここで帰蝶とその女性が重なり、帰蝶の思いがその女性に憑依…



すぐ転生ものにしちゃうべたな物語になるわ。





とか、妄想しちゃったわ。






でも、柴崎コウはちょっとね。
お市もちょっとね。




ファンタジーよね

と思ったらぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小さな和菓子

2017/01/16 20:57
小さな和菓子をもらった。


酉年なので、よくみると酉年の図案。



あまりにも可愛くて食べるのがもったいないので、小さいお盆に置いてみたりざるに置いてみたりして飾っている。




画像




画像







落雁やゼリー。



ゼリーは昔は嫌いだったけど、ここ数年おいしく思えてきたから不思議。



こういう小さい可愛いお菓子は夫には食べさせない。


男というのはお菓子を愛でて食べるという心が無い人が多い。


夫がその典型。




綺麗で美しいケーキもふたくちぐらいで、あっという間。
娘が時々買ってくる有名店の高級なケーキ。


小さいフォークで縦に切りながらゆっくりと食べるわたしと娘の横で、パクパクと一瞬で終わる。


二人で夫に

「なんでもっと味わって食べないのか」

と、言うと理解できない模様。



夫にはケーキとかより安価なカステラでも食べさせておくのが一番。





この小さい和菓子も夫など何も考えずにぽいぽい食べるに違いない。



ということで、独り占めしながら一個ずつ眺めながら食べている。




なんと可愛いお菓子だこと。




和菓子って季節を盛り込み美しいよね
と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へかわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3


むごい「短歌」*追記あり記事中盤「モンテンルパ」の真実は美談ではなかった

2017/01/15 16:16
ここ二日に渡って「歌会始」の歌を好き勝手に解釈してみた。


たった30前後の文字を使って綴る言葉。

背景を知るとなお解釈が楽に。


その歌が詠まれた背景がわかるとひとしお作者の思いに心を馳せることができる。



この↓有名な二首が教科書、もしくは便覧に載っていたかどうかは記憶にない。
多分、下の歌が教科書に載ってたような。

「万葉集」の代表的な歌として。


防人の歌もたくさんあったのでそのひとつかとも当時、思っていた。

でも、作者が防人でなく貴人。
なんだろう?

と、高校生のわたしは思った。


当時は湯治をよくしていたのでその行き帰りかとも。
でも、なぜご飯を葉っぱに?とか。

それと並行してこの時代の歴史小説を読んだ。


背景を知った時、作者の哀しみが心に広がった。


・磐代の 浜松が枝を 引き結び

ま幸くあらば また還り見む


・家にあれば 笥に盛る飯を 草枕

旅にしあれば 椎の葉に盛る





作者はいうまでもなく『有間皇子』

従兄弟は中大兄皇子。

『天與赤兄知。吾全不知』

彼はこう言い残し縊られた。




この二首はある意味「酷い」背景がある哀しみの歌。











さて、現代の酷い歌。



昨年、歌会始に先立って発表された両陛下の歌、数首。



皇后さまの歌二首。↓


それを読んで酷いと思った。

酷い。





2016年1月フィリピン訪問


許し得ぬを 許せし人の名と共に
モンテンルパを心に刻む





被災地・熊本

ためらいつつさあれども行く傍(かたは)らに
立たむと君のひたに思(おぼ)せば







モンテンルパの逸話は検索してどうぞ。


----------------------------------コメント欄からの情報



*追記

恩赦は美談ではなく地獄絵図。




http://devlin.blog.so-net.ne.jp/2010-08-23-3

(*高山正之は元産経・ジャーナリスト
わたしもこの人の話は動画でよく聞く)



今は検索するとすぐにいろいろな真実が見えてくる。


下調べもせずに皇后はこのように美談として書かれたことを歌に詠んだのだろうか。


そして


日本兵を悪人・日本人戦犯にしたてあげ、恩赦した大統領を「慈愛に満ちた人」だと表現。


「慈愛」

「赦し」



いかにも皇后が好きそうな言葉。

キリスト教の世界?





捏造慰安婦にも慈愛。

GHQが作った憲法にも賛同。


皇后は単なる天皇の妻。

政治に口出しなどもってのほか。
ましてや日本国を毀損するようなことばかり。



一体、なんなんだ?
この人は。


ふつふつと怒りが湧いてきた。


世の保守論客たちもこういう事実を知らないわけでもなし。
われわれのような庶民が知っていることを。


なのに、盲目的に賛美。


なんなんだ?



----------------------------------追記、ここまで






この詠まれた歌の「背景」を知ると、日本人として心底怒りが湧いて来る。



ああ、またか。

これで三度目か。



先の大戦で日本を守るために戦った日本人の兵士を愚弄した皇后




1度目は

平成26年の皇后さまのお言葉。

---------------一部抜粋


私は,今も終戦後のある日,ラジオを通し,A級戦犯に対する判決の言い渡しを聞いた時の強い恐怖を忘れることが出来ません。

まだ中学生で,戦争から敗戦に至る事情や経緯につき知るところは少なく,従ってその時の感情は,戦犯個人個人への憎しみ等であろう筈はなく,恐らくは国と国民という,個人を越えた所のものに責任を負う立場があるということに対する,身の震うような怖れであったのだと思います。





2度目↓

誕生日に際してのお言葉

-------------一部抜粋




今年1月にはフィリピンの公式訪問がありました。

アキノ大統領の手厚いおもてなしを受け,この機会に先の大戦におけるフィリピン,日本両国の戦没者の慰霊が出来たことを,心から感謝しています。

戦時小学生であった私にも,モンテンルパという言葉は強く印象に残るものでしたが,この度の訪問を機に,戦後キリノ大統領が,筆舌に尽くし難い戦時中の自身の経験にもかかわらず,憎しみの連鎖を断ち切るためにと,当時モンテンルパに収容されていた日本人戦犯105名を釈放し,家族のもとに帰した行為に,改めて思いを致しました。



----------------------------



情報がない頃はともかく、ネットが普及した昨今、日本人は真実の情報を得ている。


すでに戦犯と言われる人はいないのも周知。

特亜が使ってもわれわれ日本人は使ってはならぬ単語のはず。
ましてや、戦った兵士はその名の元で命を落としたのに。




それを前提として皇后は当時の事を表現すればよかったはず。

「戦犯」という言葉を出さずとも当時のことを表現することはいくらでもできる。

「日本人戦犯」などと言わずとも「日本人捕虜」でいいだろう。
「捕虜」と言えばどういう状況かは簡単に推察できる。

あえて使うこの底意地の悪さ。
酷さ。




今回のモンテンルパの歌。




許し得ぬ



この単語を使う非情。



この単語はどこからの視点なのか。
客観的にみたら敵国であるアメリカ植民地下のフィリピン側からだとはわかる。


昨年の皇后の誕生日のお言葉から受けると、


「許し得ぬ(人)」






「日本人戦犯」





のこと。


捕虜を赦免。

赦免…罪や過失を許すこと




戦争は良し悪しの世界ではなく、
国益の争い。

国際法にのっとって戦争はある。


日本人は先の大戦で罪をおかした。

兵士たちはみな悪人である。


これが皇后のなかでの前提とするなら散っていった兵士たちはあまりにも哀れかろう。



「許せし人」は当時の大統領。
彼も戦争の犠牲になっていた。




戦争で妻子を失った彼の気持ちを想像して歌を詠むことができる。


だけど、こんなデリケートな事を簡単に口にできる皇后の非情さ。

日本人を悪くして、フィリピン側の「赦し」に感謝する。


キリスト教はよく「赦し」を口にする。
さすが一家で洗礼を受けている家に生まれた皇后のはずだ。






日本の皇后が祖国のために戦い命を落とした国民をここまで何度も貶める言い方をしたことがあろうか。


「慈愛の皇后さま」
という演出のなか、それに騙される国民。
実はわたしもそうだったけど。


阪神淡路震災の時、瓦礫に皇居の庭の水仙の花を…というのを見た時はちょっと「くさい芝居」にも見えてしまったけど現実が現実なだけそれはスルーしていたけど…

「奇跡の一本松のビオラ演出」で「くさい芝居」が確定したともいえる。


被災地にも行かない長男をかばうためにこんな仕込みをしたなんて…






二つ目の歌。


わたしの地元の震災の歌。



ためらいつつさあれども行く傍(かたは)らに
立たむと君のひたに思(おぼ)せば





君は天皇。

天皇が行くというので、私はためらっていたけど一緒にいきました。



え?
来たくないなら来なくてもいいんだけど…


被災地巡り、好きでしょ。


被災地に巡ることで人気がなかったのを挽回したはず。

「象徴天皇はどうあるべきか」を模索した結果でしょ。


慰霊と謝罪と反省・被災地巡り

これがライフワーク。

これができないなら天皇ではない

とまで言い切ったんだし。

でも、「次の代はしなくていいよ」、と無能の長男の逃げ道をちゃんと作ってあげたし。




「被災地巡り。慰霊めぐり」が公務だと言われ日本地図に押しピンを押して「次はどこに行きましょうか」と相談されている写真があるではないか。



行きたくなかった被災地熊本?

でも「被災地めぐりこそ、象徴天皇の公務」だと「あなた」が言われるので一緒に行った。




一体この歌、どう解釈すればいいわけ?



両陛下が来られることを喜ぶ県民もいただろうけど、大半はそれどころじゃなかったから。

天皇が来ても水の配給が増えるわけでもなし。



自主避難していた人たちは公のたすけなど借りずに必死で生き延びたんだから。


車でかけめぐって物を調達。


国道を止めたり貴重な自衛隊のヘリを横取りしたり…
県警の人員をとりあげたり。
県庁職員の人員をとりあげたり。



御所で祈ってくれればそれでいい、と思った県民もいたはず。

それでも、両陛下の姿に接して力が湧いたと思う人がいればそれはそれでよし。
平成は本当に災害が多かった。

大地震が3度もあった。

天災天皇。






短歌は深読みできるものとそのまま受け取って感じるものもある。



上記の皇后の二首が日本人全体を貶めるように感じたわたしは穿ちすぎだろうか。





寒波だね。
でも雪はふってない。
寒さにまけないようにね、と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 13


「歌会始」の歌を深読みしてみた

2017/01/14 13:40
古代、額田王は宮廷歌人だった。


時には天皇になりかわり天皇の心を詠んだ。

シャーマン的存在だったと思われる額田。



朝廷で預かっていた百済の王子。
彼の要請で百済復古のために出兵した朝廷。


多くの船団を率いて瀬戸内海を進む。


これも斉明女帝になりかわり詠んだ歌とされる。

熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな


画像
byえありす

http://blog.goo.ne.jp/sfia10/e/555a03af898eb4f845656b67670ffef9





<陛下の歌>



邯鄲(かんたん)の鳴く音聞かむと那須の野に集ひし夜をなつかしみ思ふ



そのまま受け取っていいのかどうか。

邯鄲とはコオロギのような虫。
その虫の音を那須の御用邸で誰かしらと集って聞いたことを懐かしいと思っておられるのだろう。


邯鄲といえば、古文・漢文で習ったかも。

*邯鄲の夢とは、人の世の栄枯盛衰は、はかないものであることのたとえ。


「一炊の夢」と同等。
こちらのほうが馴染みやすいかな。



虫の音など他にいくらでもあるだろう。
邯鄲を選んだのはなぜか。



一炊の夢を生きた自分の歴史を懐かしんでいる、という「終活」?





そこまで深読みする必要はないのかも。


深読み、といえば…この歌。


例えば、志貴皇子


むささびは 木末求むと あしひきの 山のさつ男に あひにけるかも

を深読みすると以下のようになる。



天皇家の権力闘争。

木の頂上(天皇の地位)をめざすと目立つから、山のさつ男(狩人。誰をさすのか)に殺されちゃうよ、という意味合いにもとれる。



志貴皇子は天智天皇の息子であり持統天皇の弟皇子。

志貴皇子は持統天皇が容赦なく息子の帝位への道の邪魔になる皇子を排除するのを目の当たりにしていたのだろうか。

自身の危機を歌ったかのようにみえる。

「だから私は天皇の地位など望まないことにしている」と。



持統天皇は息子草壁(天武の子)を天皇の地位につけたかったけど息子は早逝。
孫を皇位につけたり息子の妻を繋ぎとして皇位につけたり、権力を奪われまいと必死だった。




御代は天武のほうにうつりやがて途絶える。
そして天皇になれなかった志貴皇子の血筋に皇統は戻ってくる。


皇室というのは本当に骨肉の争いの最たる場。



それが今、静かに繰り広げられているではないか。
マスコミや怪しげな海外の団体などが暗躍しながら…






兄宮に悪しき女が入内する。

その女の外戚のおぞましさ。

だけど幸いなるかな、帝位につけない女児しか持つことはなかった。




弟宮に見目麗しい賢き女性が嫁ぐ。


そして奇跡のように世継ぎを生み、その皇子が帝位につく。


兄宮の血筋は皇統の中で永遠に絶たれる。


幸いなるかな。






<皇后さまの歌>


土筆摘み野蒜を引きてさながらに野にあるごとくここに住み来し


「住み来し」というからここは御所・皇居。


航空地図でみるとわかるように、東京のど真ん中。
緑の広い箇所。









東京の一等地に広大な敷地を誇る御所。


婚姻の時に実家を出る皇后さまの写真は有名。

その実家は豪邸だと思っていたらさほど大きくはなかったそう。


粉屋の娘が世界一の家に嫁ぎそこの主人となり、我が家の庭はまるで「野」にあるかのように贅沢だ、ということ。


御所というのは歴史の中で不動。


その不動の場所に「歴史の点」でしかない作者。
不動の場所を我が物顔で詠んだ歌。




うん、それだけ。

「恵まれてるね。いいね」

としか言いようがない。



陛下の「邯鄲」と「呼応」してるみたい。



栄誉栄華も邯鄲の夢







<紀子妃殿下>


霧の立つ野辺山のあさ高原の野菜畑に人ら勤しむ




民が朝早くから勤労をしている歌。


ご自分は元平民。

でも、皇族となってからの人生のほうが長い。

民の労働によって皇族が生かされていることを重々承知。

野辺山の野菜畑で日々を生きる国民がいる、という歌。


海外へ移住した日本人を詠む歌もあり、それには涙出ることも。

「民の歌」



<眞子内親王殿下>


野間馬の小さき姿愛らしく蜜柑はこびし歴史を思ふ


労役の小さい馬が運ぶミカン。

日本のミカンはテーブルオレンジとして世界に売ることができるという。


ミカンを美味しくするまでの日本人の歴史。
わたしも夫も親たちがミカンの里で生まれ育っているのでその里人の苦労は伝え聞いている。



内親王殿下もその日本人の歴史を思っておられるのだろう。

「民の歌」







<佳子内親王殿下>


春の野にしろつめ草を摘みながら友と作りし花の冠



なんともはや…すごい歌。

子供の頃は花の冠。


そして、今は宝石が燦然と輝く本物の冠を頭上に戴く内親王。



その冠の重さは責任や皇族としての矜持・プライドと引き換え。


ティアラは誇りの象徴。


その誇りを守るために皇族は皇族としてのふるまいをする。


*ノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige)とは、直訳すると「高貴さは(義務を)強制 する」を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指す。



ティアラをかぶらない者には皇族の誇りはない。

また、ティアラに恥じない生き方ができない者は去れ。




「皇族の誇りの歌」







<秋篠宮殿下>




山腹の野に放たれて野鶏らは新たな暮らしを求め飛びゆく



殿下のこの歌。
深読みは難しい。



兄と弟の皇位がからむお話、というと中大兄皇子と大海人皇子


大海人皇子は兄が息子に皇位を継がせたい、という強い思いがわかっていたから「皇位に興味無い」ふりをして吉野へ下る。


ちょっとほっとした兄。


だけど、周りは「まるで虎に翼をつけ野に放ったかのようだ」と。


案の定、弟は兄が亡くなると挙兵。

俗に言う「壬申の乱」

叔父と甥っ子の皇位をめぐる争い。





「山腹の野に放たれ」た野鶏とは…誰を指すのか。

殿下の研究のひとつは家禽。




新たな暮らし、とは?



今までは抑圧された立場だったが、野に放たれた。

抑圧がなくなった。

誰が放ってくれたのか。



そして…?




うーん。




では逆に考えると、野に放たれたを高い地位を降りた…
そして高い地位ではなく別の地位で新しい暮らしを…


難しいわ。



そのまま素直に読めばいいかもね。

研究対象の鶏を誰かに例えるわけないわね。殿下が。



素直に野禽を野に放し、その野禽が野生の中で元気に生きていって欲しい、という願い。


-------------


と、妄想深読みはここまで。






歌ってほんとに深いわね。
と、素人でも感じたわ。




和歌を通してみると日本語ってすごいよね、と
思ったらぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 10


『歌会始』〜安定のサボリンと、まさかの解釈ができる皇太子の歌?

2017/01/13 14:38
歌会始の中継。


お題は


『野』



一般の入選作は「サラダ記念日」風もあり、東北の津波からの復興あり。





ケネディさんにはチンプンカンプンでしょうね。

女官も寝てる。まばたきじゃなかったわ。
他、頭がぐらぐらしてる人多かった。




その中で、紀子さまと眞子さまは微動だにしない。

これが皇族としても矜持、プライド。

ドレスが素敵。
生地がいいし、デザインはシンプルだけど凝ってる。


でもね、もっともっと派手でいいのになあ、と思うわ。
筆頭宮家の妃殿下なのにネックレスも短い一重だわ。




高円家とか今回は喪中だから欠席なんだけど、いつも滑稽なぐらい派手。


久子さまとか、ごてごてチャイナ襟なのにネックレスとブローチとかしちゃう満艦飾。
引き算ができない。


画像






安定のおさぼりさんは、もちろんおさぼり。

サボリーヌの歌は、相変わらず


「私(わたくし)」

を詠む。↓


-------------

那須の野を親子三人(みたり)で歩みつつ吾子(あこ)に教(をし)ふる秋の花の名



那須はご静養の地。
静養ばかりしてるからね。


静養してるって宣伝してるも同然だわ。



ずいぶん昔のことを詠んでるのかしら。
娘が小さい頃なんでしょう。

「吾子」って使ってるし。

「親子三人」…くどい。

吾子があるから親子ってわかるし。
頭痛が痛いのと同じだわ。

人数などどうでもいいのに。




秋の花というからには、昨今の温暖化で那須とはいえ早くても9月。

「静養のはしご」で海から那須へ行くのは恒例。
那須まで「愛子さんのご学友やお気に入りののび太似のメガネの男の子」も呼び寄せるわけだし。



でも9月は園や学校が始まっているから…

え?
皇太子もいるってことは…

みんなで夏休みでもないのに那須に行った?




これ、想像で詠んだ歌?





夫、自分、娘と三人で散歩をしながら娘に秋の花の名を教えてるよ、って歌。


だから?って感じ。




「三人」を「みたり」と詠ませるのはサボりンの技量にはなし。


このひとの言語の技量は最低。


会見とかで


「クワガタ・クワガタ」って意味不明なこと言ってるし「十年ひと昔、10年といえばひと昔」連発するぐらい語彙が乏しく内容がない。


専門家の手が入ったのは丸わかり。
って、指導もしたのか。


だれかの代作でしょ。
代作にしても愚作。


ま、誰が作ったかどうかとかどうでもいいけど、皇后になるってひとがまあ、私的感情まっしぐら。

確か、昨年か一昨年かも「本」がお題のときも私的感情を読んでたわ。


国、民。

どうでもいいわけよ、このひとは。

そんなひとが皇后にね〜

------------------------------




で、


サボリーヌの歌が詠みあげられているときは、サボリーヌ本人がいないので夫が映される。

この夫、毎年出てこない妻を引け目に感じてるのかどうか知らないけど目がキョロキョロ。

みっともなかったわ。
引け目とか感じてないわね。

感じてたら恥ずかしくってこの場にいられないもの。
そこがこの夫のアレな所以で。



ただね、皇太子は講書始の儀の講義内容が理解できなくても、歌会始が理解できなくてもじっと座っていることができるのだから、えらいわ。


これ、訓練なのよ。


立ち上がって陛下に一礼してまた前を向いて立つ。

きちんとできてるもの。

って、当たり前?園児でも卒園式の時はじっとしてるって?そうだったわ。


最近の学校の卒業式はややこしいけど、子供たちはしっかりとできてるものね。




姉の見立てでは「ボーダー」。
知能指数は75前後ではないか、と。



皇太子さまがねむの木学園かなにかの知的障害者の作品を美智子さまと見た時のエピソード。




----------------------


2009年4月12日皇室日記スペシャル「両陛下がはぐくまれたねむの木の絆」より


久能靖:どういうきっかけだったんですか、最初に(美智子さまと)お会いになったのは?


宮城まり子:最初? きちっとお会いしたのは、絵を見たいからって言うので、東宮へ絵を持っていったんですよね。で、見ていただいたとき、皆夢中になっちゃったんですよ。


ったら今の皇太子が、ちょっと嫉妬心かな、「わたくしのは?」とお聞きになったの。ったら皇后さまがね、間髪入れずに「あなたのは、1枚残らずちゃんっと、しまってございますよ」と仰ったの。

そしたらニコーッと笑って、「そう、ありがとう」って言われたときの、その間髪入れずのお母さまの答っていうのは、これは素敵なお母さんだなーって思いました。


---------------------

皇太子さま、当時なんと!高校生というからびっくり。

園児かと思ったでしょ。


ま、そんな殿下だけど、訓練すればぼちぼちできるのよ。


イレギュラー対応はできないけど、決まったことは訓練すればできるんですって。

歌会始など成年から出席しているなら、35年以上前から同じことしてるんだし。
どんな人でも憶えるわね。


でも、イレギュラーには対応が難しいんですって。

例えば、お茶会とか立食などで、乾杯前に飲んじゃったアレ(スイス)とか、歩いて座る位置がわからずうろうろする(トンガ)とかかしらね。




さてそんな皇太子さまの歌は↓


-----------------------


岩かげにしたたり落つる山の水大河となりて野を流れゆく




これって一瞬、秋篠宮殿下のことかと思ったわ。

目だたぬところでも真面目に淡々と公務をされている秋篠宮殿下。
小さい公務も大事にし、真摯に取り組む秋篠宮殿下。

その小さな努力はいずれ結集し…




その岩かげに落つるしたたりはいずれ大河となりぬる






大河→天皇


そして、国民の中にあまねく広がる安寧。




とか。



でも、残念だけど皇太子が自分を読んだ歌なのね。

本人作かは知らないけど。



「アホ言われてるけど、テンノーになるお」

「みとけよ、ばかこくみん。もっとスキーとかしてやる」

「ボクチン、テンノーになるおーー」

「おたたさまが、ナルちゃん憲法つくってくれたからテンノーになるお」

「おもうさまが、早めにテンノーやめて、ボクチンをテンノーにするために憲法違反してくれたお」

「テンノーになったら好き放題していいんだって」

「ま、まさこさん、スキーどんどん行っていいお」

「ホテルフェニックスを貸し切りじゃなくて、買っちゃおうか、ま、まさこさん」

「税金をたんまり使えるおー。ま、まさこさんブランドバッグもっと買っていいお。
あきたら妹にくれてやるといいお。ブローチも義母さんにやったってねー」

「そして、あ、あいこをテンノーにするおーーあべーーおもうさまの時と同じようにとくそほう、とかをつくれーー」


ってかい?



したたり落ちてるのはしっ*かも?とか?


----------------------------


ああもう、下品なこと書いてる自分がかなし〜〜〜〜〜





と、ここまで。




サボリンさんってまじでさぼるのね。

正月の宮中行事ってめでたい文化伝統。
そしてこの一年を大事に思う、祈りの行事。





*新年祝賀の儀-------欠席

*講書始の儀----------欠席

*歌会始の儀----------欠席



全部、欠席。

しかも10年以上ずーーーと。
すごい度胸だわ。



で、これが皇后ですって。



ふざけるな!!

と、国民は声をあげるわけ。






びっくりだわ
と思ったらぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村
記事へナイス ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 10


雑談なのであっちこっち話がとびます

2017/01/12 13:11
母を買いものに連れていく車の中で、母が世情についてしゃべってた。


「あの国はどうしてあんなあるのだろう」


と、最近の一連の韓国のことについて怒りながら母が言うので



「『なぜ』とか考えたらいかん。


あの国に対して『筋みち』とか『理論』『論理的』『道理』『理屈』というものでわかろうとしてはいけない。


理解しようと思ったらいかん。

もとからそういう概念がない国民性なのだから」



と答えた。




母のもつ昔の記憶と体験。


田舎にもそういう流れ者がいていつの間にか村に居ついたそう。
戦前か戦中か戦後まもなくかは母の話からはわからないけど。

混沌とした時代だから同じようなパターンは日本中どこにでもあったと思う。

小沢議員の親も済州島から来たというし、マルハンパチンコのトップも「密航してきたんだ。ガハハ…」と言ってるインタビュー画像がある。


併合前からも密航してきたものはいくらでもあったろう。


そういう当時の新聞記事がネットではいくらでも見ることができる。



おそらく、雅子妃の父親の祖父「金吉」という人間もそうだと想像できる。
戸籍が明治にはきちんとできたのに、出自不明ということはそういうことだ。


流れ者は戸籍はないから背乗りするしかない時代。

なにせ地元の本家の小和田家がこの人たちを「知らない」と言ってるのだから。
田舎では同じ苗字を持つ家で「知らない」ということはまずない。

この本家の当主はじつは暗に「こいつらは小和田家と縁もゆかりもない得体の知れない人たちなのだ」と言いたかったのかも知れないけど、その時が時だけに口をつぐんだのだろう。

今だって何も言えないはず。
いずれその得体の知れない家の娘が皇后になろうとしているのだから。



小和田恒の家のお墓の珍妙なのもそれを物語る。

画像検索すると異常なのがすぐわかる。



背乗りといえばあの事件もそうだったらしい。
兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件の犯人である角田美代子もそうではないか、と言われている。


本来なら、出自がどうであれ妃殿下が妃殿下として努力をしその地位にふさわしく成長すればここまで言われない。
なぜここまで妃殿下が落ちぶれているのか、を問うときにその一番の理由に「出自」が疑われるのは当たり前だと思う。


アーメン信仰の粉屋の娘が入内したがゆえに色々皇室では問題がでてきたのもそのひとつかも知れない。





話を母の子供の頃に戻すと…
そういう人たちが母の田舎の片隅に「いつの間にか居ついていた」という。


母は直接その人らと接したことはなかった、というのは母の父親が(わたしが生まれる前に死去)



「(その人たちが住む近所に)行ってはいけない」


と、きつく言っていたという。




なぜ、行ってはいけないのか。こどもだった母はわからなかったという。

大人たちから漏れ聞く話では、守るべきことを守らないことや不潔の度合いが甚だしいことや、とにかく小狡いことをしたりして付き合いなどできないほどの人たちだったそう。




母の昔の話の中にそういう話がポツポツと出ると幼い正義感を持ったわたしは不快だった。



小学生や中学生の無垢なる世間知らずの女の子だったわたしは

「そういう『サベツ』は『キタナイ』」

「おとなって〜〜」



と、感じた。



同じ話を聞いて育った姉は教師になり、そういうのに対して非常に敏感で職業柄、母がそういう昔話をしだすと糾していた。


でも、そんな姉も今では「やっぱあの国はそれなりに思われるほどデタラメだ」という。




わたしも、今なら言えるわ。

母のいなかの村人たちの感覚は正しかったと。



肌で感じていた当時の人たち。



それでも、終戦まで彼らは日本帝国臣民として生きてきたはず。

シナ大陸の圧力やロシアの脅威からのがれるために日本に擦り寄り伊藤博文が反対したにもかかわらず「日韓併合してくれ」といってきた。


アメリカからも「アホなあいつらのめんどうみたってくれ」と言われ「保護国」にすることになってしまった歴史。


日本の黒歴史だね。

一番の間違いは戦争をしたことじゃなく、日韓併合をしてしまったこと。

それでも当時は仕方なかった面も。

地政学上、大陸への足がかりとしては押さえておかねばならない場所。






日本は貧しい東北を後回しにして莫大なお金をかけインフラ整備からなにからなにまでしてやった。
貧しい東北をないがしろにして、半島にお金をつぎ込む政府に対して起きたのが「2.26事件」。

当時の世界状況を考えると痛し痒し。


世界は帝国主義で陣取り合戦。

弱かったら食われる弱肉強食の世界。



日本は半島に国費をどれだけ注ぎ込んだか。
朝鮮民族は歴史書を読めないから知らないのだろう。





・朝鮮半島全部禿山だった山(植林の概念がない)を植林し(億本単位ときくから驚く)

・ダムができ

・米つくりの技術を教え

・人口は増え

・道端で排泄をしなくなりトイレという概念ができ

・奴隷は解放され

・近親相姦は禁止になり

・ハングルを復活してもらい

・学校を作ってもらい

・帝国大学も作ってもらい

・日本軍に志願もでき

・選挙権ももらい

・皇族を李さんに嫁がせ




と、書くとあさってになるので割愛


こんなにしてもらった『植民地』ってあるかい!
英国はインドにどうした?
王室の娘をインド人に嫁がせた?


インドネシアは?


インカは?

オーストラリアは?

ハワイは?

フィリピンは?

アフリカは?



日本兵になりたくて志願した朝鮮人。

特攻隊員になった朝鮮人。

パククネのお父さんのように軍隊で出世した朝鮮人。



どこが植民地かい。

当時の朝鮮人は今の朝鮮人より誇り高く生きていたと思う。





ここまでしてもらって、あの民族は今はこれだ。

同じことをしてやった台湾は親日。



やはり国民性というか民族性なんだね。

DNAのなせるわざ。

「日本の統治時代がよかった」と言った老人を撲殺するような国民性。

日本人なら誰でも良かった、と言って刃物を振り回した国民性。

日本人のこどもを殺してやる、と日本人園児を殺そうとした国民性。




先日の驚愕した妻殺しの事件。


有名マンガ「進撃の巨人」(もちろんわたしも持ってる)の編集者だという。




驚愕したのは



ここまで在日が入り込んでいたのか


ということ。

わかってはいた。


テレビ局、新聞、NHK、マスコミ全般に入り込んでいるのはわかっていた。

ドラマの中にしれ〜〜〜と、韓国の物を小道具として仕込んだりしてた。
「キアリス」(朝ドラ)の店員がなんで朝鮮式お辞儀をするんだ、と。

「あまちゃん」でなんでヒュンダイの車を使うんだ、って。

フジテレビでもなんでもそう。


安住さんは「ハングルがしゃべれないとTBSでは出世しない」と言ってたし。



でも、マンガの世界までとは。



そして案の定、妻殺し。



韓国のことわざどおり。


女は三日殴らないと狐になる



これを実践したんだなあ。




ともあれ、あの国の異常性に「なぜ?」と言ってはいけない。


母がいつも韓国に怒って口癖のようにいう。


「なんでかい?」


わたしは答える。


「考えたらいかん。

こたえは『朝鮮人だから』としか他にない」



母は昔、父親から言われたことを思い出したのか

「やっぱり、じいちゃん(父の母。わたしからしてじいちゃん)が言ってたのは本当だった」



と。




そして、面白いことを言った。


「北朝鮮のほうが良か」



と。


ミサイル問題、拉致問題はあるにせよ、日本の国益、日本国民の心情を韓国ほど損ねないからだ。




ある意味、わたしもそう思ってしまう。

北朝鮮のほうがまし。



韓国の現状はここまで気が狂っているわけだ。




日本政府はくれぐれも譲歩しないでほしいと思う。




ますます、嫌韓が広がるはず。
今まで、あまり興味もなかった人たちが俄然興味がでて韓国を嫌いになっていくことだろう。

というか好きになれる理由がある?


それでも、テレビでは「ハングル語を学ぼう」とかやってるし、韓国ドラマをBSでは垂れ流し。


さすがマスゴミ。



なんかもう…





ほんとやっかいな国が隣国にたくさんだね

と思ったらぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村





記事へナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 14


宮中の行事・講書始の儀すら15年も出てこない人がいる

2017/01/11 21:15
つつましく生きている我々庶民。


それでも、ささやかに年中行事をする。

子供が生まれれば古式豊かに伝統にのっとってさまざまな行事をする。


先日、若い知り合いの子が娘の初節句なので「羽子板を買いに行く」といっていた。
こうやってずっと文化伝統は守られている。



神社仏閣では古来からの伝統である行事を大切にする。


相撲だって神事。


こうやって日本人は文化伝統を大切にしてきた。



だけど、どうしても大きな行事はできない。
祈りの行事を大々的にできない。



グッズも持っていないし、人員もいないし、知識もない、費用もない。




そんな国民が税金というお金を出し合って特別な人たちにやってもらう。

その特別な人たちを皇族とよび、神事をやってもらう。

それがその特別な人たちのしごと。





それを怠るようなら皇族ではない。



今日、2017年1月11日。



正月の宮中行事。

講書始の儀


--------------

講書始の儀は,毎年1月,皇居において,天皇陛下が皇后陛下とご一緒に,人文科学・社会科学・自然科学の分野における学問の権威者から説明をお聴きになる儀式です。

皇太子殿下をはじめ皇族方が列席され,文部科学大臣,日本学士院会員,日本芸術院会員などが陪聴します。

講書始の儀は,明治2年,明治天皇が学問奨励のためにお定めになった「御講釈始」がそのはじまりとされています。

当時は国書,漢書についてのご進講が行われ,その後,洋書も加わるようになり,昭和28年からは,現在のように3つの分野から行われるようになりました。




------------宮内庁HPより


下線はわたし。


天皇陛下と皇后陛下。
それと同列に「皇太子同妃殿下」とはすでに書いていない。

東宮妃は「皇族方」にひとくくりにされているのか。



ずっとさぼっているので、もうHPに書けないのだろう。


おわかりのように、今日も安定のおさぼり。





陛下の退位問題で「元号がーーー」とか、菅官房長官は「否定ーー?」などのニュースが流れてすぐ後だから、国民はけっこう注視したかも。



おらん…



画像




今日だけ?


いえいえ、ずーーーっと。

15年ぐらいずっとおさぼり。
日本新記録更新中。


これは昨年。2016年。

紀子さま、同じドレス。↑↓


眞子さまは昔の紀子さまのドレスを着まわし。

佳子さまは、学業優先という「誰かの制限」。(だと思う。だって、学校はまだ始まってない?)


画像





今回の「退位したいーーー」問題でみんながわかった宮家の財布事情。

東宮より公務をしてるのに予算が少ないでしょ。

海外に招待(名指しで招待だからね。ローマ法王のも招待)されるのは秋篠宮両殿下。




愛子さん一人分が秋篠宮家全員分と知って仰天した人多いと思う。
その予算も医療費や水道光熱費、職員の給料込みだから。







これは一昨年。

眞子さまは留学中。

画像





この小和田雅子さん、入内して、24年。


講書始の儀の出席は、5回。


歌会始は、8回ぐらい出席。(だと思う)



ま、回数はどうでもいいんだけど、それだけさぼってるってこと。




病気?



もう、その言い訳は通用しないってば。


スキーを一度でも「体調が悪い」と言って中止したことある?


静養を「体調が悪い」と言って、東京にとどまったことある?




ナッシングーーーー。


あの酷暑の日だって、娘の臨海学校に税金使ってパトカーしたててのものすごい車列で追っかけしたでしょ。

毎日、娘の学校に一緒に通ってたでしょ。
あれ、何年通ったって言ったっけ。

すごいよね、あの執念。

でも、させる皇太子も皇太子だよね。
宮内庁も宮内庁。





じゃ、別の言い訳としてよく言われるのが

「雅子さまはお病気」




「いやなことは避け、好きなことをするのが、治療」



うんうん。


よくそういうのってきくわ。

うつ病とかいろんな精神的な障害。



専門分野ではないけど、そういうのの教育を研究している姉もそういうこと言ってるから、わたしはそういう病気に理解はあるほうだと思う。



親せきにもそういう病気の人間がいるし。



とてもよく理解できる。




だからこそ言えるのは、

こういう病気の人が日本を背負って、日本の代表は無理。
荷が重すぎる


ということ。





気分次第で行く行かないと言われたら周りは大変。
ママ友のランチの約束じゃないんだから。
ママ友でも行く行かない行く行かないを続けたら誘われなくなる。

今も東宮夫婦は誘われないでしょ。
海外訪問は全部、秋篠宮両殿下だった。






相手国だって大変。

ほら、オランダ即位式の時もオランダが催促しないと出欠の返事をしなかったでしょ。


皇后が「雑音など(国民の声のこと)は気にせず、いってらっしゃい」と後押し。
もちろん「オランダ」なので、小和田父も「行け」と。


あげくに、この腹のシワシワドレス。
ドレスコードは違うし。

わたしたち、友人の息子の結婚式に招かれて紋付きますか?ってこと。



珍道中としかみえない夫婦。
夫婦漫才か、と思ったわたし。


なにがかなしゅうて、こんなぶざまな二人を税金使って遊ばせてるか、って。
泣きそう。


画像




東京で雅子さんと会って、雅子さんがオランダに行ったらその後を両親がおっかけ。

そしてまたあっちで会う。


有名なホテルの駐車券、口でくわえた小和田恒とその妻の写真。

東京から追っかけていってまたオランダで会食って?

しかも娘はオランダ王室の行事をさぼって。
唖然だよね。

親なら「ちゃんと行事に出なさい」と怒るのが筋。



画像



大事なオランダ王室主催の行事をさぼって自分の親と会食したり知り合いを呼んだり。



これが「おかしくない」と言える人いるのかな?



でも、これから天皇皇后になったらこれらを飛び越して秋篠宮両殿下を招くことはできない。

世界は本人たちの資質がどうであれ「天皇皇后」という称号の権威を引き寄せたいのだから。

今度ベトナムに行かれる両陛下。
ベトナムは「日本国の天皇の行啓」という事実が欲しいだけ。




次はすぐ歌会始。



これもずっとおさぼり更新中。




こんな人がなんと皇后になる気満々というからすごいわ。

税金で贅沢三昧、好き放題。
やりたくないことはしない。

行きたい外国は行く。

玄関先にも出迎えない。

午前中の公務はさぼって午後からスキー。国民の足を止めて。





この人の「悪行三昧」、列記するとブログの容量が足りなくなるので割愛。




日本人もおめでたい。

保守論客たちもおめでたい。

どんなにあーだこーだ、と話あっても現実問題、「アレな皇太子とさぼりの妃殿下でどうやって天皇皇后をするよ」、という一番重要なことを話さない。


アンタッチャブル。



誰も切り込めない。


両陛下は妻の好き放題をさせる長男を諌めることもできない。

世界一伝統があり権威がある家の家長が嫁のぐうたらを叱ることができない。


嫁が世界の要人女性の衣装かぶりを何度も何度もしても皇后が叱らない。





いつも不思議に思うのは、このこと。

なぜ、叱ることができないのだろうか。


なにかしら弱味を握られているのだろうか、と穿ってしまうのは当たり前だと思う。



それにしても、ものすごい度胸だ。



陛下の「生前の退位」にこれだけ国民が注目し、次代の様子を見つめている中で堂々とおさぼり。



園遊会やお茶会は会話しないとできないから欠席。

外国語ぺらぺらだというふれ込みで国民は「すんごい〜〜」って言ってたけど、通訳入れてたことあったね。



会話がだめというなら、座ってるだけの講書始の儀なんだから出ればいいのに。
そこ一時間なんでしょ。

授業だって大学はもっと長いし。

歌会だって座ってるだけで受け答えとかしないでいいのに。


悪名高き反日国連関係はなんでも出て行くくせにね。
国連のパンくんが来日したら何度でも会いに行くのに。

不思議なビョーキね。



でも、夫がふと、言ったわ。


「だからビョーキなんだってば」って。



そっか、こんな不治の病の精神病患者をわれわれは皇后として戴くわけか。





こんな人を皇后と呼ばねばならない国民の滑稽な時代のはじまり。





ほんまにこのままあのあれが東宮夫婦が
即位してしまうんか、と思うとどんより
するわ、と思ったらぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村





記事へナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8


闇の時代がやってくる…

2017/01/10 13:34
朝からヤフーのトップニュースでどんより。


わかってはいたけど。

あの陛下のお言葉で「平成30年」と入っていたから

「平成は30年まで、それまでに退位のこと政府は法律作れよ」


と示唆したということ。


陛下が政府を動かしたという事実は歴史に残る。





特措法じゃなくていいわ。


陛下が学友に言わせた「恒久的」でもいいわ。

生前の退位・譲位。


(生前退位ということばはない、とか言ってたけど歴史的にはあるとかだって。どうでもいいけど…となげやり)





恒久的なほうがいいかもよ。



徳仁殿下が即位する。


海外からのオファーがあっても、皇后が行く行かない行く行かない行く行かないをする。


日本国民、海外も呆れる。調べると恐ろしいほどの過去の狼藉が表に出る。



平成の陛下が日本じゅうを行脚したことが日本人にとって「当たり前」になっている。


徳仁・雅子さんコンビは行かない。



「なんだ?今の天皇皇后は?」となる。


皇太子待遇の秋篠宮両殿下に関心が集まる。



ずっと前から粛々と公務をされている。


まじめだし、見目麗しいこちらが天皇皇后にふさわしいと国民が思う。
世継ぎもおられる。


徳仁・雅子さんコンビはやめたほうがいい、という雰囲気が高まる。


徳仁・雅子さんコンビ。その空気を察知してますます公務をおろそかに。


針のむしろ状態で、辞めたいと言い出す。


徳仁・雅子さんコンビ、辞める。






実は、上記の流れはうちの夫の楽観論。

こんなうまくいくはずないわ。



次の元号は『静養』がぴったし。


『静養元年』とかなんとか。

『滑稽元年』




いかん、こんなアホなことを考えるのに脳みそのキャパを使いたくないわ。







はぁぁぁ…




想像してみて。

五輪開会式。


徳仁さんが、読み上げるの。

公務おさぼりはしてもああいう場には出てくる雅子さんが、横で得意満面な時にする変顔でニヤニヤしてる。
画像




妻、娘より後ろ、何時ぞやは犬より下の席にいるこの人が天皇だってさ。
世界の王族より上の地位だってさ。

画像





うああ、もうわたしのHP(ヒットポイント)がなくなっていく〜





なんであとに生まれたかなあ、
秋篠宮殿下、と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 12


元凶は朝日新聞だってことを忘れてはいけない

2017/01/08 11:32
韓国の異常ぶりは置いといて、この一連の騒動の発端、元凶は全部




朝日新聞



なんだから。


大使召還やスワップ一時中断(って、進めてたんかいーーーー)などを大きく報道している中で、朝日新聞。

-----------------------一部抜粋--------


「韓国との外交、性急な対抗より熟考を」




しかし、ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。

過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招くだろう。

日本政府はもっと適切な外交措置を熟考すべきである。

日韓政府間ではこれまでも、歴史認識問題のために関係全体が滞る事態に陥った。




------------------------


赤線はわたしだけど、これ読んで激怒したでしょ。


さすが、朝日って。





元凶はおまえだろーーー朝日新聞ーー



と、叫んだ人多いはず。




慰安婦も南京事件も、靖国も『問題』に仕立てあげたのは全部、朝日新聞でしょ。

歴史認識問題?



はーーーーーーーー−っ??????

おまえがいう??????

捏造した歴史を何十年も垂れ流したのはどこのどいつだ!!!


20年以上、その間、毎日毎日、何千もの慰安婦についての嘘記事を書き続けた朝日新聞。

違うと指摘されてもずっと嘘を書き続けた朝日新聞。


この捏造慰安婦の記事を書いた植村隆という朝日の記者。


詳しくは↓


http://agora-web.jp/archives/1611635.html

朝鮮人の妻を持つ植村。

妻の母親は韓国の「慰安婦問題で日本から金をとるぞーー」。





糾弾された植村元記者は「嘘じゃないもんーーー。嘘だと言ったやつを訴えるーーー」とかやってる。



そして、これも忘れてはならない。


戦時売春婦を「拉致されて慰安婦になったーー」を支援し「日本から金をとりませんか」と持ちかけたのは


福島みずほ


・左端

画像




すべてが明らかになっているのに

それをいけしゃあしゃあと


「韓国を刺激するような措置をする日本が悪いーーーーーーーーー」


だって。


10億円も朝日新聞が払えばよかった。



「もっと適切な外交措置」?



じゃ、なに?

朝日新聞、それなに?


だよね。

朝日新聞の「適切な処置」は「韓国様のいう通りにしろ」ってこと。


「中国様のいうとおりにしろ」も言う。






毎日変態新聞も、すごいから。


*(変態新聞、と呼ぶのは理由がある。
毎日がどれだけ変態か、ってわたしが知ったのは数年前。

よく、日本の女性が激怒しないな、と。
ぜひ、ググってみて。「毎日変態新聞」と入れるとすぐ出る。

怒り心頭するから)



------------

日本の対抗措置、韓国世論が反発し、日韓関係をさらに悪化させる可能性もある



------------


だって。


ああ、けっこう。


もっと悪化して断交すればいい。

日韓関係さらに悪化しても日本人には痛くもかゆくもないわ。



断交してもいいわ。


韓国と付き合わなくても何も困らないから。
困るのは韓国。


ま、東レの榊原あたりが困るかも。

韓国なんかに東レの工場とか作ったしね。
経団連会長だけど。



ともあれ、自分で火をつけた朝日新聞が、なにをか。






韓国がバカなのは周知。



このバカに刃物をもたせ振り回させたのは



朝日新聞



だから。


これ忘れちゃいけない。



韓国のバカさ加減と同時に、朝日新聞を糾弾すべき。




おまえが火をつけたんだろうーーーー


って。


朝日新聞が火をつけて、韓国や中国がその火にガソリン撒いてるんだから。





廃刊にすべき。

これほど日本の国益を損ねた朝日新聞は廃刊にすべき。




朝日を取ってる人はすぐに解約すべき。



朝日をとってる一般家庭人は、朝日新聞の犯罪に手を貸してるも同然。

(朝日新聞の動向をみるジャーナリストとかは別)



朝日新聞の罪は大きい。





朝日新聞、毎日新聞、つぶれてしまえ
と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 9


手ぬるいわっ!今こそ『脱亜論』!!歴史は繰り返す

2017/01/07 14:06
大使を召還する


というのは、国家間ではけっこうな対処とか。



『一時的な断交』


という意味だそう。

でも「抗議の意味」ぐらいしか効力ないみたいね。



過去はどうだったか、というと…

2012年、韓国の「李明博」イ・ミョンバクが、竹島に上陸した時

この大統領、大阪出身。通名は「月山明博」だって。

あ、民進党のこの前、変態なことした議員。

この人、も明博といったっけ。

初鹿明博(はつしか あきひろ)。
ぐぐってね。




韓国の明博は兄が逮捕されたもんだから、国民におもねって「竹島上陸」した人。


来日したとき「筑紫哲也」の番組に出て、なぜか朝鮮語がペラペラな草なぎ剛も出てたの、憶えてるんだけど…






さて、当時は民主党政権で、玄葉さんが外務大臣。


それって「怒ってるもんねーーーーぷんぷん」ぐらい。

いつの間にか、なかったことに。




それにしても、異常な国を隣国に持つ日本の不幸さよ。






でも、ずっとずっと日本はあの半島に関わって生きてきたわけ。

なにも今に始まったわけでもなし。

歴史は物語ってるし、その歴史に学んでも学んでも繰り返し。






歴史は苦手、と言う人が多いけどわたしもだったわ。

学校の歴史が苦手だった。

なぜか、って「鳴くよウグイス」とか「いい国つくろう」に力が削がれてめんどうだったのよね。
教師も年号より大事なことがあるって教えてなかったのかも。


テストでも


--------

問3・(          )年に、鎌倉幕府は開かれた。


----------



という設問ばかりだったもん。




ほんとあほだったわ。




中学3年の時の仲良しに賢い子がいて、いつも学年で3位以内。



その子が「ね、〜〜の乱はなんで起きたか知ってる?」とか言うもんだから…


アホなわたしは、「はあ?」状態。


そっか、歴史にある事件って原因があるから結果があるんだな、とアホなわたしはその頃やっと気付いたわけ。



基本中の基本に気づかないわたしだった。


その後、おぼろげながらも思ったわ。



歴史って良し悪しではなく



「人が、もがいて生きてきた結果なんだよね」


と。


民衆は一握りの人間が演じる舞台のモブ。







その頃から家にあった歴史小説(ファンタジーも含めて)をちょろちょろ読んだっけ。




山岡荘八の「徳川家康」全28巻を読むのは苦労したわ。
知識の下地がないし。


出だしは家康の母の「於大の方」が家康をみごもったことに気付いたシーンから。
名前が似たのばかりで四苦八苦。




元寇の時代の小説も読んだっけ。
子供版もあった。


タイトルは『蒙古来る』だったわ。

子供向けなのに、古語のタイトルとかありえんわ。

子供の時にふれた最初の歴史のお話は「義経」。
挿絵が好きだった。






王朝ものは好きだった。

もののけが跋扈し魑魅魍魎がはびこり、盗賊が荒れた寺に巣食う。



「傀儡」とか知ったのもこの頃。

「謎の傀儡師(くぐつし)」


雰囲気でしか読み取ることはできなかったけど。

「高貴な姫君」が薄衣をかぶって…とか、ファンタジーよね、と。


古代の歴史小説もぼちぼち読んだわ。



「物部氏」と「蘇我氏」との争いとか、名前と関係性が憶えられず系図を見ながら読んだっけ。
こういう小説にはけっこう系図が書いてあったり、教科書の歴史便覧とかにもあったからそれを参照。




当時は、調べるにも学校の歴史教科書や便覧の絵とかぐらいの下地がないからわからないことが多かった。

百科事典もあったけどそこまでの意欲はなし。



それでも、読んで「点」をたくさん手に入れたらいつかつながるだろう、と。



わたしの場合はどこかの時代に特化ということはなく、広く浅く。

日本の歴史はおおざっぱに把握はできている。




でも、近現代史だけは全く触れなかったわたし。

なので、この時代だけすっぽり抜け落ちてた。

常識的な維新とかのはなしは知っていても、なぜ日本は日清、日露、そして大東亜戦争(当時は太平洋戦争と教わった)を戦ったのか。


当時の世界はどういう世界だったのか、と。


世界史でも「ニューディール政策」という答えのテストを受けても全体像などわからなかった。




大人になってくると、その点がだんだん結びつく。

すると、日本史と世界とのリンクもできてくるわけよね。


だから、教育って必要。

「その時」はわかっていなくても後、記憶の引き出しから出せるから。
引き出しに何も入れてないと世界は広がらない。





それでもまだまだ。

現代は過去よりもっと経済、外交、軍事と三つ巴で考えねばならないし。


それに、歴史って地政学でもあるし。

どこに国があるか、で国の方針とか決まることも。







話を半島に戻すと…


古代から切っても切れない半島との縁。






*古代の半島における日本との関わりを『三国史記』を通して説明されている動画。↓

面白い。







ずっと日本の影響下にあった半島。






その後、半島の朝鮮人はモンゴルを焚きつけ『元寇』が起きる。
神風が吹いたとかが定説になってたけど、ちょっとちがうかも、って。


鎌倉武士や地元の侍たちのおかげさま。


江戸時代より長い平安の貴族の時代。
もし、これが続いていたら日本は確実にモンゴルに負け今頃日本はないわね。


時代の偶然なのか必然なのかわからないけど、すごいと思う。




その後、秀吉が「朝鮮出兵」したけど、これ「朝鮮」が目的じゃないから。

シナがなぜ朝鮮を直接支配しないのか、って「そりゃ、魅力ないから」でしょ。


だから韓国人が「植民地にされたーーーー」と言ってるけど、「植民地にしたいほど何があるの?」だよね。
インドのように阿片や綿花があるわけじゃなし。






秀吉の目的はその背後にある「明」


朝鮮半島は「通り道」でしかなかった

単なる「通り道」。

勘違いしてる韓国ドラマは滑稽。







ちょっと横だけど、なぜ秀吉が朝鮮出兵したか、って?

ざっと、箇条書きにしてみる。↓

これで大抵は理解できると思う。



・前提は「日本史は世界史とリンクしている」。

・大航海時代の当時、スペインなど欧州の世界侵略は最高潮に。

・アジアで侵略されていないのは日本半島も含めた明

・日本にやってくる宣教師は布教ではなく「征服への下見・ロケハン」

・スペインが艦隊でやってきても遠くから少人数で来るので日本には勝てない。

・スペインの作戦は「まず『明』を抑えよう」。

・秀吉、それを察知。

・「明」を抑えよう。

・「半島は通り道」

・スペインは英国とかに押されて「日本とか明とかどうでもいいわ」。スペイン撤収。

・秀吉も半島から撤退。





これが流れだとするなら筋も通るし納得だわ。

なぜ秀吉がキリスト教を弾圧したか、って上記を理解できたらすぐわかるはず。

それに日本の婦女子が奴隷として連れていかれたのを、リアルに現地でみてきた


天正遣欧少年使節(てんしょうけんおうしょうねんしせつ)もいたし。





キリシタン大名が火薬の材料を手にいれるために日本の婦女子を売ったんですってね。

恐ろしいわ。

当時、鉄砲の所有数は世界一だったけど火薬の材料の一部(硝酸カリウム)が採取できなかったんですって。





秀吉にとって


・地方の大名がこっそり火薬を手にいれる→兵力がつく→いつ、秀吉の世をひっくりかえされるか不安。


・日本の婦女子が海外に売られる→奴隷制度そのものがない日本としての誇りの問題。




だったのね。けっこう情報網を駆使してた秀吉なのね。





話を元に戻して半島。



朝鮮はずっとシナ(中国という国はなく次々かわる王朝しかなかったからこの言葉しか使えない)の属国。


日本にもちょろちょろやってきては、朝貢してたけど。
江戸時代、将軍がかわるたびにちょろちょろ。

朝鮮通信使のことだけど。


鶏を盗んだり「水車の作り方」を持ち帰ってもとうとう近代まで作れなかったり、お笑い劇場の半島。



ちなみに100年ほどまえの朝鮮の最高級の乗り物。↓


同じ大きさの輪っかが作れないのね。

画像



日本の牛車。↓


画像






そして、近現代。



半島がいつも火種。
半島というのはどこでも火薬箱。

欧州の火薬箱というのはバルカン半島。


ここ↓

画像






日清戦争、日露戦争。


これぜ〜〜んぶ、半島がアホだったから起きたこと。



詳しくは割愛。





福沢諭吉は「半島の開化」を進めようとして「金玉均」などの応援をしてあげたけど、結局「半島はアホばっかし」と諦め「脱亜論」。






今の日本も脱亜論したいけど(『脱亜論』が動詞になっちゃった)、そうはいかない苦しさ。




とにかく、38度線からこっちに南下されては困るわけ。


北に気がおかしい刈り上げぼっちゃまがいるし、シナはアレだし。ロシアもアレだし。

結局、韓国は東と西との防波堤の役目。


昔から、日本とアレな場所との防波堤。


かわいそうといえば、かわいそうだけどだからとあそこまでアホになる必要性はないような。








アメリカ様は「アジアの安定」とか「日米同盟」とかいろいろ言ってるけど「アジアの覇権争い」でもあり。

で、それを日本をベースにして展開。
さらに穿ってみれば、日本と中国が仲良しにならないように謀ってるとも。

経済の2位、3位が仲良くしたらアメリカはふっとぶし。

陰謀論はたっくさん。


表向きの「アジアの安定」。

そのためには日本と韓国に組んでもらわないと、という思惑。




だから一昨年暮れの「日韓合意」。
アメリカ様の「命令」。


保守のそしりを受けながらも安倍さんがなぜこれをしたのかって。


アメリカ様の命令もある。

そして、今回の韓国のぶざまぶりを世界にアピールする結果を見越してたとしたら安倍さんは策士よのう。


一昨年暮れの「日韓合意」をどうみるかということ。
安倍さんの真意とか想像でしか語れないけど。









在韓大使を召還




在韓の他国の大使たちは、このニュースを本国に打電。

韓国の異常さは世界を駆け巡る。


世界の国に「あの国、おかしいねんで」を拡散。

「そういえば、在韓米国大使のリッパートさんは、韓国人から殺されそうになったよね」と。

愛犬家のリッパートさんに「犬鍋スープ」を届けたのも韓国人だよね、と。

入院先の病院の前で、チマチョゴリ着て踊り狂ってたのも韓国人だよね、と。



朝鮮民族の異常さ



それはずっとずっと昔からで今に始まったことじゃない。

とはいえ、朝鮮民族もいろいろ。

北朝鮮の「北方面」の民族と今の韓国人の民族はだいぶ違うらしい。

今の韓国人を形成する民族は相当あれらしいね。


朝鮮民族がえてしておかしいのは、歴史にも原因があって



---------------

・長年、シナの属国で朝貢するモノがない(貧しいから)から女性を貢ぐ
→女性不足→近親相姦の歴史→遺伝子がぶっ壊れる



・儒教を変に解釈→上の者は学問して知識があるが、働いたらマケ→下のものに学問をさせない→下は知識が無いからものづくりもできない→でも、搾取される→働くのが馬鹿らしくなる→国が発展しない



・歴史がないどころか「属国という黒歴史」ばかり→恨みばかり→学問ができない、漢字が読めない→古文書が読めない→正しい歴史がわからない→悔しいから「ファンタジー歴史を作る」→悪いのは日本だ


・日本を打倒して建国したと憲法に→国家レベルで嘘つき→日本を悪者にするしかない→もう、やめられない、とまらない





をぐるぐるやってきた悪循環の国だもの。


---------------


でも、歴史って自分たちで作ったものであって半島だから、とか貧しいとか、そういうものじゃないよね。

民族の誇りや志だと思うけど、それが欠如していた朝鮮民族。








さて…


どう収拾するのかしらね。



今こそ、『脱亜論』!!


と叫ぶ全国民。


でも、そうもいかないから…


ああもう〜〜〜っ!!





くれぐれも、へたれないで欲しいわ。



大嘘の「南京虐殺」のユネスコの件に抗議してお金、払わなかった、とやってたから「外務省、少しは仕事してるんだな」と思ってたら、なんとこっそり払ってましたとさ。




ほんと、日本の大事なお金や年月労力をこんなバカな国に使うことの腹立たしさよ。




・後から訂正、加筆などするかもしれません。





頑張れ日本、と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 6


この前の防寒着をプチカスタマイズしてみた

2017/01/06 10:29
この前、外出したらやたら寒かったので赤札5000円の防寒着を買ってしまった、ということを書いた。





http://bibi07.at.webry.info/201612/img1_13.148180606567731746178.html



着て出たのは右でウィンドブレーカー的な感じ。

買ったのは左。

ごく普通のおもしろくもかわいくもない「防寒着」。

画像





ということで、プチカスタマイズ。



フードをぐるりとレースで囲んでみた。


画像




画像




レースは100円ショップ。


手作業。


これで、5000円が5800円ぐらにはなったかな?


あとはファスナーにチャームをつけようかと。

なにかあったかな=


ストラップやキーホルダーはたくさんあるけどチャームは。


ふるーーい、「ポストペット」のくまさんはあったなあ…



なにか探そうっと。
引き出しの底に落ちてるかも…(このかもがあやしい)






フードに縁取りはけっこう前からやっちゃってる。



前にも紹介したけど。



もこもこマント。

これ、裏地をつけたいんだけど、そこまでの技量がないわ。
ミシンは放棄したし。

ミシンがあってもできないわ〜



かといってリフォームやさんに出すほどの値打ちもなし。





黒のレースとビーズアンド花で飾り。


画像



下の縁にもビーズアンド花を色チェンジでやってるんだよね。

これはけっこう時間かかったわ。


画像






これは、中があったかブルゾン。


画像





画像





チャームも。


画像






これはカスタマイズなし。


画像


画像



「調査兵団」のマント風。

画像






なにせミシンはなし。

技量もなし。

根性もなし。



メガネかけてライトの下でチクチク。


このくらいしかできないカスタマイズ。






それでも、すこ〜〜し変化があると楽しい。





冬って肩こりだわ、と思ったら

ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 8


ぬか喜びはできない「皇太子待遇」?「待遇」?〜その3〜

2017/01/04 13:53
その3。



庶民の戯言レベルで書き綴ってきたけど、庶民は庶民なりにいろいろ考えているということ。







まずは、この↓画像をみてみよう。





今年の元旦。


皇太子一家が参内する画像。

参内して総理をはじめ政府の要人たちの新年の挨拶を受ける。


正装。

妃殿下もティアラとドレスの正装で。


画像





だが、新年祝賀の儀の広間には…




いない!!



画像




なお、三笠宮家は喪中なので欠席。





参内したあと…


いない。



一体これはどうしたものか。




今年だけだと思ったら大間違い。

毎年これをやっている。


年寄りなど気づかない。
参内して両陛下とともにあの広間に立っていると思っている。

もともと性善説で成り立っている日本人は、とくに皇族がそういうごまかしだとしないと思い込んでいるから。




毎年、毎年、こんなことをずっと繰り返している東宮妃。

いずれ、皇后になる人。



こんなに国民を愚弄してよいのだろうか。






この前の天皇誕生日の昼の会食には出て、そのあとの各国の大使たちを招いてのお茶会懇談は欠席。

そのあとの夜の食事会は出席。
ご飯がないと欠席?



宮家の若い内親王たちが立派にその役目を果たしている時に、50もすぎたおばさん妃殿下がさぼり。


若い佳子さまだって毎年天皇誕生日の茶会ではきちんと接待。
もちろん今回も。
ケネディさんと歓談。↓

画像




皇后になるという人が地方公務にやっと行ったかと思っても、中抜け。さぼりをする。


出席している映像ばかりをマスコミは流す。

だが、欠席していることは国民には知らせない。



なぜか、マスコミは雅子さま寄り。

情報を取りに行かない受身ばかりの人は簡単にごまかされてしまう。


「がんばって、公務してるのね」


と。




園遊会のあのぶざまさは、国民は唖然とする。
招待側が20m歩いてトンズラ。

招待された客はさぞかし腹が立ったことだろう。



こんなのがあと2年で皇后だという。



異常な人を皇后として我らは崇め奉るわけだ。






でも、ちょっと立ち止まった庶民は不思議に思う。


誰がこの好き放題を許しているのか、と。



「そもそも」誰がこれを許しているのか?






好き勝手していいと許している上位の人がいるということ。

誰もこの東宮夫婦のありようを咎めない、諌めない。

国民を愚弄しても構わないと思っているのはだれなのか。






わたしが、「まさこさんってさ=」と夫に主婦の井戸端会議的な雑談をふると夫が


「許されてるんだから許されるんだよ。

ずっと許されてきたんだから、これからも許されるんだよ。

衣装かぶりだって咎められてきたことがないんだから許されるんだよ」




と、夫がふつーに言った。




そうだった。



雅子さんが、好き勝手してるのを許している誰かがいる、という「そもそも論」

宮内庁はもともと外務省からの出向だったりしてそういう息がかかっている。



夫の皇太子は

「雅子には好きな時間に寝て起きて食べさせる」

と公言してるので「妻の好き勝手を許している」わけだ。






口を開けば

「ま、まさこが、あ、あいこが…」


と国のことなど関係ないスタンス。

「まさこのいう通りにしないなんてーーー。

人格否定だーーーー」(どんな人格があったのか)


「あいこが学校に行けないのは、同級生の男児がいじめるからだーーー」(嘘でした)


と、ここまで愚かになってしまうわけで。




夫は妻の言いなり。

教育もしないし、注意もしない。


好き放題させているからこそ、妻があそこまで好き勝手しているのは推測ではなく事実だと断定できる。



余談だけど…どれだけこの殿下がアレなのかの一例↓。



自分の婚姻について詠んだ歌が…

いい、笑っちゃだめよ、吹いたら負けよ。


お題は「空」。平成5年。

-------------------


大空に舞い立つ鶴の群眺む
  
  幼き日よりの わが夢かなふ


----------------------------------


これが天皇になる皇太子という人の脳内。



国、国民、安寧、じゃなくて「小さい頃からの夢は結婚することでした。かなってうれしいな」



爆笑したでしょ。

はい、負け。



で、かなったはずの夢は粉々に砕けて今はあのザマ。



「ハーバード大の東大の外交官の嫁をもらったんだーーーー。

すごいだろーーーー」



と、自慢してたんだろうけど実はいろんな男のお古で能力ゼロの女性。

男児をなすこともせず、さぼって食っちゃ寝の庶民にもなかなかいないぐうたら嫁だった、というオチ。




すっかり雑談になったわ…






話を元に戻すと、まさこさんを好き勝手させているのは誰なの?という「そもそも論」。



この東宮より上位はだれなのか、という「そもそも論」。



わたしは、両陛下をずっと心底、尊崇の念でみていた。


疑問がではじめたのは、東宮のあり方についてなんら教育、指導をしないこと。

あげくに

「別の家庭なので口は出さない」

「次代は次代でやればいい」



という趣旨のことを言った頃から。


その頃から疑念がではじめた。

疑念が湧いたのでたくさん調べた。


写真もたくさん見た。

知らなかった昔のいろんな写真を。



写真の背景も調べた。

どういう時、この写真がとられたのか、など。


庶民には計り知れないこともたくさんあるけど、常識的にいろいろ考えた。

そして、どうしようもない疑念が大きくなっていった。




今年の正月。↓


皇后さまはわたしの母親世代。

階段登るのは大変だと思う。

スロープにするかはじめから段を作っておけばよかろうに。

段を登るのが大変ならば女官が介添えすればいい。




国家の要人が並ぶ前で陛下の手を借りることを「畏れ多い」と思わないのだろうか。

皇后として「自己完結」という誇りはないのだろうか。





これを見て、「微笑ましい」と思うだろうか。

それとも「場のTPOにそぐわない」と思うか。





画像




皇后のティアラもサッシュもない姿はがっかり感がある。

もう何年もティアラをしないのは、首が痛いという。




昨年の夏は静養先でピアノを1時間も弾いたというニュースが流れた。

わたしも多少のピアノ弾きだからわかるけど、1時間はかなりきつい。
肩こりもするし、首が痛くなる。



ピアノを1時間も弾ける人がティアラの一つもつけていられないはずはない。
サッシュも重くないはずだ。




もし、そこまで首の調子が悪いならばピアノで遊ぶのもやめたほうがいい。



こういう辻褄の合わないことをすると国民は不信感を持つ。
なぜ、こんな皇后としてだらしない格好をするのだろうか。

皇后としての矜持は持ち得てないのだろうか。

皇后として意地でもそこ数時間、ティアラとサッシュをつけようと思わないのだろうか。







いつも陛下の袖をつかんで歩く皇后さま。

国民はどう思っているのかを考えてくれないのだろうか。

そういえば、ベルギーの王妃の肘をつかんで歩いていた。

海外の貴賓を気軽に触っていいのだろうか。
庶民にはわからない。





カメラの前ではそうしたくなるのか…



カメラを意識しないと、こうなるらしい。



足元をみると陛下より前を歩かれている。


画像




↓どういう状況かわからないけど、フィリピンでの慰霊で陛下より先に行こうとされたのか、陛下に制止されている。

気を抜くといつもどおり、陛下より前を歩く癖がついているのだろうか。

画像




こういう辻褄の合わないことをする皇后。



だからこそ、雅子さんの「辻褄が合わないこと」を諌めることをしないのだと思う。

午前中、海外の大統領の接待をさぼり、午後から高速を渋滞させてスキーに行くようなことを許すのは「両陛下」だと確信した。



許可制ではないにせよ、一言東宮に「あれはまずい」といえばすむこと。

それをしない。
しないどころか、週刊誌が「皇后が雅子さまを叱った」と書けば「叱ってない」と抗議。


国民は「叱るのが当然」だと思うのに「叱ってない」と。

「叱っていない」は「好きにしていいよ」の免罪符。


アウトでしょ。







こういう皇后が雅子さんの肩を持つ理由は「同じ」だからだろうか、と穿ってしまう。


そう、総合的に皇后と雅子さんは「同じ」なのだ。



ただ、皇后はうまく演技をしてきた。

演技は悪くない。

庶民でも誰でも「人前での演技」は当然だから。


本質が「同じ」なのだ。







昭和の皇室をみて育ってきたわたしたち世代には摩訶不思議な平成の御世。


平成の両陛下が平成の皇太子夫婦を「これでよい。この二人を早く即位させたい」と思っておられるのだから、これを不思議だと思わないわけがない。


国民を愚弄する東宮妃。


それを許す上位の人。









「皇太子待遇」



両陛下が退位し、現皇太子が天皇になり、そして秋篠宮が「皇太子待遇」。



「待遇」は皇太子の地位を約束されたものではない








「皇太子」という地位はまだ空っぽ。


なぜ、空っぽなのか。


それは吉なのか、それとも凶なのか。

我々はあのどうしようもない能無し夫婦を天皇・皇后と呼ぶ日がやっぱりくるのだろうか。






陛下は

「平成30年」

と言った。



それまでは天皇を続けるということらしい。


あと、2年。



その間に何かが動くのかどうか。






つくづく、昨年の陛下の爆弾発言は国民の安寧を損ねたと思う。


安直な「お可哀そう」というヒューマニズムに酔った愚民を味方につけた陛下の作戦は当たった。



それに踊った国民。
煽られた国民。


マスコミは


「天皇VS安倍政権」


と、政治利用している。



自衛隊の管轄である政府専用機。



総理は専用機のドアから出ると横にいる自衛隊員に挨拶をする。

画像



が、両陛下はその自衛隊員を外に出すことを許さない。
陛下の肘を掴むのは階段では危険。

画像



自衛隊が嫌いだという。

憲法を守れという。

万歳三唱は嫌いらしい。

君が代も嫌いらしい。

靖国も嫌いらしい。

共産党が絶賛するらしい。





書き出すと止まらないほど、両陛下の「日本国への愚弄」が多いことに気づき愕然とする。




こんな状況の中での、なぜか先行されて発表のあった「皇太子待遇」というニュース。



これの意味するところを注視したい。





雑談を長々と書いてしまいましたわ。





おわり




*訂正、加筆などすることもあります。




がんばれニッポンと思ったら
ぽちっとね






にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村





記事へナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 10


ぬか喜びはできない「皇太子待遇」?「待遇」?〜その2〜

2017/01/03 17:14
昨日の続きから。

〜その2〜




ぬか喜びした人もいた。


「やったー。秋篠宮が皇太子だーー」

と。


誤解した多くの人は「徳仁殿下が廃太子になって、秋篠宮殿下が皇太子になった」と思ったらしい。



常識的にそんな重要なことがネットのニュースで軽々しく出るわけない。
日本国中、大騒ぎになって特番が組まれ、臨時ニュースか号外か、宮内庁が記者会見してるはずだ。




でも、陛下の「生前退位」(放送のまま)は、テロップで流れたからあり得るかもと、多くの人が誤解するだけの下地はあった。




常識的に考えると、陛下が退位しスライドして徳仁殿下が天皇になるのが前提。






この「待遇」という言葉にひっかかった。



これが何を意図として使ったのかは我々にはわからない。


*秋篠宮家の予算が増える。


*警備が強固になる。


*宮家の職員が増える。





このくらいが待遇の変化だと思う。





働きは今も皇太子がすべきことをしているのでこれ以上は無理。


天皇しかできない公務以外はほとんど秋篠宮家がやっている。
東宮しかできない公務、といってもそれは能力的なはなしではなく地位でのはなし。



今回の、陛下の我欲の発言によって政府が動くことになった。

国民の多くは

「陛下にだって人権があるし、こんなに年寄りを働かせてかわいそう」

という安易なヒューマニズムに酔い「賛成」と言った。




これによって、陛下の生前の退位は決まったようなもの。
それが陛下の作戦だった。

「バカな国民に哀れさを訴えよう」という。




情報弱者の愚民は、陛下が退位し皇太子に地位を譲るということは、それだけでは済まない大々的な取り決めがあることなど、わからない。


保守と言われる論客たちも机上の論で「次の天皇夫婦の無能さ」を全く考えていない。





陛下は摂政を拒否した。



理由は「天皇と摂政の権力の強弱が問題になる」というらしい。

大正天皇と昭和の天皇の関係を言っているのだと思う。



でも、よく考えてほしい。




今上陛下は退位し『上皇』となる方向とか。


上皇。



天皇の上。





「上皇と天皇」

歴史を紐解くと必ずこの間で争いが起こった。

天皇が「まつりごと」を司ったゆえにその争いは起きた。


権力の奪い合い。
今は、そういうことはないにせよ周りの混乱を引き起こすのは必至。

小さな権力争いは必ず起こる。


「上皇が言われたのだから、こちらが優先だ」


「いや、天皇は天皇だ」


と。



「上皇と天皇」の関係は、「天皇と摂政」の関係よりより対立を生む。




しかも、陛下は「新天皇」に指示を出すつもり満々。


「私たち(今上陛下と皇后)が、天皇(ナルさんと雅子さん)をサポートしていく」


との、報道があった。
80過ぎの老人二人が働き盛りの壮年夫婦をサポートする?

それほど、長男夫婦が「ダメ」だと公言したわけだ。

そんな「ダメ」なのをなんでわれわれ国民に早めに与えるわけ?


自分たちが生きている間に「見張って練習」させる?


われわれ国民は「実験台」?

下手な料理の味見役?

お腹を下すこと必至。






それにしても、サポートとは具体的にどういう場面をいうのだろうか。




ナルさんと雅子さんが


「わかんない〜〜〜」


と、言ったら

「それはこうしなさい」


と?周りはどうする?




雅子さんが


「それ、出ないーーーー」

と言ったら

「じゃ、アタクシが出ましょう」


と?



何かあったら周りはどっちにお伺いをたてるのだろう。

どっちのいうことを聞くのだろう?




周りの人は天皇夫婦にきいてもアレだから全てが曖昧。

じゃ、上皇に聞こう、となるはず。


そしていずれ「今の天皇にきいたりしても埒があかないから、飛び越して上皇に」となっていくだろう。

「徳仁天皇」は無視されていくだろう。

雅子皇后も「どうせ、出ないだし」と無視されていくだろう。


存在価値なしの天皇になる。





頼りにする皇もすぐに加齢による判断ミスが増え身体も衰え活動もできなくなる。



昨年のフィリピンでのふるまい。
日本では流れなかったけど、動画サイトでみることができるがすでにこの時「老人特有」の行動をしていた。


豪華な部屋の豪華な机で署名をする際に、陛下は皇后にも書け、とジェスチャーした。

皇后は「自分は書く立場ではないから書かない」ということを言っていた様子。

立ち上がってからもしつこく皇后に「書け」とばかりに食い下がっていた。


そして、退出するときも、椅子の後ろではなく机との間を通ろうとしたのであわてて椅子を動かす周囲。



11分ごろ。






これをみると、うちの父の晩年を思い出すので悲しくなる。


こんな老齢の両陛下を結局は主体として周りは動くことになる。
それでいいのだろうか。


すでに海外へ行かれるのは体力的に無理。
御所で静かにお過ごしいただきたい。

これは、国民全員の願い。


「公務はきついからやめる」といったのにベトナムに行くのは今年。


政府がさせているのだ、と国民は思っているだろうけど違うと思う。

「行きたい」のだと。

「行って、謝罪をしたい」のだと。










話をもとに戻すと、陛下が退位・譲位されるには数々の決め事があるはず。


ちょっと考えてみた。



-----------------------------

<呼び名>

→上皇(皇の上)はよくないと思う。
前の天皇「前天皇」も候補にあがっているらしいが、天皇という名称ははずすべき。

歴史家、学者たちが知恵をしぼって的確な名称を考えるべき。





<予算>


→今までは、純粋にお小遣い的な予算が内廷皇族には3億円強。
それは膨大な皇后の衣装代や、東宮家のホテル貸切、ディズニーなどの遊興費、ブランド代、愛子さんへの余分な警備費などだと予想される。

なにせ何に使ったかはこれは国民には知らされない。

どこかに横流しされても国民にはわからない。


今まで内廷皇族は5人で3億強。

単純計算で一人6000万。


退位天皇夫婦が独立して二人で1億2千万?

いや、今までは天皇だから体裁を整えるための莫大な費用だった。

隠居天皇ならば夫婦で秋篠宮家より少なくていい。

被服費は今までの洋服を着ればいいから要らない。


水道光熱費は今までどおりタダでいい。
食べて少しの小遣いでいい。


二人で1000万もあれば贅沢すぎるはず。
税金も医療費も警備代もタダだし。

お小遣いには多すぎる。




新たな天皇一家3人。

単純計算で1億8000万?


そんな働きする?

領収書なしの好き勝手に使っていいお手元金。
これに目をつけない小和田さんではなかろう?


今までだってわからないからね。


さて、どうする予算?










<住まい>

→今の御所は「天皇の住まい」
ではどこに?


京都に戻るのか?

戻るにしてもかなりの費用をかけてリフォーム?
新築?



御所は徳仁天皇一家。


東宮御所に秋篠宮一家?







<自由度>


→陛下の御学友と言われるひとがテレビで言った。

「次は韓国」と。

この学友が勝手に言ったのか、陛下が「韓国に行きたい」と言っていたのを代弁したのかは不明。


だけど、皇后は「釜山」に親しみをおぼえる歌をわざわざ歌うほど韓国に心があるらしい。


*対馬 より 

釜山(ふざん)の灯(あかり)見ゆといへば,

韓国の地の近きを思ふ




グアムでは非公式に韓国人の碑に参った。


いつぞやは「(われわれが)韓国に謝罪をしたい」という趣旨のことを言われたとか。(週刊誌。抗議が出てたかは知らないけど)



天皇から退き、自由度が増し税金で国民を失望させる行動をとるのだろうか?
そういう不信感を国民に抱かせること自体が「国家、国民の安寧を願う」に反しているように思える。




また、自由度が増したことで私的旅行をしまくるのだろうか。

あの「日本地図に押しピン」を全クリしたいと思ってるのだろうか。





退位したら自由行動はゼロにしないといけないと思う。
やたら出歩くことは国民の迷惑になる。




上皇夫婦があっちにいけば、警備はせねばならない。
道は封鎖される。

お迎えも動員される。


天皇がいけば、同じことが起きる。


ダブルで日本の道は封鎖されることに。


退位したらお庭の散策をされ、研究に勤しみ、皇后はおうちでピアノを好きなだけ弾けばいい。
あの豪華なハープも弾けばいい。


時々のお出かけ鑑賞ぐらいは半年に一度ぐらいはいいけど。


-----------------------------------------------


ここまでは、天皇陛下の取り決め。

まだ、ほかの取り決めだっていっぱいあるはず。










なぜ、ほかの取り決めではなく「皇太子待遇」という取り決めを真っ先に決め、発表したのか

ということ。



ここでタイトルどおりの「皇太子待遇」の「待遇」の不思議さにつながるわけだ。




秋篠宮は徳仁天皇の息子ではないので「皇太子」にはなれない。

「皇太弟」という名称になるはず。





「次は弟である者が即位する」


という取り決めをなぜ真っ先に決めて発表しない?







なぜ、これをまず作らない。

まずは、これを決定せねばならないはず。

お金などあとからいくらでもつけられる。今もあの金額でやってきたのだから。




まずは



地位の確定




のはずだけど。






皇太子待遇は次の天皇の地位ではない。




昨年の流れをみてみよう。


*唐突な国連からの通告。

「女性を天皇にしろ。
差別だ」

・左翼日本人が中国人に焚き付け国連が言った。




*愛子さんの異常なまでの露出。
お手振りがその数ヶ月前から「左手逆さばいばい」から「右手ばいばい」になった。





*陛下の退位のニュース





愛子さんを天皇に、とマスコミが異様にさわぐ。
「陛下退位」となんら関係ないことを無理やり結びつけた。


田原総一朗は「悠仁殿下は交通事故にあうから愛子天皇でなければ」発言。


*愛子さん、公務もどきをし、それを理由に学校に行かず。




痩せこけた老婆のような愛子さんが出る。
両親、本人はこのすがたに鼻高々。

手を「右手で振ること」を憶えた(調教された)愛子さんは、TPO関係なくとにかく一つ憶えで手を振り続ける。


哀れ。

画像


国民、唖然…






こんな悲惨な状況だけど、東宮一派はまだ「愛子女帝」を目論んでいる。

なぜ、そう強気に出ることができるのか。
それは皇后のお墨付きがあるから。

そして、その皇后のままにしてしまう陛下がいるから。



世継ぎである親王が生まれたのにそれを口にすることはなかった陛下。
皇后は「かたっぽの靴」を産院に持参した。





そして、皇后が次のように言っていることを陛下は言った。


「(美智子は)やはり皇統は長男のほうから出したいと言っている」


と。

悠仁殿下がいるのに、女児である愛子さんに天皇の地位をやりたい、という意味。


ぞっとする。


ぞっとするのは、たとえ皇后がそう言ってもそれを陛下は外に出してはならないはず。


これが嘘なら「抗議と訂正」が入るはず。
それが今までの皇后のやり方だから。




なぜ、ここまで長男が可愛いのか理解しがたい。
我が子や我が孫は子・孫であっても、国のもの。

国が決めた定めに委ねるもの。


それを自分のエゴで動かそうとする恐ろしさ。







秋篠宮の「皇太子待遇」は「次の即位」を約束された言葉ではない。



付け込まれる隙がある、ということ。


徳仁殿下が天皇になり、また「特措法」で「愛子を皇太子に」と言ったら政府はどうするのか。


典範には勝手に退位することは許されていない。
だけど、「特別だよ」と実行される。


典範には勝手に次の天皇を決めることは許されていない。
だけど、「特別にしろ」と言われたら?



「なぜ、前の天皇は許され、ぼくは許されないのか」、と徳仁天皇にごねられたら?



盲目的な保守は


『承詔必謹』(しょうしょうひっきん)



「天皇の言われることは黙ってその通りにする」と言ってしまうのだろうか。


今回、それを口にする保守がたくさんいた。




特措法は前例を作るという意味で、危険だというのだ。









だから、ぬか喜びはできない、というのはそれなのだ。



つづく



*加筆訂正をすることはあります。




がんばれ日本と思ったら
ぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 8


ぬか喜びはできない「皇太子待遇」?「待遇」?

2017/01/02 15:31
元旦、キッチンに立ってお節の準備をしているわたしに、夫が「ちょっとちょっと」と上から降りてきていう。


スマホを持ってトップニュースをわたしに伝えた。


「秋篠宮が皇太子待遇だって。

ほらね」


と。



わたしも手を拭き拭きスマホを覗き込んだ。

状況がまだ掴めないのでちょっと横にしておいた。






この「ほらね」が夫の場合はすごく甘い。

夫の今回の「ほらね」は


・現皇太子が使い物にならないので一旦即位させたとしても、不出来な夫婦共々リタイアする。

・すぐに秋篠宮が即位し、悠仁殿下が皇太子になる。

・今回はその準備期間に入った。





という単純な流れを夫は考えている。

そりゃ、願望でしょ。

そんな甘くないでしょ。






天皇という存在と歴史についてはぼちぼちのことは知っている夫。



わたしなどちょっとこんがらがっている南北朝時代のことなどが夫の頭には入ってる。


「皇居の前になぜ南朝側の楠木正成が『今、馳せ参じました』とばかりに立っているのか」

画像




とか、言っている。


馬のしっぽが風にたなびいているほど「駆けつけた感」がたっぷり。

馬の前足があがり少しふんばっている様子の後ろ足は、まるでバイクでいうならウィーリー一歩手前。
それほどの勢いと忠誠心が表現されている。


数年前、夫と上京した時、はとバスに乗った。
この像を見上げた。





それは推測の域でしかないけど「どこかの時点で(南朝と北朝が)入れ替わった」のだろうと。

ま、歴史のファンタジーであってそれを証明できることは庶民にはできないし、天皇の血筋はどちらであるとしてもその存在を夫は尊重している。



-----------

*注釈

・現皇室は北朝の流れ

・楠木正成は南朝側



---------





こういう夫だけど、今の皇室の「いろんな事」については疎い。


雅子さんが衣装ストーカーをダイアナさんにまでしたことは知らない。

雅子さんの過去の男関係などは知らない。


多すぎるので以下略-----





疎いけど基本の情報は知っている。



・雅子さんの父親の先祖が3代も遡れない出自不明の家だということ。どんな家でも明治時代、江戸末期の戸籍はあるので普通に5代、6代は遡れる。

・雅子さんの父親の小和田恒が外務省で日本に仇なすことばかりしていたこと。要らぬ謝罪を陛下にさせたり、慰安婦問題について国連への日本の反論を取り下げた。

・雅子さんがさぼってばかりいること。

・皇太子があじゃぱーなこと。

・愛子さんがあじゃぱーなこと。

・皇太子の髪の毛があやしいこと。

・美智子様の実家が粉屋でメリケン粉とGHQの関係関連で入内したこと。

・陛下がヴァイニング夫人にどういう教育を受けたか、ということ。


などなど






夫がもたらした元旦トップのニュース。



夫はぬか喜びした。



でも、わたしにはそのニュースからはそう取れなかった。




少しずつ何かが決まっていってるのは事実。


でも、それは今上陛下が「天皇にあるまじき、昨今稀なる我欲を通したこと」をきっかけとして、あわてて政府が決め事をしている、という意味。





これから大事なことを政府は決めていくことだろう。



その大事なことの決め事。


いろいろな事に国民が納得できる整合性をもたせねばならない。


難しい。


昨年は世界情勢の変化の中で、我が国も動いた。

激動の日本だった。

その忙しい政府を更に忙しくさせ国民を混乱させた陛下。



国民の心を二分し、争わせた陛下。



そういうことをしておきながら、「国家の安寧を祈ります」だと?



大きな疑問と不信感を抱いたのはわたしだけではなかったことだろう。




         つづく




がんばれ日本、と思ったら
ぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 10


新年のご挨拶「今年もよろしくお願いします」

2017/01/01 23:14
画像



今年の年賀状。


毎年、年賀状は自作のイラストを印刷する。

ここ二年は羽生結弦。


今年は、オスカル。

元絵のオスカルはフランスの国旗を持っているけど日の丸に変えた。

http://blog.goo.ne.jp/sfia10/e/1b9a56c2efcf2441b1a1c45a71d1f81c



*玄関の下駄箱の上のお餅。

昨日まで葉みかんが転んでたけど、元旦なのでみかんを乗せてバックにはめでたい扇。





画像







ここは、普通の主婦が生活を綴りながら世相の感想を雑談のように語ったり何でも有りのブログです。

ブログを始めたのは2001年。
当時はホームページと言ってました。

いつの間にか15年を越してしまいました。

いつまで続けることができるかわかりませんが、ぼちぼちやっていきます。


今年もわたしの戯言におつきあいくださいませ。





食器を洗い終え、ようやく落ち着きました。

ちょっと酔ってます。



シャンパン。

ビール。

チューハイ。

ワインまでいきませんでした。




今年は、姉の買う市販のお節なしなのでできる範囲で。

年に数度しか出さない大皿、重箱。

グラス。

お揃いのグラスが地震で割れたので、それなりに。






*市販のテリーヌ。

旭巻き。(かまぼこにゆで卵が入っただけなのに正月しかない)

スモーク鴨。

数の子。(塩抜きして薄皮をとって漬け込んだもの)

画像




*海老の鮨。(わさびテロはしていない)

画像




*スモークサーモンのいくら乗せ鮨。(わさびテロはしていない)

画像




*伊達巻のお寿司。(伊達巻は今年は市販。寿司を巻いて伊達巻をかぶせてぎゅ)


画像




*生ハムの生春巻き。スイートチリソース。

画像




*結局、和牛のソテーとホタテのソテーが一番人気だった。
肉は1キロほど焼いたけどなくなった。年寄りがあんなに肉好きだとは思わなかったわ。


画像




*ティラミスとレアチーズケーキ。
小さくカット。生クリームはあとから。

画像




*プリン。二日前から作って冷蔵するとしっかりと味がしまる。


画像




*持ち帰り用ちらし寿司。

サーモンと海老。
生物が苦手な人にはだし巻き卵をたっぷり。


画像



その他は、うにどうふクラッカー乗せ。

モッツェレラチーズとトマトのサラダ。白玉ぜんざい、などなど。





うちはお節じゃなくてわたしの好物を並べたって感じ。

昨年は手まり寿司や押し寿司をしたけど、今年は握り寿司をしてみた。

してみたかっただけ。

だって、握り寿司用のご飯の型抜きを100円ショップで買ったんだもん。


伊達巻寿司は昨年、年寄りの中で人気だったから。




たったこれだけの料理だけど、主婦には大変。

でも、この大変がけっこう好きなんだよね。


でも、疲れるわ〜〜





正月って食べすぎよね、と思ったら
ぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村

記事へナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 6


年越しは「ロードオブザリング・ホビット」3部作で

2017/01/01 00:06
「ホビット」


3部、一気放映。



全部みていたと思っていたけど…



第3部を見てなかった。



『決戦の行方』



ホビットが帰っていく「ホビットの庄」は娘がロケ地に観光に行って「旅の仲間」の葉っぱの磁石をお土産に買ってきたっけ。


レゴラスまつり〜〜

目が楽しんだわ〜〜






年越しそば。


夕食だけどね。



ダシは昆布、カツオ、椎茸。

鴨を入れると鴨の脂のコクが出ておいしい。

鴨はスモーク鴨なのでほとんどそのままでも。


エビは市販。


ダシ巻き、かまぼこ、ねぎ。



エビ2本、これは夫の。


画像




野菜を入れたのはわたしの。
柚子をたっぷり入れるのが好き。

画像





「ロードオブザリング」


面白かった。



RPG。



ドラクエの世界とかともリンクしてる感じ。


ハワードのコナンシリーズとも世界観がにてる。





と、書いているうちに年明け。



今年もよろしくお願いします。




日本がんばれと思ったら
ぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村

記事へナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6


迎春準備を少しと猫

2016/12/31 16:37
うちは大家族でもないので、テレビでみるような「座敷で一族郎等が集まって会食」というのもない。


息子の帰省もまちまち。


それでも、日本人のけじめとして、すこしは迎春準備を。




玄関ドアには、しめ飾りと国旗の代わりに手作り日の丸リース。



画像



餅。


三方をこっちの家に持ってきてないので、毎年紙の上に。
紙は、コピー紙。


葉みかん。

ころんどるがな〜



画像





あとは…えっと重箱を出して、大皿を出して…


切るものは全部切って、密閉容器に。

解凍が必要なものは全部、解凍。





猫たちは夜はエアコンの下。



左はガスストーブ。

このエアコン、ときどき、機嫌が悪いときが。

このエアコン1台で家全体が暖かくなるので、このエアコンの存在はでかい。



そういう時はコンセントを一度抜いてしばらくしてオン。



寒い時、止まると怖いのでガスストーブを待機。

画像





画像







今年は、いろいろありました。



個人的な大きなことは「震度7@二度」。



そして国の情勢、世界の情勢が目まぐるしく変化。


欧州の危うさや、テロ。



その中で、日本国の存在の大きさ。


伊勢志摩サミット。

オバマ@広島。


トランプ。

プーチン。


真珠湾。




マスコミの崩壊。

左翼思想の敗北。




そして…

これはまた来年、書こう。





大晦日、晴れてよかった、
と思ったら
ぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6


卓球選手権大会@我が家限定

2016/12/30 12:41
バレーボールはわたしの生涯のスポーツ、だとも思ってたけどいかんせんバレーは激しい。

跳ぶ、走る、転がる、打つ、当てる。


とっくにママさんバレーは引退。



バレーでアキレスを切った夫。

バレーで靭帯断裂・腱脱臼手術をしたわたし。


もう、こんな危険なまねはできない。


バレーは見てにわか監督・解説をするのが一番。







バレーをしてた時は身体全体は引き締まっていたけど、やめてからだるだる。

しかも食べるようになってしまってもうだめだめ。




運動不足。


ホームセンターでエキスパンダーを買ってきて腕の筋トレはするけど、それは運動じゃない。



ということで…



ミニピンポン大会。




ネットとラケットとピン球。



台はダイニングテーブル。


180センチ・90センチ。



ラケットやピン球はあまり飛ばないようにできてる風。


もちろん、廉価ものなので本気モードの人にはできない。



画像



画像





ラケットはシェーク。

わたしはペンしかできない。


画像





昔、ミニ卓球台が家にあって、卓球台の面積と比例してのラケットのラバー具合だった。

大阪の狭い借り上げ社宅の本間の6畳において姉と遊んでた。



姉は中学で卓球部に。


わたしはバレーだったけど。





その後、卓球などすっかり忘れ…



大きくなってから高校まで卓球部だった友人に教わって鍛えられたことも。



それも遠い昔。


温泉で夫と卓球をしたことが数回あるぐらいがピンポン歴。





夫と家庭内卓球選手権。


台所の合間に、エプロン、ズボン、素足。


画像





卓球とバレーはステップが違う。


卓球はサイドステップ。

でも、このステップもできない。

せいぜい、動いて一歩。

それ以上はもう不可。




脇をしめラケットをおでこまで振る基本の素振り。



ペンしか持てないので持ちにくいけど。


ラリーをするのが目標。

ラリーが多くて30回ぐらいしか続かない。



相手コートの真ん中あたりの正確に返すことができない。

だんだんずれてくるから相手もずれてくる。

ラリーは難しい。



「王子サーブーーー!!」

とか


「サーーー」

とか





夫とぎゃーぎゃーいってやってたら、姉がうちに寄った。




「いいとこ来たわ」


と、姉を誘う。


やっぱり昔すこしやってたからけっこういけてる。




でも、やっぱりみんな寄る年波には勝てない。

ピン球が床を転がっていくと拾えない。
おっとっとっとっと、となる。






息があがって


「今日のところはこのくらいにしとってやる」



汗もすこしかくのでいい運動になった。



夫と1時間を目安にすることに。

今はね…

わたし、すぐ飽きるから。




で、ここにダイニングテーブル置いてるから、ご飯を運ばないといけない。

それも運動か。




って、けっこう卓球ってわたし好きなんだよね。


近所の小学校で水曜日にあってる卓球教室に行こうか、と思ってたほど。

でも、グッズを揃えるのもめんどうだし夜に出るのもめんどうだし、って。



家で気軽にピンポン大会。


狭いかと思ってたけど、正規の卓球台じゃカバーできないからこの程度でオーケー。

ただ、スマッシュがこの狭さじゃ入らない。

ライジングを打ち込むような技量もなし。

って、そこまでする必要性は見当たらない。


ラリーこそ運動。




って、年末になにやってんだか!




日本がんばれ、と思ったら
ぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へ面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4


なんの遠慮がいろうか

2016/12/29 19:17
復興大臣、靖国参拝。


稲田大臣、靖国参拝。




マスコミはずっと大騒ぎ。

お祭り騒ぎ。



まるで何か犯罪をおかしたかのごとく
騒ぎ立てている。




マスコミは大騒ぎしてなにを得ようとしているのか。

「中国と韓国への配慮は〜〜〜」







日本人でどれだけの人がこのニュースをみて


「日本の議員が靖国に行くなど、けしからん」


と、思うのだろうか。




日本人の中ではいないだろう。



騒いでるのは中国と韓国にシンパシーを感じているマスコミのみ。





この報道に異常さを国民が感じているのに、ばかなマスコミは必死。

今年は、マスコミの敗北の年。

もう、よほどの馬鹿者でない限りマスコミのことは信用などしていない。

ちょっと判断がつかないニュースがあるなら「中国、韓国はどうしてるか。新聞マスコミはどう言っているか」をみるとすぐわかる。

これらの反対が正しいと思えばいい。

例えば、安倍さんの真珠湾訪問。

中国、韓国、マスコミがギャーギャー騒いだから、これはとてもよかった、正しいということ。

靖国神社参拝も、中国、韓国、マスコミがギャーギャー騒いでいるから、これは正しいということ。

わかりやすいわ。




誰がいつどこにいこうが、なんの問題があるのか。



なんの遠慮がいろうか。


どんどん、いけばよろしい。
国民は、応援してるから。







そして今日は、我が国のプリンセスの誕生日。



父宮のいわれるように「与えられた仕事をまじめに」と、この一年もつとめられた。


画像





画像




お茶会でなごやかに外国の人を接待。

(ちなみに、とーぐーひは、サボリーヌ)

画像



後ろ姿はケネディさん。

画像



若くして結婚された秋篠宮両殿下。


産児制限をされなかったら、もっともっとお子様がおられただろう。



「なんの遠慮がいろうか」


と、なぜ天皇陛下が言ってくれなかったのだろうか。





東宮に子供がいようがいまいが、宮家にも後継は必要なはず。


陛下が一言「なんの遠慮がいろうか」と言ってくだされば皇統はもっと健全に続き、宮家にも後継がいただろいう。

皇室は子供をたくさんなしてこそ。




東宮に配慮をし、宮家に遠慮をさせたのは一体だれだったのだろうか。






暗澹なる昨今の内廷皇族。


その中で、この宮家のお姿をみると、ほんとに心が洗われる。




一貫しない両陛下。


機能不全の東宮一家。

やせこけて奇妙な言い訳をしてそれがとおると思っている娘。




美しい佳子内親王殿下。


これからもご活躍を。







がんばれ日本と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村






記事へナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 6


総理@真珠湾

2016/12/28 16:41
安倍さん、真珠湾訪問を終わり帰国の途に。

日本人が自覚しておかねばならない大前提は



「広島」と「真珠湾」は同等ではない


こと。




もう、みんな知ってると思う。



真珠湾----------戦争

広島・長崎------虐殺・国際法違反







アメリカ人は同等だと思っているけど、日本人だけはそう思っててはいけないし、そう伝えていかねばならない。


同等だと思っているのはまだ刷り込まれた自虐史観から抜け出ていない情報弱者、もしくは左翼思想。





安倍さんのハワイ訪問は、広島の返礼ではないのだけどどうしてもそう世界がとってしまう危うさもあるけど、得るものもある。





「アリゾナ記念館」は、「日本軍ひどい、アメリカ頑張った」のプロパガンダの地だそう。


日本以外のたいていの国では、こういう記念館はあって自国の正当性を子供たちにも植え付ける。

日本だけ。
嗜虐史観で子供たちを洗脳するのは。



ただ、アメリカのプロパガンダにしても、中国の「南京大虐殺記念館」や韓国の戦争記念館のような大掛かりな嘘はないけど。



「ビジターセンター」は戦争記念館としては、日米を公平、公正に表現しているらしい。


そこにも行ったというのでちょっとほっとした。

真珠湾は今、多くの人が検索をして真相はどうだったのか、と知ることになったはず。

「卑怯な奇襲攻撃」なのかどうなのか、と。




「飯田房太中佐」の慰霊碑にも立ち寄ったという安倍さん。

この人のことは知らなかった。


海軍兵学校の62期だそう。
亡父の随分上の先輩。


この人の慰霊碑はアメリカが当時作ったもの。

アメリカ人の中にあるフェアな心、だそう。



総理がなぜわざわざこの人の慰霊碑に参るのか。



こういう話をニュースではしっかりと報道してほしい。



わからないよね。

個々のアメリカ人はそういうフェアな心を持っているし、また原爆を落とす残酷な指導者もいるし、と。





安倍さんの


「不戦の誓い」



さっそく蓮舫がバカ丸出しをしてた。




「不戦の誓い」は「戦争をさせない」という意味もある。


「戦争をさせない」から「不戦になる」という意味。

単なる不戦ならやられっぱなしでいい、ってことになって亡国になってしまうからね。




「戦争を仕掛けられないように同盟をより強固にする」

・日米同盟

・集団的自衛権





「周りが『勝てない』と思い、誰も戦争をしかけなくなる」





「不戦」






という理屈。


蓮舫は議員なのにこの理屈がわからないからバカと言われる所以。


安倍さんへの感想が



---------


「なぜ安保法制に突き進んだのか」


----------

だって。


「安全保障」という意味がわかってないなんて。

国防の意味がわからないなら議員やめちゃえ。







言うことが適性国の言い分。


もしくは、自民党のスパイ。
やってることがまるで民進党の自爆。


昼のニュースであまりの馬鹿さ加減に笑ったわ。

この蓮舫の発言を
「そうなんだー」と思った人も愚かもんだわね。





安倍さんの所感。


文章読解に鈍感なアメリカ、単純な世界に向けて「これでもかこれでもか」とたたみかける言い方。

短いすこしの文章で行間を読み取ったり背景を感じ取ることができる日本人には、お腹いっぱいに感じるけど、世界に向けてはこのくらいしないと、ってことだね。


短歌や俳句があり、森羅万象のすべてを表現できる言語を持つ日本人と外国人を同じにしてはだめだから。



今回の真珠湾訪問。


中国がキーキー言ってたし、韓国がやいのやいの言ってる時点で

「これはよいこと」

だと判別できたわ。








ともあれ、今年は欧州のゴタゴタから始まってトランプ誕生まで世界情勢は大きく変化。



弱体化していく欧州。

中国の横暴。


北朝鮮のいかれっぷり。

韓国のデタラメは相変わらず。


フィリピン。


ロシア。


アメリカの変革。



この中で、日本がどういう位置どりをするか。



マスコミが自国バッシングをする中、われわれ国民がニュースをどう見ていくかが、試された。



いまだ、「ロシアに税金で経済援助とかけしからーん」と言ってる人もいるからね。

「日本国民の借金が1000兆円あるーーーギリシャのように破綻するーーー」と言ってる人もいるし。


ニュースをしっかり読み解く。

俯瞰、大局でみること。




これからの日本国民の課題。


でも、NHKの「時論公論」とかの解説はほんと朝日新聞なみ。
琉球新報なみ、沖縄タイムスなみのあっち系だから騙されないように。


多くの解説をきいて整合性を自分の頭で考えること、だね。


夕方のTBSのニュースでは大笑いしちゃったわ。

「各国の反応」ってとこで、広島、アメリカとかでなぜか中国、韓国。

マスコミにとって「世界」は中国と韓国しかないんだよね。


そして、必死で安倍サゲ。


「この写真、どこかで見たことありませんか」
だって。


この写真というのは安倍さんがパールハーバーの時の兵士とハグしてる写真。


どこかで、というのはオバマの広島訪問の時。




で、同じだからと何が言いたいんだろうね?

ばかみたいな企画。

竹内とかいうキャスターだったかな。この人、調べると血筋はいいんだけどね。


でも、キャスターというのはそのテレビ局の思想のいいなりにならないとクビだし。




安倍さん、あとは堂々と靖国だね。


天皇陛下もいろんな場所に慰霊に行かれるより近場の靖国でぜ〜〜んぶ終わり。

シベリアや満州で命を落とした兵士だっているんだけど、行く気ゼロってのもね。






と、雑談になっちゃった。




日本がんばれ、と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 11


もち米をもらったので中華おこわを作ってみた

2016/12/27 19:38
もち米をもらった。

2キロぐらい。



さて、どうするかな〜

少しずつ米にまぜて炊くともっちりして美味しい。


餅はつかない。

一応、HBでつけるらしいけど、餅はもらったからいいし…



特別餅に執着はないので、どうするかな〜



ということで、中華おこわを作ることにした。


知り合いが作った中華おこわ。
とても美味しかった。
ずいぶん昔のことだけど。




スーパーのせいろで蒸してる中華おこわも時々買うと美味しかった。

冷凍の中華おこわには、大きなエビ、チャーシュー、タケノコ、うずらの卵、銀杏、しいたけが入っていて美味しい。




でも、作ったことない。

作ってみよう。





もらった干し海老、干し椎茸もある。


ダシをとった。



もち米は洗って2時間ほど水につけて水切り。

オイスターソース、砂糖、醤油、塩、などなどでタレを作っておく。


干しエビ、干ししいたけ、タケノコ、市販の焼き豚をごま油で炒める。


もち米を入れてさらに炒めダシに味付けタレをいれて米が水分を吸うまで炒める。




蒸し器に入れて待つだけ。



で==きた〜〜

もち米3合半の分量のおこわ。


画像





うずらの卵をあしらって、パック詰してみちゃった。




画像




山菜おこわもいいかな。








もち米って懐かしい美味しさがあるよね、

と思ったらぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6


蒸しケーキ・マーブルは難しい

2016/12/26 13:45
ちょっとしたマイブームの蒸しケーキ。

市販のお菓子を買わないように、と蒸しケーキ。



マーブルは難しい。



かき混ぜ方のコツがあるんだろうな。



画像




画像




定番のレーズン入り。



画像




蒸しケーキは、計らなくていいから楽。



アバウター(造語です。アバウトニンゲン)にはもってこい。








ああ、年賀状〜〜
印刷は済んだからあとは宛名書き〜〜



肩こり〜〜

目がしゅんしゅん〜〜




今年は、いつもの郵便局員さんが遅かったから遅くなっちゃった。


泥縄〜〜




年賀状がんばろう、と思ったら
ぽちっとね





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8


八百万の神の日本・だから「メリークリスマス」も言っちゃうよ〜

2016/12/25 12:38
御来光に向かって拝む。

陽の光の恵みに感謝。




海にお酒をまいて拝む。

海の幸に感謝。




イワシの頭さえ拝む。



万物に神が宿っている、という日本人の心。


これぞ大和魂。






日本はかつて一度も宗教戦争などしたことない。





世界は、宗教という名のもとでどれだけの争いがあったか。




十字軍遠征だって、レコンキスタだって、なんだって、全部宗教がらみ。

アメリカだって、結局は宗教で争った結果メイフラワー号で逃げていった人たちの末裔。



宗教戦争。


宗教ってなんなのよ、ってことだよね。
平和を口にし、愛を口して、赦しを口にしてるのに、相手を殺せ。

自分たちの宗教以外はだめだ。
殺せ。



なんじゃ、そりゃ〜だわ。



日本人は八百万の神を尊ぶ。


キリスト教だってユダヤ教だって、イスラム教だって、なんだって

「はい、どうぞ」




って、日本人ってそういうのを赦して、イベント化、日本式にアレンジして取り入れる天才。


文化も料理も取り入れて日本人ナイズド。
それがまたレベルアップさせちゃうもんだから、いい。




世の中はクリスマス。


旗日の日の丸リースから、クリスマスリースにかえて…



画像





といっても、イベントするにはもう小さい子がいるわけでもなし。

そこまではしゃぐ年代でもなし。



とはいえ、季節感を出すのは好きだから、少しだけ。



シクラメンを置いて…

画像




ミニツリーの置物を置いて…


画像






冷凍してあった市販のクレープ生地といちごでミルクレープを作って…


画像



冷蔵庫の豆腐の横にギリギリで入れて…


画像




娘がもってきたパネトーネを出して…


画像




ミルクレープを切って…

画像




ああ、おいしかった。
ダイエットはあしたから、と唱えた。


画像








メリークリスマス、と日本では堂々と言える。


アメリカではキリスト教徒でない人が「メリークリスマスと言われるのが不快」ということで「メリークリスマス」は禁止だとか。



うわ…


変なの〜

じゃ、「イスラムの女性がつけてるあの黒いのが不快」だと言ったらやめるのかな?



托鉢をしているお坊さんが不快だと思ったら、やめるのかな?



でも、除夜の鐘がうるさくて不快、と文句つけた輩もいるからね…

日の丸、君が代が不快、と言う輩も日本にいるけど本当に日本人かなあ?


一体、なんだろうね〜?





年賀状書こうっと、と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6


旗日なので「日の丸リース」を掲げてみた

2016/12/23 15:01
この前「日の丸リース」を作ったことを書いた。



http://bibi07.at.webry.info/201612/article_15.html


さっそく、ドアに下げた。




画像



今日は曇天。


こんな寒空に焼け出された人たちが大勢。








平成の御代は災害ばかり。


両陛下は大忙し。



東に災害があれば特別列車をしたて慰問に訪れ

西に天災あれば自衛隊のヘリを使い見舞う





これを喜ぶ国民がいてこそ、やりがいのある公務として位置づけられた。

と、これわたしが言ったわけじゃないから。



陛下が


「象徴天皇のありかた」を模索して得た結論だ


という意味合いのことを「お気持ち表明のビデオ」で言われたではないか。







今日、わたしが日の丸リースを掲げるのは旗日だから。




天皇誕生日。

天皇の誕生日であってその人物の誕生日、とは意味合いが違うから。

神代から続いている旗印の記念日という意味。






そして、忘れてはいけない今日はGHQによって日本国民が処刑された日

数年前、ノンポリのわたしが父の死をきっかけとしてすこし世情に目覚めた頃、このことを知って愕然とした。




事後法によって「裁かれ」た「戦犯」と呼ばれる人たち。

事後法などあり得ないのは周知。

でも、GHQは日本を懲らしめたいがため見せしめとしてやった。
そしてある種の未来への脅迫。





こどもだった現天皇は「明日は父が処刑されるのではないか」とビクビクしたことだろう。

そして、自分の誕生日に殺されていく日本国民。
深いトラウマ。



だから、今も「ごめんね」とアジア諸国に言い続けてるわけかも。

「ごめんね」を言わないと殺されるというなんらかの脅迫観念があるのかも。






戦後、未来の天皇につけられた家庭教師は外国人女性。
その家庭教師は皇太子に「ジミー」と名付けた。


公よりプライベートを大事にせよ、と洗脳した。

「天皇を仕事」だと思うようになった。




「テニスコートの恋」と騒がれた相手女性は「アメリカ産のメリケン粉を一手に扱う粉屋の娘」


日本中の給食がパンというものすごい利権の存在。
そして、適性外国の宗教を持つ一家の娘。


今思えば、この女性を「あてがわれた」と思うしかない。



自分は古い皇室のしきたりや伝統の犠牲者だとし、それらを「悪」という位置付けを国民に印象づけた。



そして、男女同権とばかりに陛下と並び、時には陛下の前を歩いた。



あげくに…

その粉屋の娘は、国のために戦った国民を


A級戦犯


日本人戦犯




呼ばわりをした。


これには、わたしもだけどうちの一族全員が怒り心頭だった。

お国のために死ぬ覚悟で10代で海軍兵学校に進学した父が生きてなくてよかった、とみんなが言った。



「静養ばかり」と皇太子一家は批判されているけど、なんのなんの。
当時の東宮一家はもっと豪勢な静養。


とはいえ、昭和の天皇の名代で世界のあっちこっち飛び回ったのでチャラ。






昭和の天皇ほどのカリスマ性はなく、「どうしたら国民から人気を得られるのか」と考えた結果が、


*慰霊

*慰問

*謝罪

*マイホーム

*愛妻家





平成で起きた災害の多さに慰問興行は大当たり。


逆かな?


阪神淡路の震災で「これだ!」と思いついたのかも。






国民に膝までついた。

庶民ぽく、ジャンパーを着た。

水仙の花の「小物使い」もうまくいった。

慰問にすら行かずビオラを弾いて遊んでる長男の楽器に「奇跡の一本松」の仕込みをした。






これをどう取るかは、国民次第。




演技も必要。
演技するには舞台、小道具は必須アイテム。



ようするに、税金を使ったおおがかりな舞台だと思えばいい。



この興行に感激する人もいれば、茶番だと思う人もいるだろう。


どっちもあり。





そういえば、小和田の母親は


「娘は大根役者だけど主役。


だから、それに合わせて脚本も舞台装置もかえるべきだ」


と、言うわけだから愚かでもあり図々しいにもほどがある。
テレビの大根役者は干されるはずなんだけど、これがまた裏に電通がいるからなぜかテレビに出続けることが。

調べると大根役者が日本人じゃない、とかもあったり…(ため息)






話を元に戻すと…




陛下は誕生会見の中で




「今回夏の気持ち表明のビデオは内閣と相談した」


と。





え?



え?


-----------------一部引用----

 8月には、天皇としての自らの歩みを振り返り、この先の在り方、務めについて、ここ数年考えてきたことを内閣とも相談しながら表明しました。

多くの人々が耳を傾け、各々(おのおの)の立場で親身に考えてくれていることに、深く感謝しています。



---------------




ああ、夏のビデオのことね。
でないと、陛下は矛盾したことを言われたことになる。


その前の、NHKのスクープは相談なし、ということを自白しちゃったも同然。




NHKの午後7時の緊急ニューステロップ


内閣と相談したとはとうてい思えないからね。
内閣と相談したら、こんな緊急ニュースっぽく流さないし、なによりスクープじゃなくなる。




なんかNHKはこのスクープニュースを報じたことでなんとか賞をとったらしい。

スクープ扱いなんだから「相談済み」じゃない。




当時、宮内庁はこのニュースを否定。

官邸も、知らなかったという。





つまり、この緊急ニュースの時は「内閣に無断」だったということ。



その後「天皇陛下がだだこねしたからこれを収集するためにビデオで話を」という流れだと思う。



-------------




<流れの再確認>


*NHKの誰か、宮内庁の誰か、あるいは陛下本人か皇后陛下かの誰かが結託してこのニュースを緊急ニュースとしてテロップで流した。





*宮内庁、あわてて否定。
官邸、否定。





*国民が混乱。





*政府が事態収集するためにこのビデオ作成を考える





*お気持ち表明






*「ビデオはきちんと内閣と相談したんだから」

と、責任を内閣に転嫁。
NHKの時のも政府責任だと国民が誤解したらラッキー、と。


-------------------

という流れ。





誕生会見の言葉で騙された国民多いかもよ。



「な〜〜んだ。

最初から内閣が関与してるんだ」


とね。



内閣がはじめから承認してるなら、有識者会議とかするわけないし、なによりNHKが緊急ニュースで発表するわけない。

NHKも特ダネだから誰よりも早くテロップで流したんでしょ。






でも、陛下はこの大騒ぎについて「内閣がーーー」とごまかしている。

「ちゃーーんと、内閣と相談してたんだからねっ!」


と、内閣に責任を押し付けている。



なんだかな〜〜




時系列で考えるとすぐわかるんだけど。

今回の文も誰が作文したのやら。



上記で引用した陛下の文章。


後半のほうがあざとい。



「国民よ、朕のわがままをきかんかい」

と、駄目押しをしているも同然。







国民を二分し、争わせ、余分な税金を使わせ…


これが国家の安寧を願う立場かと思うとがっかり感が半端ない。





誕生会見の「内閣と相談した」に騙されるな、と言いたい。


内閣に責任転嫁するな、と言いたい。




「これが公務だ」と自分をがんじがらめにしてできないからと「やめる」とはいかに。

責任も気概もない。



慰霊の旅も災害地慰問もやめればいいだけ。




公務ができないならしないでいい。


それより長男夫婦をきちんと教育してほしい。






でも、夫がけっこう核心ついたことを言ったわ…


「次が秋篠宮だったら、生前の退位、ウェルカムだろ」


だって〜〜



あたり=======


「おい、ダブスタやろ」、と思われても「それが?」状態。



国民全員が思ってると。




いや、いや、ようするに「生前の退位」をするなら、それなりに次代をしっかり育ててないと、ということ。


いわゆる「終活」もしないで「後は野となれ」では困る、ということ。




天皇の役割のひとつとして「次代を育てる」ことだと思う。


それを「帝王学」と呼んでいるではないか。

長男に帝王学を身に付けさせられなかったのは、単に長男の資質なのか親の甘やかしなのか、どっちもなのか…



皇室に生まれたからには、腹をくくって


「決まりにのっとって、死ぬまで天皇をするからねっ!!

できない時は、摂政でも代理でも、名代でもなんでもいいから立てちゃってね。


そのために息子が二人もいるんだら」



ぐらい、言えないというのも情けない。




暗雲たちこめる今日。


うちの玄関の日の丸が悲しんでいるかのよう。




そうそう、ニュースを見て夫が


「秋篠宮が真ん中なんだ。天皇みたいだ」


だって。



ちゃいまんがな。


秋篠宮殿下の右に3人、左に4人。

真ん中に見えるだけですがな。

身長も高いし風格、品格があるから、夫がそう思ってしまうのも無理もないわね。

また、妃殿下も内親王も美しいもの。


画像


画像





がんばれ日本と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 10


レトロなポテサラ

2016/12/22 23:04
なにがレトロか、ってなんとなくイメージが。



小学校の時の給食で、マヨネーズで和えたようなサラダがでると嬉しかった。

短く切ったスパゲティ、きゅうり、人参、りんご、みかんの缶詰…ハム…?

だったかなあ…



フルーツサラダ、とかいうメニュー?

記憶が曖昧だけど。


甘い缶詰のみかんが入るのを嫌う子もいたけど、わたしは大好きだった。



そしてレーズンが入っていたような…気がするような…


はっきりとは憶えてない。





そういうポテサラを作ってみた。


例の謎のレンジ容器(ガラス蓋付き)で、じゃがいもをチン。
容器のままつぶす。



熱いうちに、マヨネーズ以外の味付け。
砂糖を入れるとけっこうおいしい。



具材は、きゅうり、玉ねぎ、人参(今回はゆがいた)、ハム…


そして、レーズン。

レーズンは大好きなのでいつも5袋ぐらい買い置き。
洋酒漬けにしたり、甘い物をたべたい時、お菓子に。



うちは、夫も子供たちも好き嫌いがないので、なにを作ってもよくたべた。






久しぶりにレーズンを入れたレトロな定番のポテサラ。




画像







ポテサラっておいしいね。
でも、食べ過ぎるとムカムカするからねっ
と思ったらぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へかわいい ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8


そば粉のガレットを作ってみた

2016/12/21 12:32
そば粉をもらった。


でも、そばを打つ気はなし。

だって、乾麺のそばをゆがくほうが楽だもの。



さて、どうするか。




そうだ、そば粉のガレットをしてみよう。

海外紀行番組でやってた。




ということで…



そば粉





塩砂糖少々

牛乳と水半々ぐらい


溶かしバターを入れてもいいけど、今回はなしで



を練ったくる。



グルテンがないらしいので練ったくってもオーケー。

分量は主婦の感覚でオーケー。




クレープのサラサラより少しだけトロトロ。

今回はおかずガレットなので。



おやつにするならクレープぐらいサラサラ生地に。

これもお好みかな。

もちもち感が欲しい人はサラサラをトロドロに。






ということで、でーきた!

画像



画像





フライパンに油を薄く引いて生地を流し込む。


すぐに、ピザ用チーズを輪っか状に置いて周りにハムを。

中心に卵。


焼けたら折って四角状に。



卵の塩梅で蓋をしたり。





お好みでパセコン、ブラックペッパー。




これが、けっこうお腹にたまって腹持ちがいい。





クレープ状に焼いてあんこ巻き。


画像





そば粉って使い勝手があるよね

と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村


記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8


プーチンの言葉・解読?ヒエログラフか、甲骨文字?

2016/12/20 13:42
来日したプーチンの記者会見。


テレビでは一文字一文字、何を意味するか



解読


していた。


まるで古代文字。


それほど、プーチンの会見の言葉は難解だった。




まるで…

エジプトの壁に書いてあるヒエログラフか、チャイナの古代文字の甲骨文字かぐらい?


日本だって、万葉仮名というのがあって解読できない歌もある。


*これは『熟田津に』の有名な歌。

いわゆる「夜露死苦」的な感じ。

画像




*これも額田の歌だけど、まだ読むことができなんですって。



◎ 紀の温泉に幸しし時、額田王の作る歌

  「莫囂圓隣之大相七兄爪湯氣 吾瀬子之 射立為兼五可新何本」




紀伊の温泉に行ってる?
斉明天皇のお供で行った時?


基本難読なものを読み解くには背景を考えること。
同じ使い方をしたものをさがして、どういう使い方をされているかを絞り込んでいくとか。





そうそう、ずっと前、原戸籍を集めて系図を作ろうとした時、当時(明治・大正・昭和)の戸籍係の文字が読めなくって大変だった。

戸籍がかりにも癖があって、思いっきり綺麗な楷書の人もいるけど、読めないほどの癖がある文字も。
さすがに公的文書なので草書とかはないけど、癖字がいちばん困った。


そこで、癖字のこの人のほかの文字をさがして整合性をみつけ、さらに背景を調べて(時代とか)いくと、だいたい読めていった。



解読ってそういうものかな、とプチ体験したっけ。





と、前振りが長かったけど…




プーチンの言葉をもうそりゃ一文字一句書き出してスタジオで解読してた。

「プライム・ニュース」だったけど。


スタジオには、鈴木宗男、佐藤優。

ロシアのエキスパート。

エキスパートであり、前日、当日の朝まで佐藤優は「ぶっちゃけ、2島は返ってきます」と豪語してたけど。




どんな解読しようが、今回の会談では2島は戻ってこなかった。


それについてはマスコミが「2島返還」と煽って、返還されないことで「安倍下げ」を画策したのは明白だったけどね。



マスコミや評論家も今回の件では二分。

みんな必死でプーチンの言葉を読み解いたけど…




「これは、あれを指すのか」


「これは、あの時と同じ意味だと思っていいのか」




侃々諤々。



庶民のわたしなぞ、さっぱりわからん。



当たり前だと思うよ。



この曖昧で含みがありながら強気だったり、ちょっとわざと隙をみせたり、人参ぶら下げてみたり…



これが外交。


どれだけ相手をだますことができるか、だもん。



腹の探り合い。


どんなに世界に向けて会見しても


「何言ってるのかさっぱりわからん」



は当たり前だと思う。








数日後は「天皇誕生日」。



わたしは「日の丸リース」を作った。


画像





誕生日の会見ではまたどんな言葉を発するのか。
政府も宮内庁も戦々恐々しているとか。


また、爆弾発言とかしたら国中、大騒ぎ。




って、こんなに国民の心をわずらわせ動揺させるって…


天皇としてどうなんだろうね、と単純に思ったわ。





そして、あの夏の「お気持ち表明」とかいう「単なるわがままビデオ会見」で、日本の国論は二分化され知識ももたない庶民さえ、あーだこーだ。



論客たちも二分化。

保守も二分化。



「陛下のお言葉だ。

黙ってきくのが臣民だ」




「いや、陛下に憲法やぶりをさせてはいけない。

天皇制廃止を求めている左翼の思うつぼだ」





歴史学者たちも過去をひもといてあーだこーだ言ったのをいくつか聞いたけど、どれも学問的には納得いくけど現実の人物をあてはめて考えると「ムリ」。


実際、今上陛下がされていることを今の東宮ができるか、というと否。


両陛下がおかぜを召されて公務を休まれている時に、後継の皇太子はビオラを弾いて遊んでるニュース。

愕然としたわ。



草むしり奉仕団に一度も挨拶もしない、また外国の要人を自分ちの玄関先にもで出迎えない妃殿下が、どんな


「慈愛の皇后」


になれるのだろうか。


想像もつかない。





話を元に戻すと、プーチンの難解な会見は外交だから当たり前。




でも、今上陛下はたしかあの時、


「国民に自分の気持ちをきいてもらう」


のが、目的。




だとしたら失敗の文章。



あの文章をみんなが「どうにでも解釈」したから。

解釈がいく通りもできたから。




つまり、国民に使える術として大失敗の文章だったということ。


自分の気持ちを国民に伝えたいと思うならば


「誰がきいても同じ」

に聞こえなくてはならないはず。


なのに結果は知っての通り。



・解釈が幾通り


・国を二分した


・政府を動かした





これがなんの「平成の玉音放送」か。


玉音放送とは、国の大事の時に天皇が国民の心をまとめるためにするもの。


終戦の日。

みな、武器解除せよ、と。





今回ほど、ばかばかしかったものはなかった。


ただのわがままな年寄りが「しんどいからやめるわ」宣言になぜ国民が右往左往。
ばからしい。



びっくりしたのはここ。

「自分が死んだあとの行事がすごいので、家族(東宮のことらしい)が大変でかわいそうーーー」



これ、単なる普通の家じゃないから。

天皇のお葬式は国家の大イベントだから。
一大プロジェクトだから。



能無し長男夫婦がしんどいから、とかの問題じゃないから。

そこすらわかってなかったことに、ボウゼン。




プーチンの会見の言葉と陛下の言葉。




難解でいいプーチン。


あらゆる国民が一つの解釈としてきける文章を書くべきだった陛下のお言葉。


変にこねくりまわして、一体何がいいたいのかさっぱりわからなかった陛下のお言葉。

誰の作文だろうか。
似たような文を書く人いるよね。
陛下の身近に。




二重否定して肯定にするみたいな、ひねくりかた。
  ↓



「大切じゃないものなんか無い!」

と、クラウドくんはセフィロスに叫んだけど…

クラウドくんはええねん。
クラウドくんだから。





脱線したけど、言葉というのは使いようなんだな、という雑談でした。







がんばれ、日本と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




記事へナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 9


『ドラクエ4』に見る国防の意味「静かに暮らしたかっただけなんだ」と勇者は願った

2016/12/18 16:02
ドラクエシリーズの中で、一番好きなのは4』。

来年の5月には『11』(11)が出ま〜〜す♩
プレステ4から。
もちろんゲットするつもり。
その前に『FF15』だね。




と、前置きはさておいて。


先日の、「沖縄オスプレイ不時着事故」についての記事。


http://bibi07.at.webry.info/201612/article_14.html

すると、


「オスプレイはいけない。

沖縄の人は、静かに暮らしたいだけ」



という趣旨のコメントをもらいました。






「平穏に暮らしたい」

人類の願いですね。




そういえば、同じことを願った子がいました。




「ぼくは、ここでただ静かに暮らしていたかっただけなんだ…」

と…



誰が願ったのでしょうね。






『ドラゴン・クエストW』から国防の基本をおさらいしましょう。

こどもでもわかる「国防の意味」。


主人公「勇者くん」の章のオープニングを例にとってみました。



絵@えありす

漫画仕立てのは、ずっと前に描いたものなので下手くそですけど。


---------------------


『ドラゴン・クエストW』の主人公の勇者くん。


*左の子。
右は仲間のアリーナ姫でショコタンが舞台でやった役です。

この絵はわたしがよくバナーに使ってますね。

翡翠色の髪を持つ勇者くん。

画像
絵師@えありす



山奥の小さな隠れ里に住んでいる勇者くん。



みなしごの彼を育ててくれた村のおじいちゃん、おばあちゃん。

剣術を教えてくれた村の戦士。

姉のように恋人のように彼を慈しみ、時に魔法を教えてくれた幼馴染のエルフのシンシア。


やさしい村のみんな。




「ぼくは、この小さな村で静かに暮らしていたかっただけなんだ」




だが、山奥のこの小さな隠れ里にその厄日は訪れるのです。



目的は「勇者くん」の抹殺。
勇者くんの力がまだ小さいうちに抹殺。



魔王とその配下によって村人たちは皆殺し。


シンシアに地下室に隠された勇者くん。


シンシアは変化の魔法で勇者くんに姿を変えて襲撃者たちの前に出ていくのです。
そう、身代わりとして。



ようやく地下室から出てきた勇者くん。
あたりは静か。


村は地獄絵と化していたのでした。

画像




自分の身代わりになったエルフのシンシア。

画像






自分の腕の中で消えていく愛しいシンシア。


画像




自分に力がないばかりに…

自分が弱いから…シンシアや村の人たちを守れなかった…


ぼくは、ぼくは…




画像





彼は失意のどんぞこから立ち上がります。



画像



「強くなりたい」

「強ければ、誰も死なすことはない」

「もう、誰も死ぬところはみたくない」




彼は強くなっていきます。

伝説の武器・防具を身につけ、旅の途中で信頼できる仲間を得ます。

仲間を得てみんなの力で次々と起こる困難に打ち勝っていくのです。


------------------------------------


「静かに平和に暮らすだけでよかったのに」

と、願った勇者くん。


でも、敵には関係ありませんでした。



敵は相手が平和を口にしても、その者を容赦なく殺します。






「進撃の巨人」では、平和に暮らしていたはずのエレンとミカサ。

いきなり壁がやぶられ巨人たちは人間のエリアに侵攻してきましたね。

巨人は容赦なくエレンのお母さんを目の前で喰らいました。




「強くなりたい。やつらを駆逐してやる。一匹残らず」

エレンは誓うのです。

ま、巨人のほうからしてみたらたまったもんじゃないですね。
本能のまま、人間を捕食してるだけなんですけど敵視されてうなじを掻き切られてしまうんですから。

まあ、リヴァイなんてすごいですもん。

余談でした。






説明するまでもなく、「ドラクエ4」は国防にうまく置き換えられます。

国防と、同盟の大切さ、集団的自衛権を見事に描いていました。






ドラクエの中に登場する様々な魔法の呪文。


その中に「トヘロス」というのがあります。

この呪文を唱えると主人公君より強い敵は出てこない、という魔法なんです。


サクサクゲームを進めたい時、
目的地に早くたどり着きたい時に、
モンスターと戦いたくない時、

わたしもよく使いました。


主人公君が弱い時は、どきどきしながら村へ向かったものです。



でも、主人公君が強くなるとモンスターは襲ってこないのです。

大事なことなので2度言います。


「主人公くんが強くなるとモンスターは襲ってこない」

のです。



まさに自衛隊のこのキャッチです。

「誰よりも強くなる。

誰とも戦わないために」





画像





「じゃ、相手よりもっと強くなればいいじゃん。
限度がなくなるじゃん」


と、アホはいいます。


ゲームではレベル99が普通です。

マックス。



つまり、力が互いに大きくなると人類は力の均衡によってバランスをとります。


手を出し合いません。
グラグラしながらも手は出しません。


これが、抑止力でもあり、また「平和」とよぶのかもしれませんね。






こどもでもわかる国防の意味。

理解できない人はこども以下だということでしょう。

うちの子は、小さい時から母親(わたし)がやってるドラクエやFF、その他(数年遅れの中古のソフト)を眺めて育ちましたので、国防など教えずとも理解しています。





世界史の中でもがいた人たち…アジアやアフリカ、アメリカ大陸の民族たちはみな思っていました。

「静かに暮らしていたかっただけなのに」

と。



白人の列強国が艦船を率いて上陸してくるまでは。


戦う意思も術も武器もなかった彼らは皆殺され滅ぼされました。




インドは1500年代には侵略され、ずっと白人の支配下にあり「セポイの反乱」(今は、別の呼び名で習うらしい)で、少し抵抗するも独立はかないませんでした。


第二次世界大戦後、日本の後押しもあって独立したのは有名ですね。





話を元に戻すと『ドラクエW』で国防の仕組み、理論がよくわかったと思います。




でも、今回のコメントを書いてくれた前からの「常連さん」のこの人には理解できないと思います。
何度も、同じようなことを言ったのですけど、理解は永久にできないでしょう。



思い起こせば…


シールズに関してわたしが書いた時、


「シールズはすごいんだ。
がんばってるんだ。
勉強してるんだ」


と、シールズを応援しました。
これが来訪の一番最初だったかもしれません。


ということはもう一年以上前からの付き合いです。


その後、安保法案が通った時にもコメントをもらいました。


いつも同じ論調。

「安倍がわるい」的な。





ガソリーヌ山尾に触れた時は、


「安倍さんのガソリンのほうがすごい」


と、総理と単なる一議員との差を忘れて山尾を擁護しましたね。





時には

「人権についての憲法条文を省こうとしている自民党は悪い」

と言っていたので

「だぶってるからだけど…?」

と、返事しましたけどバツが悪いのか、スルーでしたっけ。





クイズ王、コニタンのあほっぷりを書いた時も


「小西議員は勉強している」

と、小西議員を応援していましたっけ。
ま、彼は机上でのお勉強は得意でしょう。
学歴もすごいですし。




いろいろやり取りの後、

「もう、二度とこない(わたしのブログに)」

と言ってましたけど、名前をかえて何度も来てくれてます。




わたしは、来る者は拒まずなのでコメント拒否もしないですし削除もしません。
よっぽど意味不明の悪辣なコメントは削除しますけど、それも滅多にありません。



彼女(女性だそうです。こどもや姑の話をしてくれたので)も、同じ思想のブログに行ってお話しをすると受け入れられると思うのですけど、わたしの所に来てくれます。


わたしから散々、反対意見を聞かされて辟易して去ってはまた来ます。

おそらくわたしの事をスキなのでしょう。
でないと、こんなに何度も来ないでしょうし。


それでも、この人は「私は愛国者だ」と言います。

自分の国を嫌いだと言う人はいないでしょう。

いい国だろうが、生きにくい国だろうが「生まれた国を思う心」はみな同じですから。







わたしは、彼女の考えを変えようとは思いません。
経過をみると変えられるとも思いませんから。

1年以上もわたしのブログを読み続けているのに、理解ができないからです。




彼女が変わるに要する思考の回路を持っていないので無理だと思うのです。

彼女もわたしの考えを変えられるとは思ってないでしょう。


でも、何かわたしに言いたいのでしょうね。

だからわたしはいつも応えます。
時にはきつい言葉を使って。


きつい言葉に「そんなん言わんでええのに」的なことを言われちゃうこともありました。
ごめんね。





でも、今回の


「沖縄の人は、静かに暮らしたいだけ(だからオスプレイは要らない)」発言


には、仰天しました。
椅子からひっくり返しました。


厳密に言うと椅子ではなく二人がけソファですけど。



こ…ここまで…%&$#)(`=〜なのか、と。







「静か」というのは何をさすのか。


もともと、この筋の人たちの思考の元での発言で使う単語は「曖昧」なのです。
主語や目的語も不明。



今回の「静か」もなにを指しているのか不明ですけど、おそらく「オスプレイや米軍がないと静か」だと言いたいのでしょう。




人によって聞こえないもの、見えないものがあるみたいです。



基地反対派のあの大騒ぎ。

ゾンビのようにフェンスにしがみつき揺らす反対派。
「バイオハザード」並み。

わたしは映画ではなくゲームで激しく怖かったですけど。





道路封鎖の違反。

汚い言葉、脅迫の言葉。



なぜか、ハングルの文言。
中華文字の文言。


見えないようです。




中国軍艦の侵攻は騒音に見えないのか、あれは静かなのか。


空自の戦闘機が中国の戦闘機からロックオンされても騒がないのに、なぜか同盟国のヘリが落ちたのを騒ぐのか。

ロックオン事件について書いた記事


http://bibi07.at.webry.info/201612/article_10.html



南沙は静かなのか。
中国の戦闘機は静かなのか。

軍靴の足音の主はどこなのか。


中国の軍靴の音は聞こえないのか。

北朝鮮のイカれっぷりは見えないのか。


ついでに、韓国の「日本は敵だ」の声は聞こえないのか。






「都合の悪いものは聞こえません。見えません」

蓮舫のような思考回路の持ち主。




一度、自分の思考回路を箇条書きにして整理してみるといいと思いますよ。
このような人は。

どこかで破綻するのに気付けばそれなりの頭があるはず。

気づかねばそれまでの脳みそ。







わたしはいつも言っています。



国防は感情で語るな。理論で考えろ



と。




例えば…

小学生レベルの平和教育。



先生が悲惨な戦争の写真を見せてこう言うでしょう。


「ほら、あなた方のような小さい子も殺されるのですよ。
戦争は恐ろしいですね」


「だから、戦争はしてはいけません」



「平和が一番大事です。

決して戦ってはいけません」



「みなさんも、平和を守りましょう」




と。



こどもたちは、


「うんうん、平和って大事だよね」


と、その時は思うでしょう。

そして「平和を口にする自分って素敵」と。




でも、少し賢い子は先生に問うかもしれません。




「先生、平和になるにはどうすればいいのですか?」


「先生、平和とはどういう状態をいうのですか?」



「もし、どこかが攻めてきても戦ってはいけないのですか?」




と。


これに答えられる教師でないと平和教育はできませんね。




広島、長崎の原爆記念館にいるという語り部。

彼らも同じです。

彼らは淡々と事実を伝えればいいだけです。
思想を入れて話すから、あとで問題になるのです。




話があちこち飛びましたけど、国防は国の根幹。




外交も経済も軍事力が後ろ盾になってこそ。



アヘン戦争思い出してください。

高校で世界史とってなくても中学ではざっと習うでしょう。



イギリスがチャイナにやったこと。


「アヘン買えよ」


「いやですーーーー」


「殺すぞ」


「買いますーーーー」





チャイナはこの時、どうしたらよかったのでしょう?




「弱いとこうなる」という自国の歴史を苦々しく思い起こしているのでしょうね。



だから、チャイナの気持ちはわかります。
いま、必死で頑張って軍事力をつけているのは過去を思い出しているからでしょうかね。



さて、長くなりましたけど、もともとわたしは極端なノンポリ。



な==んにも考えてないノンポリでした。



日々、国がわたしのような者を守るために必死で戦っているのも気にせず好き放題。




そうそう、『犬夜叉』で、弥勒様がみんなを守るために結界(バリアー)を張ってますよね。

ものすごいパワーを使って。


魑魅魍魎、魔物はそれにはじかれてその中に入ってこれません。


結果の中の人たちは、弥勒様に感謝します。

「もう、いいです。弥勒様。

戦いますから」


と。



わたしは、きっと弥勒様の結界のことなんぞ目にも入らず結界の中ですごろくでもやって遊んでるヤツで、みんなから白い目でみられてる役どころでしょう。


「あ?なにかあってるの?」

とかがセリフ。





ふと、見上げると弥勒様が命がけで結界を張ってる。

MPがゼロに近い。
HPをMPに換えてるから、HPももうない。


命をけずって守ってくれてる…




「弥勒様ーーーーー」



気づいた数年前のわたしです。







これ、現実なんですよね。


わたしたちが、

「もうすぐ、クリスマスだし〜〜

ケーキは〜〜」


とか、言ってる間も日本の海、空では命をかけて我らを守る人たちがいる、という事実。


同じ国民。

同盟国の兵士。



これを忘れて、それらを非難する者がいるのを見るとヘドが出る、ということでしょう。





「ドラクエ」がなぜ、30年も愛され続けているか。



それがこたえです。





がんばれ日本、と思ったらぽちっとね

このバナーが「ドラクエ4」ですわ。





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村





記事へナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8


日の丸国旗リースを作ってみた

2016/12/17 13:38
ゼネコン勤めだった父を持つわたしは、小さいころから転々。
転勤族のこども。



どこに行っても父は祝日になると玄関先に国旗を出していた。


東京のメゾネット式の7軒長屋式の社宅の玄関にはずらっと日の丸が出ていた。



大阪にうつってからも、借り上げ社宅の小さな平屋でも門に日の丸を出していた。
近所もずらっと日の丸が出ていた。


地元でも父が国旗を出す役目。



でも、父が亡くなってから誰も国旗を出さない。

実家の玄関にしまってある国旗を広げてみた。


先の金色のボールはそのまま。


だけど、国旗の生地にはシミができてみすぼらしくなっていた。





そういえば、うちにも国旗はない。


旗日でも国旗を出すことはない。





そこで、リースで国旗を作ることに。


いつもは無いけど、クリスマスが近づくと100円ショップにはリースの材料が並ぶ。





リースと似合いそうな飾りを買ってきた。


日の丸が問題。

ネットから国旗を拾って印刷。

いろんなパターンがあって印刷しては却下。



大きさを考えて印刷。

写真用の印刷用紙にすればよかったかな、と後から。


印刷した日の丸を紙で強度をつけセロファンで包む。
裏から取り付ける。




でーきた。


って、ここまで試行錯誤だから時間はかなり。

買いに行く時間もあるしね。



*下げてみた

画像





国旗をもうすこし小さくしてもいいかな。

こういうのはなんでもバランスだよね。


最初は日章旗と旭日旗がクロスしたのを選んだけど遠目でみると何かよくわからないので却下。


画像




風にはためいてる風もしてみたけど、なんか変で却下。


画像







いつもクリスマスリースや正月リースをかける場所にひっかけて、玄関に下げてみた。



画像







うん、とりあえずいいんじゃない。
目立たず主張もせず、さりげなく祝う。




近々の旗日は天皇誕生日。




ま…

なんですな…(って、意味不明…でもないけど…って)





寒いね、と思ったらぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村



記事へナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 6


まだ、オスプレイ?をネタにワイワイ?

2016/12/16 19:47
この前の震災の時、南阿蘇は孤立。


国道は寸断。
俵山トンネルも崩壊。

崩落した通称「赤橋」。(とっくに塗り替えされたけど)




当時は、県の中心部に住むうちも断水。
水道局まで行き、水をもらいに並んだ。



県北は全く影響は受けていない。
地続きならば県内でなんとかなる。

だけど寸断された南阿蘇は孤立。





自衛隊の初動は早かった。

翌朝にはご飯が配られた。



政府はいち早く「護衛艦ひゅうが」を八代港につけ、「ひゅうが」からオスプレイ2機で阿蘇にとんだ。







先日、後日談として南阿蘇の人から直接聞いた。



「オスプレイが町内グランドに降りて、物資をたくさん下ろしてくれた。

有り余るほど。
助かった。

あまってもったいないから、かえって物資の足りない中心部に運んだ」



とのこと。






さて、今回の事故。
実家の母は、こう言った。


「いつか落ちると思った。

言わんこっちゃない。こぎゃんと(こんな危険なもの)」


と。




「ちょっと待て」と。


母の情報源は朝から晩までテレビのみ。


その「言わんこっちゃない」はどこからくるのか、ということ。

そこで、わたしは言った。



「事故という現実は別にして考えよう。

『恐ろしか』という感情ではなく数値で考えてみて」



と、その場で事故率や騒音の事実を携帯で調べて教えた。




母は


「ありゃりゃーーー。

そぎゃんかい。(そうなのか)」


と、驚いた。


「そう、マスコミにそういうことを刷り込まれたんだよ」



と。



「やっぱ、マスコミは油断もすきもならん」


と。



母は、雑誌「正論」などもときどき買って読んでたし


「NHKは、そんなに日本が嫌いなのか」


というようなタイトルの号の時にはマスコミに憤慨してた。
そういう下地があるから、速攻で理解できたのだとは思う。






さて、そもそもだけど…


オスプレイってなに?




*たくさん荷物を積める

*たくさん人間を乗せられる

*飛行距離がすごい

*飛行速度がすごい



たんなるヘリコプター。


輸送ヘリ。

戦闘機でもないし、輸送ヘリなだけ。



それだけ。

ヘリ。

ヘリコプター。


それだけなのにね、この大騒ぎ。







騒音?


危険?






騒音は数値でいうなら従来のヘリと変わらないか低いらしい。

でも、静かなわけはない。

当たり前でしょ。

無音なわけない。

あんな長いヘラ状のものがバラバラ回ってるんだから。
相当、風を切る音がするだろうしエンジン音だってするでしょ。


車だってあんな音するんだから。


「騒音がーーーー」

と、オスプレイ「だけ」に言う不自然さ。




震災の時、うちの家付近の上空を早朝から毎日ヘリの音がすごかった。


バリバリバリバリ…


と、何事かと思うほど。
庭から上を見上げると、飛んでる飛んでる。



自衛隊のヘリ。


マスゴミのヘリ。






それに平常時、このあたりは、阿蘇の空港に向かう飛行機が旋回して高度を落とすちょうど下あたり。

飛行機の機種によってはかなりの音。

時には、家の中の作り付け窓のステンドグラスがガタガタいう振動。

これが1日約100便。


でも、これらに、ぎゃーぎゃー言うか、というと言わない。


でも、もしアシアナが上を飛んでたら怖いと思うかもね…



だから、オスプレイも普通にうるさいと思う。

他のヘリもたくさん飛んでるんだから、総合的な騒音ならそうだろう。
でも、オスプレイだけ取り上げるのは不自然でしょ。






危険性?

未亡人を作るへり?

開発中の時のことね。

そりゃ、今までと違うヘリなんだもの。
開発は難しいと思う。



で、実用されてからの事故率は大韓航空機以下。

ソウルで地下鉄に乗るほうが危険率は高いかもね。




母に、そういう事をいうと


「じゃ、なんでこの人たちはこぎゃん気のおかしかごつあるとかい?」

と、プラカード掲げてワイワイやってる人を指す。

年寄りをもってして「気がおかしい」と言わしめるほど、みっともない。




それはね…と、この人たちの素性(国籍など)も教えた。


「ありゃーー」

「金、もろとるとかい」

「市民にプロがおるとかい」

「まーーた、アレたちの仕業かい」







そういえば、ネパールの大地震の時にもオスプレイが空中給油しながら救援に行ったけど、左さんはなんと言ったか。



*「埃を巻き上げた」

→埃より人命のはずだけど


*「国産のヘリならいいのに」

→国産ってネパール日本じゃないし。それに飛行距離どうする?




という具合。





ね、なんてことのない輸送ヘりにここまで大騒ぎするにはワケがある。



この飛行距離の図。
これがこたえ。

どこまでをカバーする?



画像




*左さん→中共の手先だと思っていい


*オスプレイさん→すぐ飛んでいける




上記の二つを結びつけると納得でしょ。



母も社会情勢をそこそこ理解しているから、すぐに理解した。






だから、沖縄にいる左翼団体、プロ市民団体がお金をもらってワイワイ。



で、マスゴミは沖縄米軍トップさんが言ったことを捏造。

「民家に落ちなかったから感謝しやがれ」

と言った、と大騒。



→嘘でした。



ということらしいよ。



--------------------------


・夜間空中給油訓練

→軍事訓練は最悪の時を想定するので夜間の訓練も当たり前





・ホースの不具合。ホースが当たる

→プロペラに影響




・普天間に戻らずに海の上を通ってキャンプシュワブへ帰還しようと

→途中、やばいので不時着をこころみる。




・不時着。着水。5人中、けが人二人。

→浅瀬で機体が岩にゴツンゴツン。壊れましたとさ。


---------------------だって---------

ずっと前、訓練中の自衛隊機が事故って市街地に落ちないようにギリギリまで遠くに行って落ちたのよね。
脱出できるけど、ギリギリまで操縦してたの。
で、殉職。



きっと、このパイロットも機体の異常に普天間まで戻らず海へと行ったのかな、と。

必死だったと思うよ。


けが人ですんでよかったと思う。





墜落したらあんなもんじゃないでしょ。


ハドソン川でのあの事故。

あれも不時着だったよね。

最後までパイロットが川に誘導したって、あれ。



日航機は墜落。




ま、だいたいの構図は見えてる人には見えてる。





もう、左さんたち大喜び。

中には落ちることを願ってた左さんたちも。


翁長さんも「しぶしぶ容認」したから沖縄2紙に逆に叩かれて窮地だったけど、息を吹き返して

「法治国家じゃない」

とか、意味不明のことを言ってた。


まずは「パイロットも乗組員も無事でよかった」と言えないバカ知事、副知事。






さて、機体に不具合がなかったにせよ、事故は嫌なのは嫌ね。

誰でもいや。



だから「こんな危険なもの(棒)」は普天間あたりを飛ばせたらいけないよね。


ということで、とっとと辺野古に行ってちょうだいな。




辺野古、行かせたくない?


え?

普天間がなくなると金がもらえない?



あ…






普天間嫌。
辺野古嫌。
米軍嫌。



じゃ?




蓮舫みたいになんでもいやいや言ってるんじゃないわ。


じゃ、どうすれば?
と語らないかぎり説得力ゼロ。




米軍に出ていってもらって自衛隊を日本軍にして核を持って軍備費をGDPの2%にして、自分は自分で守る。
そしたら、ヘリだって戦闘機だってなんだって自分たちで作ることができて、内需拡大。





が、一番だと思うけど。

無理でしょ。


米軍が日本にいるのは日本のためじゃなくて、自分たちのためだし。




と、雑談をしました。




日本がんばれ、と思ったら
ぽちっとね



にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村






記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10


続きを見る

トップへ

月別リンク

えありす万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる