雨の日の台所仕事

じゃがいもがやたらあったので、ポテトチップス。


画像



と、


マッシュポテトにして冷凍。


画像




大好き大根おろし。

大根おろしとポン酢があれば最強。
魚でも肉も。



半本ぐらい平気でいける。

画像


だけど、手が痛い。

親指の付け根がだいぶ前から痛い。

いわゆるガングリオン。


で、大根おろしはずっとフードプロセッサー。


画像



うちのフードプロセッサーは値段以上に活躍してるはず。

みじん切りもこれがあると怖くない。




「通訳なしで」すんばらしい~

G20でたくさんの外国の人たちが、来日、来阪。


フランスのマクロン大統領が御所に。
マクロンさんと言えば、学校の先生を女房にしちゃったあれ。


日本でも実際前、あったと思う。
音楽の女子教師と一緒になったの。

それはいいとして、れーわコンビって『通訳無し』がトレンド。


すばらしいわ。


二人とも仏語も堪能だとか。

たしか、れーわ夫はスペイン語も流暢だとかで、娘もできるって書いてあったわ。
そういえば、何年か前、スペインの薄っぺらい冊子を持って娘の誕生日の画像があったはず。



夫婦で通訳なし。

きっと、知ってる単語を並べてたりして…



ボジュ~~~~ル~~クロワッサン~~

ダーバン、’#”%)=’&(%!”%)=0(&%$#

おフランスでざます。

すんばらしいわ~~
素敵~~~~~~~








画像


おいっ!!!こらっ!!




昼食会には、海外訪問中の秋篠宮両殿下の代わりなのか眞子さまと、佳子さまが。
マクロンさんの右隣は眞子さま。眞子さまの右はヒゲの隊長さん。



*眞子さまとお話しをする仏大統領。
そっちを見るれーわ妻。

「そんな小娘みないで、おい、ちょっとでいいからチューさせろよ」と言ってるかは不明です。

*後ろ姿の通訳かの女性のヘアスタイルは下妻さんと同じカテのヘアスタイル。
せめてこのくらいにしてくださいな。
れーわ妻は、もみあげ部分が変。
襟足が変。
ひっつめたアップは前から見たらオッさん。
ウェーブを出したり、編み込んだりできないんだね。

ゴムでくくって二つに分けてぐるぐるして、Uピンで留めただけ。
素人がしたってまるわかり。


※絶対に拡大しないでください。それでももし、拡大するなら事前に飲み物は飲み込みましょう。
太田胃散はしっかりと飲み込んでおいてください。
電車の中では見てはいけません。

画像




デジャブ感。


*東京サミット。れーわ妻のあっちはエリツィン。
「ロシア語で寝言を言う」ほどロシア語が堪能だと当時。

あらら…もしロシア語が堪能だとしても、それを使って何をお話しするかよね。


紀子さまとクリントン。
女好きとしては黒髪の若いプリンセスとかたまらんだろう~

画像


これは静止画像だけど、動画もあって、この時のれーわ妻は紀子さまを睨むんだけど目の玉を上から下に動かしてるのよ。
じろじろ、と。


こんなに目の玉ひんむいて…

恥ずかしい~~こんな下品な目つきする人、庶民でもいませんわ。

でも、目の玉剥いたりぐるぐるさせたり、おかしげな目つきをするのは平常通り。平壌。(他意はありません)


今回の仏大統領の来訪。

ドタ出ね。


画像


フランスの大使館とか外務省とかからのご進講に妻は出てないもの。
お勉強はしないで、気が向いたので出てきて一発勝負。
あげくに、相変わらずの「手刀ふりふりダンス」。



白人が来るとなったら張り切りますとも!

案内は職員がしてるのに、あの手を必死で動かして、

「こっちこっちこっちーーーーアタシの横、アタシの横、ハアハア…白人ハアハア。若い白人の男…ハアハア
早く、こっちこっち、座って、ハアハア、ハアハア早く、早く~


(あくまでイメージです)





さて一方。


秋篠宮両殿下はポーランドのワルシャワに到着。






<ちょいと簡単なポーランドの歴史>

ポーランドって1000年も前にできたのに、モンゴルからやられちゃったりと、大変だったみたい。


ドイツからも攻められたりしてたけど、リトアニアと集団的自衛権、同盟を結んでドイツをやっつけちゃうみたいよ。

1500年代に王朝がなくなったらなんと「王様を選挙で選ぶ」ことに。

不思議ね。
それでは王様と言えないんだけど。

でもそこから仏王になるアンリ3世さんが誕生ですって。

欧州一強い国になったとか。

せっかく強い国を作ったのに、オスマン帝国から侵攻されてお金もなくなって、1700年代にはロシア、プロイセン、オーストリアから分割されたり。

時代は弱肉強食もいいとこだもんね。
どんどん食われていって…

ナポレオンが傀儡国家としてワルシャワ公国が。

でも、あかんようになってロシアにぐちゃぐちゃにされ、WW1でわやわや。

あとは知ってのとおり。


ショパンが有名。

-----------------


海外訪問した時はかならず兵士のお墓に。

画像


画像




<ザ!通訳なし!!!>

画像



動画を見ると、雑談中、秋篠宮殿下が妃殿下をさして何か言われてたから、多分、「妻は来たことあるって」と言ってるんでしょうね。

基本、英語だと思うんだけど。
すると紀子さまは何か答えてるので「~の頃に来て~をして~が印象的だった」とか言ってるのだと想像。


※紀子さまのバッグが縦になってるのは、膝に置く前だから。
言っておかないと、変な事言う人がいるからね。


画像



ニュース動画からのキャプなのでちょっとはっきりしませんけど、和装。

能を鑑賞。

画像


はっきりした画像。↓拡大すると着物の柄は、松と…わからん…
指輪と帯留めは真珠。
よくこれをしてるから、あんまり持ってないのかと。


上こーごーは、少しはあげてほしいわ。どっちにしても私物ではないのだから。
自分は使わずとも、ひとには使わせない、という意地悪さんなのかな?
欲張りね。
蔵を作って「栄光の日々」として、あの変な帽子や、宝飾品を並べて楽しむとか?

画像


通訳なし

画像



豪華ね。


夫人の赤いお帽子。
かわいいわ。

皇族が帽子を被るのを知って、最大限のおしゃれをしたのでしょう。
おしゃれは自分のためだけではなく、相手への敬意。
それは化粧でも同じ意味。


赤と白で、日本の国旗の色。



上こーごーのお皿帽子ってあれ、一体なんなんでしょう。
うちの母も「皿んごたる、こぎゃんとば、頭にのっけて見苦しか」と素直な感想。

画像




歓迎されてもらってよかったわ。
たくさんの画像が検索すると出てくるのでどうぞ~~

容量の関係でこのくらいで。
わたしの画像掲示板ではTESSさんがたくさんみつけてきてくれ貼ってありますので、どうぞ。




海外の国、とくに王室がある国は今回のトランプ来日に始まってのことはつぶさに観察してるでしょうね。

夫がどんなか。
妻がどんなか。




ま、そういうことで、秋篠宮両殿下も「通訳なし」なので、マスゴミは



絶賛しなさい!



※誤字脱字、訂正加筆はのちほど。

入院、雑談

入院してすぐ手術だった。

手術服に着替えたりしてたら、無印良品のネイル落としと脱脂綿を看護師さんが持ってきた。

手はラメにしていたので、落としにくい。
足の指のはお腹が痛くて取れない。


とりあえずそこそこ取っていたら、看護師さんがダメだし。
取ってくれた。



あ…


デジャブ感。
そうそう上の子の出産の時、同じシーンが。


というのも、友達の結婚式の二次会でマイク持って調子こいて歌っていたら…

「う…あ…」





36週。
このままでは、未熟児だと産院で判断され市民病院へ。


結婚式の派手なネイルを工業用アルコールでゴシゴシされたっけ。



今回も、なぜに?
爪の色を見るとか思ってたけど…



ちがった。


ドラマでもよく指先になにか挟んでいるシーンを見る。

あれって酸素の濃度を測るものだって。





酸素マスクをとすると鼻にだけ酸素を送るチューブのがぐらいだと、看護師さんに教えてもらった。


酸素マスクはうっとおしい。
鼻のもうっとおしい。


取っていたらまた付けられた。

「めんどうですものね」と同情されて、実験。


普通は数字として98とからしい。

でも、取ると93まで落ちるので「やっぱりつけといて下さい」だって。



しばらくして、また実験。

はずすと、落ちる。


「深呼吸してください」というので数回。

すると、そこそこの数字になったので「もういいですね。はずしましょう」と。


点滴からの解放の前に酸素吸入器から解放。
点滴も二つぐらい袋を下げてるし、酸素の管もあるし、管づくし。





あれって酸素濃度を測るものだったのか…

拍数とか測るのかと思ってたわ。


知らんかったわ…

知らんことばかり。

だから面白い。




そうそう、手術の時、すんごいストッキング穿かされたわ。

よく立ち仕事でむくみ解消のために、というのの医療用。


エコノミー症候群にならないようなきついストッキング。
履くのも苦労。


聞くと、手術中に血液が滞らないようにマッサージのようなもみもみ機械に足を入れとくんだって。
そういえば、そんな風だった…


今は、至れりつくせり。
ストッキングは持って帰ってきたけど、こんなの履く気はない。

きつくて履けないし、履く理由が見当たらない。



麻酔、といえば…


大抵の人が歯医者での麻酔は経験済みかも。
親知らず抜く時。


わたしもあり。

上手な医師だったので、思いの外早かった。
麻酔が切れるころ、わたしは帰宅の運転中。

だらだらと血だのツバだのが出てきて、車にいつも置いているビニール袋にぺっぺ、しながらタオルハンカチで押さえながら帰ったっけ。
(車止めてぺぺぺぺすればいいのに)



下半身麻酔は恐ろしかった。
これは、バレーボールで怪我した手術。
足首の腱脱臼の手術。

骨の間から激しい力によって飛び出してしまった腱を元に戻し、くくるもの。
今でも、溶けない糸が入っていてそれがゴロゴロするので正座しにくい。



下半身麻酔は

1、手術への恐怖をとりのぞく注射を肩にする。
これが死ぬほど痛い。
恐怖なんかよりこっちが恐怖。


2、脊髄に麻酔の注射をするのにその麻酔の注射の痛み軽減の注射をする。
なんじゃそりゃ。


3、その後、思いっきり丸まって脊髄に。



「痛いですか?ここ」チクチク

「ここは?」

「ここは?」

「あ、効いてきてますね」


右足首なので横向き。
あとは固定されて足だけ上の何かの台に。


手術室のスピーカーから流れる音楽。

だけど、患者の脈拍の音も聞こえる。


よく、自分の震える手を見てよけいにあがった(緊張した)というけど、あれ。

「あ、自分はこんなにドキドキしてるんだ」と思ったらもっとドキドキしてくる。



麻酔してるとはいえ、引っ張る感覚、なにかごつごつされてる感覚はわかる。

ただ、痛くないだけ。
器具をカチャと置く音、何かを取る音。

その音のたびに、スピーカーから脈拍の音。

それでまたドクドク…
こちらの内面がドクドクという音でバレバレ。


好きな音楽を持ってきてヘッドホーンで聞かせてよ。

だめか。医師や看護師の指示の声が聞こえないからね。



珍しい怪我なので見学医師が多い。
整形外科専門の病院。
スポーツ外科がある。

バレーボールで怪我した人はみんなこの医師の「手術仲間」。


切ったあとをギブスで固めるので痛すぎ。



全身麻酔は流産と今回。


流産の時は、神経か脳だけかは醒めているのか苦しかった。
理由はよくわからない。

麻酔から覚める時、吐いた。
流産は何度したっけ…

どうも作るのはうまいんだけど、育てるのはへたっぽい。




今回は、点滴から麻酔薬が。
盲腸レベルは手術台に二段の脚立で自分で登る。

脚立の前でサンダルを脱ごうとしたら「そのままで」ですって。

サンダルは後ほど部屋に運ばれてたわ。



実験。

「よし、人間はどこまで麻酔に抗えるかだ」


と、目をしっかりあけ天井の様子などなどを見て「気をしっかり」としていたつもり…

つもりだった。

2日、ろくに寝ていなかったのでおそらく爆睡。

麻酔に負けた。





名前を呼ばれるけど、「もっと寝かせてほしいのに」と目を開けなかったら、看護師さんたちがまあ、呼ぶわ呼ぶわ。

あまり心配させるのもなんなので、とりあえず目をあけてやったわ~


夫が「こっちこっち」と携帯のカメラ向けていたので、ついついVサイン。

どっちもあかんやつ。


布団の中から手を出してVサイン。
「生還したぜ」って感じで。


腕には点滴が繋がっているし、ぼんやり中なのでVをきちんと向ける力がなかった。

画像


これが調子よくなると禁止のお菓子を持ってカメラで遊んでいた。

つくづく、任天堂switchを持ってくるべきだったと。

画像



退院の時、ナースステーションに行って挨拶すると、「えありすさんが退院されまーーーす」と。
まるでホストクラブで「ドンペリはいりまーす」みたいな。(知らんけど)


ナースたちがぞろぞろ出てきて…


ええ?


エレベーターが閉まるまでバツの悪いこと。



今は、患者は客なのかなんなのか。
それでも、治って出て行く患者への見送りは誰の顔も晴れやかだった…


(前書いたウォシュレットで、やかましい患者が出て行ったと喜んだのかも)



ニコニコ顔の看護師たちにこちらも気持ち良かった。

そして、誰もあの変なお辞儀をしなかったこともよかった。

こちらもきちんとしたお辞儀をした。




※誤字脱字、加筆訂正は後ほど。



肉たたきに剣山を巻いてみた

グルメ番組で


「すごい~~

肉が口の中でとける~~~う」

とタレントがよく言ってるけど庶民には無縁。


わたしにも無縁。


無縁ならいいけどスーパーで買った肉をどうにかして柔くせねばならない。


肉たたきは昔から持っていた。


前の家でもよく肉を叩いていた。
階下の奥さんに「ドンドン音がするのはわたしが肉を叩いているから」と話していた。


「いいよ、いいよ、気にしないから」と言ってもらっていたけど、下に何か敷いてもうるさかったかも。



前、テレビでどこかのとんかつ屋の肉が箸で切れる、と言ってた。
そのとんかつで作ったカツサンドがとても有名だとか。


その作り方をやってた。


とにかく叩く、叩く、そして剣山のようなもので肉に細かい穴を作る。

広がった肉をまた成形。



なるほど。

ほぼミンチ状態にまでして整えてとんかつにするのか…





肉を刺す専用のグッズは売ってある。

画像




真似しよう。


画像


肉たたきに100円ショップで買ってきたミニ剣山をくっつけた。

肉の筋のあたりをブスブス。


庶民の生活って…

うん、こんなものか…



それにしてもかなり攻撃力のある武器。

ドラクエでいうなら


ひのきのこんぼう

どうのつるぎ

より上で

モーニングスター↓より下ぐらいかな。


画像





お笑い劇場…

弟夫婦が、

海外公式訪問の記者会見をした。


-------------

今年は日本との国交樹立100周年に当たり、両国の政府から招待があった。

宮内庁によると、ご夫妻は両国の大統領を表敬訪問するほか、国交樹立100周年記念レセプションなどに出席される。現地へは、政府専用機を使わず、民間機を乗り継いで向かわれる。

----------------
両国の政府から招待…

なるほど。





一方、兄夫婦は、ドタ出で今頃「こどもの日」の園訪問。


スケジュールになかったので、小池都知事の園訪問に便乗したに違いない。
スリッパ履いてニヤニヤの二人。

小池知事にはどう映ったか。



スケジュール真っ白にしておくと便利ね。

気が向かないと行かなくていい。

特技「体調の波」炸裂させておけばいい。


マスゴミに褒められたくて、気分が乗ったら出て行けばいい。

小池都知事に便乗すればいい。



ドタ出の芸術院賞授賞式も、皺だらけのスカートで出席。
ドタ出なので和服は却下。


今まではほとんどさぼってたけど。

「体調の波」がいい時、出てきてもみんな和装の時にひとりだけスーツだったことも。

これからは和装の機会が減るだろう、と言ってたらほんとだったわ。
ドタ出だし。

他の人は大変。
和装か洋装かどっちにしても準備しておかねばならないから。



弟宮には海外で是非、和服を着てほしいものだわ。

うんと派手なのを着てほしいけど、地味なのよねえ、これが。

高円宮家は下品と紙一重だけど派手。

満艦飾。久子さんなんてChina風の襟にネックレスしたりするんだもの。





このお茶会…いつかは、尻に手袋を敷いてたのにはびっくり。

庶民でも尻に手袋を敷くことはない。
まさこさんって、ガサツだし、品がない。

江戸時代の長屋で生きているほうが似合う。
井戸端で足を広げてタライで洗濯。


こんな立場になってもやってることが下品極まりない。
海外の王族に挨拶するにも「食らいついて」いくカーテーシーなど、恥ずかしくって。


やっぱりビョーキかも。

客観性がない発達障害かも。
状況が全然つかめてない、注意を払うことができない。


ビョーキでないならただの**。



それにしても、女性皇族たちのお揃いの制服のような地味なスーツと帽子。


弟宮の女性たちはできるだけ目立たないように抑え込まれていたのかも、ね。




記者会見の時の娘のこと。


裁可が降りてる限り、何も言えないと思うな。



「知らん」


これが全て。
下手に物申すとまた大騒ぎに。


娘からも、言い出せないかもしれないし。


それでも、週刊誌の通り、テレビ電話やラインなどでつながっていたとするならただの阿呆娘ですけど。
ニュースが耳に入らないわけでもなし。


でも、この醜聞は親の今までしてきたこととか関係なし。
真摯に取り組んできた公務。

ドタ出もドタキャンもなくスケジュール通りに淡々とこなしてきた。
それを否定などできるわけない。



弟宮夫婦は、兄夫婦が使い物にならないから、相当代わりをしてきた。
海外訪問はマスゴミは報道しないけど、知ってる人はちゃんと知ってる。

赤絨毯をはずすことなく普通歩いているし、乾杯前にドリンクを飲むこともない。(てか、庶民だってこの程度は当たり前)

経験を積んでレベルがかなりあがっている。




兄夫婦といえば、夫の方はけっこう経験を積んでいる。
赤絨毯だって何度も歩いているはず。


だけど、失敗ばかり。
経験を積んでもそれが身にならない。
学習能力が極端に低い。
普通の大人の能力ではない。



ゲームではそんなこと有り得ないけど実際にそう。


妻はそもそものパラメーターが低い上。
さらに経験を積まないから、レベルは低いまま。

レベル1~3なのに、エリアのボスキャラ戦に挑む。

「おいでなすって攻撃」をメラニアさんに何度もかます。
しかし惨敗。


ほんと、トランプ来日では、笑劇場を見せてもらったわ。
日本国民が恥をかいたけど。



お笑い劇場の兄夫婦。

情けないやら、歯がゆいやら…

小者感いっぱい。


弟夫婦が海外という舞台で活躍するのに、小者の兄夫婦はお笑い劇場…


世界の王族はトランプの日本訪問でのこの二人のふるまいをつぶさに見ているはず。
そして、…嗤っているだろうなあ…


「こんな二人絶対招待したくない。」

「こんな**な二人にどうやって対応したらいいかわからない」

「赤絨毯外したら、子供のように教えてやらねばならないのだろうか」

「やだやだ、でも世界に誇る日本の天皇だし…一度は招待せねばならないだろう。
妻のほうは来るか来ないかわからんやつだし。困った」



※誤字脱字、加筆訂正はのちほど。

レモンスカッシュを作ってみた

ようするに、はちみつレモンを作って強炭酸を入れただけ。


レモンを大量にもらったので、絞ってポッカレモン風にしたり蜂蜜とブレンドしたり…

蜂蜜レモンを炭酸で割ってレモンの輪切りを。


レモンは魚によし、肉を焼いたら「レモンステーキ風」に。(佐世保の有名メニュー『レモンステーキ』)
酢の物もちょっと入れるとさっぱり系。



レモンに切り込みを入れて縁に立てて、チェリーがあったら完璧なのに。


画像




ストローが炭酸で浮いてる。





ストロー?



え?


もちろん、使いますってば。
100本入りの買ってますよ。


え?

使わないようにする傾向になるって?

なぜにストロー?


はい?


コンビニのレジ袋、廃止って?
もちろん、エコバッグはいつも持参するけど、どこもかしこも?



え?プラスチック、ビニールはウミガメが?


はい~~?



じゃ、肉を入れてるパックは?

惣菜を入れてるパックは?


ゴミ袋は?


商品を包んでいるビニールやナイロンは?



おかしい話だこと。



ほんと、極端なんだから。

やりすぎるのもほどほどにしないと。



マクドナルドは今度からどうやって飲み物提供するの?
ストローなしでそのままグイグイと?

飲み物の蓋は?


喫茶店では?

口紅をグラスにつけても仕方ないのね。
コーヒーカップもそうだからいっか、みたいな?



家ではそのままグラスでも飲むからね。


好きにしたらいいけど、ストローを使う人にぎゃーぎゃー言わないでね。



ヴィーガンも、好きにしたらいいけど、人が肉を食べてるのをワーワー言わないこと。
肉屋を焼き討ちにしないこと、だわ。



そうそう、有名ヴィーガンが魚食べてたのばれちゃったね。

ヴィーガンって「大豆でできたハンバーグ」とか作ってるけど…

肉への未練たらたら。

やっててかっこ悪いと思わないのかしらね。


そこまでして肉みたいなの食べたいのね…と笑う。
素直に食べればいいのに。

心までヴィーガンになればいいのに。

そういう人って、自分だけでやっとけばいいのに人にも強要するから嫌い。



そうそう、ヴィーガンが「肉食べるな、動物を殺すな」とデモしたらしいけど、持っているバッグが革製品だったとか。


あれまあ…

こういう人たちって脳内回路が左翼と似てるわ。
恥ばっかりかいてる。


でも、人間ってタンパク質だからある程度タンパク質とらないと身体がしょぼくれると思うけど。




なんでも、ほどほどに、どうぞ。

ストローもヴィーガンも。


※誤字脱字、加筆訂正は後ほど。

「ひとりじめ」というスイカ

一個をひとりで食べられるぐらいの大きさ、という意味なんでしょうね。


夏休みの風景…


井戸端の木のタライにスイカが冷やされている、という原風景。

トトロの世界みたいな。
わたしは体験したことないけど、それを見ると日本人のDNAが疼く。





だいぶ前からスイカは冷蔵庫に入らなくて切り売りされるようになり、さらにカットされ他のフルーツと一緒になり1パック398円で売られている。


大きいスイカは


食べきれない

冷蔵庫に入らない

重い


などなどでだんだん廃れて来るのを憂慮してか小さいスイカがではじめた。

さすが日本の農家さん。



最近は


ひとりじめ


というスイカが出回っている。

小ぶりのスイカ。
どのくらいの大きさか、というとリンゴと比べてこのくらい。



画像



これなら夫と二人ちょうど。




小さいスイカと逆にうちの庭の三つ葉芹。


この大きさ、どうよ。


手の平サイズといえば小さい、というイメージだけどうちのはマジの手のひらサイズ。
真ん中の上のが茶碗蒸しなどの入っているサイズ。

画像






シソも巨大化してるから、適当な大きさのを採って刺身に。


鯛、イカ、ブリ。
シソをイカに巻き巻きしてみた。

画像


ふんだんにある大葉はうれしい。




病院・雑感

▼この前、虫垂炎で入院していた病棟はその病院で「新館」と呼ばれている。

前、この病院に足の靭帯に腕からの靭帯の移植のために姉が入院してた。
その頃には新館はなかった。


新館はナースセンター階段、エレベーター、風呂、職員トイレを真ん中にして回廊になっている。


父が入院していた病院はナースステーションを中心にして放射線状。



どちらが動線としていいのかは、わからない。
人間工学を勉強している人たちが現場を知って考えること。





▼わたしが居た新館は回廊式でトイレが数カ所に分散されている。
外来などにある「個室がならんでいるお手洗い」とは違って廊下から直接個室のトイレ。

車椅子が入ることができる広いトイレ。
手すりなどがあって緊急のボタンもあるよくある病院のトイレ。




わたしは主に近くの「1」を使っていた。


画像




500ccの点滴が途切れずついていて、更に何やかんやの点滴が。
トイレにしょっちゅう行ってた。


わたしが居た階は年寄りばかり。



トイレに行くと時々、床に水の点々。



ああ、もう…



だから男女別にしてほしいなあ…

男って、男って…

だから、うちの男たちはみんな座りシッコ。




ああ、もう、と言いながら点滴棒をガチャガチいわせながら、手を拭く紙を2~3枚引っ張り出して水にぬらして床を拭く。


「汚れたらナースステーションに知らせてください」とは書いてあり、定期的に掃除をする表も貼ってある。




▼そういうことが数回あった。

夫も、トイレ(1番)が汚れていたから2番に行った、と。



▼ある時、トイレを済ませ流した…ら…


TOTOのウォシュレットはノズルを洗い、そしてまたノズルが出てきてシャーーーーー



うわ…っと反射神経がまだ衰えていないわたしは、よけた。



これか!


そういえば床に落ちてる水が点点点…シャワーの小さい点点点風。

スタタタ…の水ではなかった。




▼他のトイレに行った。

流すと一旦引っ込んだノズルが出てきた…ここまで一緒。


とりあえず、逃げていた。

ノズルはダラダラとした水で自分を洗い引っ込んだ。



これが正常なのかも。


全部、点検して回った。


トイレ「1」だけ、ランダムで床シャーーーをする。



▼ナースステーションにお知らせした。
使用禁止の札が貼られ週明けに連絡するとのこと。


なぜ、みんな気づかないのだろう。

観察するとこの「1」番のトイレを使っているのはそんなにいない。

他の人は介助やおむつ。


もしかして、一人ですませて、シャーーーとやられても気づかないのかもしれない。
用を済ませ立って流し、でも服に水がかかっても気づかず、かもなど要らんことを考えてた。


だから気づかないのだろうか。

定期的に見回っている看護師は床の点々点点……と落ちている水に気づかなかったのだろうか。


わたしが遭遇する確率が高いのはしょっちゅうトイレに行ってるという分母。




▼機械屋さんが来た。

ナースがいろいろ説明しているけど、…

「すみません、えありすさん、説明してください」


と、言うので現場検証をした。



かくかくしかじか。



だけど、工事人さんがきている時に限って誤作動をしない。


それは織り込み済みなので「かくかくしかじか」。
機械的にはおかしくないとのこと。



ならばそれしかない。


「誰か、気づくまで放置」的。






▼退院間近。


夫が迎えに来て「トイレ、また水点点だった」だって。


そして最後の最後に、わたしも水点点。



もう知らんがな…





※誤字脱字などありましたら後ほど。


どこに置いたっけ…

備忘録帳を作った



画像




家庭内事務。


これだけ生きてると社会との関わりの結果、さまざまな書類が生まれる。

保険の書類、銀行との書類、なんとかんとか。


ほかに、家の中で保存しておくべきもの。

税金のことや母の年金などに関してのその他の書類。
司法書士さんとのやりとりなど他タタタタ…



領収書などの細かいもの。
滅多に使わないけど、使うもの。



うちの場合、わたしのところに置いているものや、夫のところに置いてあるもの。

分散されている。


時々、「そっちじゃない?」」「いや、そっちだったような」「ワイワイ」。




今回、銀行のキャッシュカードで始まった。
名義は夫の口座のだけど、持っているのはわたし。



入院していた病院のATMでお金を下ろそうとしていた。

買い物をするときは、ほとんどカード一括払い。
ポイントもたまるし。

なので、現金はいつも数万しか手元にない。


それが減ってきたので、数万だけ下ろそうとした。



すると…


そのカードは使えません
新しいカードを使ってください




と、出た。



はい?
口座を開いたその昔に作ったカードなので磁気がダメになったのか?
そういう例も経験したのでそれも原因の候補にあがった。


でも、新しいカードだって。


新しいカード?

なんじゃそりゃ。




銀行に電話した。

「かくかくしかじか」


すると

「くまモンの新しいカード、お送りしました」


「う~ん?わかりません。わたしが作ったんですか?」

「はい」



「くまモンですよね。
書き留めですよね。もらったとしたら印鑑おしてますよね。
記憶にないです。」


「もし、ないのでしたら再発行いたします」


「くまモンのキャッシュカード…本当に来たら覚えてるはずですけどね…

でも、記憶が曖昧です。
とりあえず探してみます」




新しいカード…?


なぜ、新しくする必要があったのか…

そこがわからない。確かに古い。でも、使って年に数回。
それをわざわざ新しくした?銀行に行ってめんどうな手続きを?
ものぐさなわたしがそこまで?

わからん。



夫と記憶をたどる。

だけど、いずれも断片的でしかも時系列がわからない。

場面のワンシーンは覚えているけど、それがどう絡むかわからない。




とにかく探す。
無い。

夫の部屋、わたしのところ。


ない。



<わたしの記憶>


*夫の「これは1年後解約するからそのまま持ってて」という声が耳に残ってる。
でも、それが何を指しているのか覚えていない。

*「どっちのデザインにしますか?」「くまモン」と会話した記憶。



夫の記憶

*上記のこと(解約するからそのままとってて)をいったような気がするからそっちにあるかも。


さがす、さがす。



わたしは、大事なものはファイルやケースにカテ分けして入れ棚に。
2年ぐらいたって必要なくなった頃に廃棄している。



物をしまうときはエリア分け。
デイリーで使わないけど捨てることはできない小物雑貨。
画像


ざっと仕分けして引き出しに入れている。
小物用に引き出しなどに。




とりあえずその程度で整理しているはずだった。
しかもカード類といったら尚慎重に。


なのに、無い。



人間よく「心当たりのある場所」というけど、全く記憶にない。


夫もよくあるプラスチックの書類引き出しを探すけど…
無い。


「あした銀行に行こう」



銀行に行って再発行してもらえばいい。
だけど、これは人の意地。

「解明したい」という意地。



最後の最後…


銀行とは無関係のタイトルのシールを貼ったケースの中を見た。



開けた…‥




あ…






夫が言ってた

「これは来年解約するからそのままとっとって」の通り、


封筒のままとっとった…
くまモンのキャッシュカードが入っていた。


そっか、イメージしていたくまモンと違った。
ものをさがす時ってその物の姿を思い浮かべるのよね。




夫が


「銀行に行ってたら恥かいてた…」





では、なぜそうなったのか。



今年の始め頃から数回、銀行のカウンターに座って別件のことをしていた。
そのついでにキャッシュカードのことをした…ような記憶。



*お金を引き出すだけのキャッシュカード

から

*キャッシュカードで買い物ができる(普通のカードを使うと店がカード会社に3%払うが、これはそのまま口座から引き落とされる。ポイントとかつかないのでユーザーはその分、損、銀行まるもうけ)


という特典をつけた。
自分が欲したのではなく担当が「僕の成績になるんですよ、お願いします」

気軽にいいよと、言ったのだろう…


「いいよ。これで買い物はしないけど。
でも、年会費がかかるから来年特典をはずすから」

と。



ここで夫婦で誤解をしたのかも。



あったことに、夫婦で安堵。




しか~~~し。



こういう物を大事にしまうのはいいけど、しまい過ぎて…



どこに置いたか忘れることに気づいた。



そこでノートを作ったのだった~~~




とりあえず、このカードの「解約すること」を書いた。


今、申請中のかんぽの保険の証書の場所も書いた。



取説の場所や、ボタンの場所、などなどを思いついたら書いていくことにした。



記憶の能力が減少しているのか、キャパを超えた覚えねばならないことが人生の長さに応じて多くなりすぎたのか…




どっちゃでもええわ。



とにかく、書いておくことにした。


パソコンに書いておく、ではなくアナログで。


とにかく思いついたらすぐに。

あほやな…


うちの母にも「書いておきなっせ」というけど、書くのすら忘れている。


わたしは今のうちに「書くことを当たり前」にしておくことにする。




銀行には「あった」と連絡した。



※誤字脱字、訂正加筆はのちほど。



やっぱり…仮病確定、だね

※昨日、寝る前に書いたこの記事。

さっき読み返したら誤字脱字、けっこうな間違いやっていました。
ぼーっとしながら好き放題書き連ねてはいけませんね。しかも書きっぱなし。
ということで訂正します。





地震があった。


新潟の村上だって…


ほら、みんなぴ~~んときたでしょう。



小和田さんちの出身地。
村上。
村上村。


村上の藩士だったとか。

本人談

自称村上藩士。


でも実は…

小和田の父親の祖父がどこのだれか不明ってのもすごい。
何度も言ってるけど庶民の家でも5代、6代、は遡れる。

士族ならなおさら。



明治になってすんごくちゃんとした戸籍ができてる。
江戸末期まで遡ることができない家などない。


ずっと前に例を出した「花子とアン」の花子の田舎の幼なじみの男の子の家。

ドラマでは、窪田正孝がしてた。お母さんが松本明子だった。

その子のお父さんは日清戦争で戦死。


日清戦争は明治27年。

徴兵されるには戸籍がいる。

お父さんは明治27年には最低20歳になっているはず。
つまり明治の始めにきちんとした戸籍をあんな田舎でも持っていたということ。


しかし明治なのに小和田さんの近い祖先には戸籍があいまい…


ありえない。



誰なのよ、金吉って…




その村上で地震。


つい結びつけちゃった。

わたしも地震の被災者だったし、今も再建の途中だから「祟りかと思った」なんて言ってはならないけど…



さて、その祖先が不明の小和田さんちの娘は…



なんと、無様なりにも出てきているこの不思議。


では、この15年~16年はなんだったの?




急に治るんだねーーーー(棒)

すごいねーーー(棒)



「適応障害」という雅子さんのさぼりの言い訳のために作った病名。

それが一発で治ったんだから、いるのかいないのかわからない「医師団」は学会に発表したらいい。

「精神の障害が一発で治る方法」

を紹介したらいい。




ようはサボり決定!!


だって本当に病気なら遊び皆勤ってできないでしょう。

ただのさぼり。決定ね。



精神病でずっと会社休んでいた人。

数人知ってるけど、行ったり行かなかったりでゆっくりと回復して会社に戻った人もいるけど、とうとうダメだった人も。



でも、精神病で15年以上も欠席だった人が急に治るって…?




そもそも仮病だから病気が治るじゃなくて、人参ぶら下げられたからホイホイ出てきただけ。


でも、ちゃあんと逃げ道を作っている。
「さぼり」の言い訳を作っている。

体調の波があるので出てこれることもあるがそうでない時もある。

と。




こういうことを言うからずるい、きたない、って言われるわけ。






情報弱者はそんなのわからないから当たり前のことをしても「すばらし~~」と。

本人は「ばかな国民、チョロいもんだ」と思ってるでしょうね。



どこかで見たタイトル↓


鮮烈デビューーー!!(小和田雅子さんが)




デビューって?



デビューは入内した時のはず。


50半ばでオバハンがデビュー?


そりゃ、鮮烈よね。


こういう記事って、逆にバカにしてるんじゃないの?



でも、鮮烈で笑劇的だったのは事実。




小汚い変なママさんコーラスのドレスもどき。
自分の立つ場所もわかってない、「直角動き」。


腹バッグに、「おひかえなすって」のポーズを連発。
ふーふで、あちゃこちゃ。


白ばっかりで白丁かと思ったわ。



でもね、16日香淳皇后の命日では報道もないのできちんと「おさぼり」。
雅子さんはお葬式も「夏風邪のようなもの」で欠席。

庶民は夫の祖母が亡くなったら点滴打ってでも出席するけど。



「カメラが苦手な雅子さん」だけど目立つのは好きな雅子さん。

カメラが苦手なのに、窓を開けてダンナの前の席でお手振り。



不思議よねーーーー



あ、そうそう昨年、香淳皇后の命日では夫婦でテニスをしていた息子夫婦がいたっけ。
庶民でも親の命日に遊びにはいかないけどねえ。


今年は目の手術とか。

日本一わがままがきくのに、狙ったように姑の命日に、なんてねえ…



どいつもこいつも本当に…ねえ…



どんなにさぼっても、絶賛するマスゴミ週刊誌と国民。(仕込み、やらせだと思うけど)




そうそう、そこのお嬢さんは自閉症の典型だと言われている『逆さバイバイ』が治った(?)だけで絶賛されるなんてねえ…

いやいや、それは大事なこと。
なので治ったら…って自閉症は治らないみたいよ。


ただ、訓練はできるとか。


逆さバイバイをする子が偏差値72…

スポーツ万能だって…



そういえば、英語なネイティブの娘さんだとか。

スペイン語もぼちぼちだとか。


覚えたとしたら自閉症の典型では?力士の四股名を全部覚えてたとかだったし。



ということで、今夜は。



※思い違い、記憶違いがあるやもしれません。

誤字脱字訂正加筆は後ほど。



入院中にネットショッピングをする…『液タブ』

入院中、前から気になっていた


『液晶タブレット』


を買ってしまった。


腹は切って痛いけど、あとは健康。
寝たまま、スマホいじいじ。
届け日は退院してから少し経ってから。


ということで買ってしまった。



本気で買うと10万、20万…もっとの世界。
そんなすごいものは主婦の遊びにはムリ。

安価なのにした。
とはいえ3万、4万の世界。


でも、こういうのが好きなのでしょうがない。

男の釣りとか自転車、女の服やバッグと同じ感覚なのかな。


GPを売り電子ピアノを買い、ゲーム機器はPS4までちゃんと買い、switchも買い…
タブレットも今、4代め。



●板タブ


パソコンにお絵描き用の板タブレットをつなぐと、板に描いたものがパソコンに表示される。

これが今まで使っていたもの。パソコンの画面を見ながら手を動かす。

画像





●液晶タブレット

画面に直接描く。
スマホと同じ。
銀行の画面をタッチするのと同じ意味。

画像



液タブ専用の手袋。
肌が直接、触れないように。

板タブでも白手袋の指先を切って使っていた。

画像




液晶タブレットは、タブレットに直接描くので、感覚はアナログに近い。

しかし、タブレットを平置きすると当然、奥が遠くなって感覚が狂うことがある。
このタブレットは15.6インチ。
そこそこ大きい。


その点、板タブはパソコンの画面を見るので常に遠近感は同じ。狂わない。


これは板タブと液タブとの一長一短。


画像



これはユーザーみんなが気がついていること。

漫画家も板を斜めにした画板の上で描いている。

液タブ用の斜めにする土台も売っている。

でも、確かそれに適応できる物がDIYの店にあるはず。

何かの緩衝材に使うものみたい。700円ぐらい。


ふわふわして適度な弾力を持って液タブとほぼ同じ幅。
高さも自由自在。
これでまいっか。


画像



絵は紙を斜めにしたりして描くことがある。
ソフトにはもちろんそういう機能はついている。

「反転」という機能もあって左右を反転するとバランスがおかしい部分がわかる。

でも、実際に液タブを斜めにしたりするほうがいい。

長短はいろいろ。



●設定する時の苦労(わたしにとっては)



設定は


・液タブをパソコンにつなぐこと。板タブは簡単だったわ。


液タブをつなぐ…
それにはHDMIMacにそれ用の差し込み口がないといけない。

HDMIはモニターとして使っているテレビ、そして液タブ。
2個ないといけないのに、1個しかない。

テレビでゲームをする時に、「HDMI」変換器を使っていた。
ゲーム、テレビ、という切り替えができるものでハブではない。

HDMIのハブを買わねばならないのか?




一緒に入っていた、白の短いコードは何のコードだろう。




白はMacのシンボルだ。

ということで、白のMac変換コードを使ってHDMIの専用差し込み口に。


画像





お、つながった。
つながったら次することはネットからドライバをダウンロードしてインストールすること。


そしてスイッチオーーーーーーーーン!






おお、液タブに画面がぽーーーん。



つながった。

で?

で?


お絵描きをどうやってするん?




あれ?


あれ?



すったもんだ…



ネットで検索。
誰もこんな質問するものはいない…
え?



お絵描きするのにどうしたらいいの?
いつもはお絵描きソフトを開いて…


ソフトを…


あ…


この液タブにお絵描き用のソフト…

入ってるわけじゃないんだ。



ということで、パソコンの環境設定から操作して画面を拡張しデスクトップにあるお絵描きソフトのアイコンをダブルクリック。


液タブに…


おおおおおお………

馴染みの画面。



ほんとお間抜けなわたし。


タブレットは画板であって紙ではない…ということ。

紙や絵の具や筆セット(お絵描きソフト)を持ってこないとダメ。



なんでこの基本のことに気づかないって…


あほやん…

ビオフェルミン医者の怪~なぜ検査をしない?~

「病院は検査ばかりするので…云々」



いや、検査は基本中の基本でしょう。


わたしの今回は日赤で


*エコー


*CT

*血液



医師がそのデータを円盤におとし


データと紹介状を持って次の病院へ。


次の病院ではこれに足りない検査をして盲腸と断定し手術へゴーーーと。




<なぜに最初の病院では検査をしなかった?>



触診では何がポイントなのか。


「押さえる時、痛みますか?」


→はい


「押さえた手を離す時、痛みますか?」


→はい




「押さえた手を離す時に痛む」がまず盲腸を疑う第一歩。


だとか。


その触診をして盲腸の「可能性」があると思わなかった不思議。





医者というのは疑問をひとつひとつ消していく作業手順を勉強してきた人だと思う。
この手順は家庭内でも同じことをしている。



▼例えば
照明器具がつかない

1、照明器具のスイッチ、ヒモ、壁のスイッチか調べる。
(実際あった。母が「ヒモひっぱっても、電器つかん」→「なぜ壁のスイッチを入れない?」)


2、電器の輪っかが寿命か。輪っか黒くなっているかみる。
他の輪っかを入れてみる。


3、照明器具自体が寿命か。買い替え?



というように、原因がわかるまであれこれ調査する。

これをしないビオフェルミン医者。
この医者はうちの母と同じ。






●腹痛で来てる患者には触診。基本。
ならばまずその痛みの箇所を調査する。



●痛みの場所の特定と、その病状(押さえた手が離れる時に痛い)から盲腸の可能性があるかもしれない。そのために、触診したはずでは?


●断定できないので検査をしよう。


なぜ、これをしない??!!!





不思議でならない。


素人でもわかる。


「お腹の右下を押さえたら痛み、手を離すと痛い」



盲腸かもよ。
検査。


血液検査すれば膿んでいるのですぐわかるらしい。
レントゲン、エコー、CT、だいたいこれのいずれかにひっかかる。



痛みで来院した患者に

整腸剤のビオフェルミンを処方し、
痛みを解決する薬さえ出さない医者






一体なんなんだ?

この医者。


プロフィールは極めてすごい。



だが、対処の能力は一般人以下。

この対処でいいなら誰でも医者になれるわ。




その病院に結末を教えるべきかどうか迷っていたけど、教えることにした。


その病院から帰って後で「痛みがおさまらない」と電話をした。
受付が「もし続くようでしたら明日にでもまた来てください、院長もいますから」と。


その後、日赤に駆け込んだからそれっきり。



保険の請求書をもらいに近くの顔見知りの郵便局に行った。

「どうしました」にかくかくしかじか。

もう病院名も出してやったわ!



しかし、不思議な医師。
検査をしない。


無駄な検査はしなくていいけど必要な検査をしなかったから、あんな長時間苦しんだ。

しかも無駄なお金をかけて。



だんだん、腹たってきた。


日赤ではすぐ点滴に痛み止めを入れてくれ、紹介の病院に行くまでの痛み止めの薬を処方した。

痛みをまずとめる。
これが先決だとわかっているらしい。


こんな単純なルートをなぜビオフェルミン医者はできなかったのか。



不思議でならない。



************************


すでに病院食ごっこではなく「定食屋」さんごっこになってしまっている。



画像



7分粥


アジの塩焼き

大根おろし

焼きオクラ

トマト

野菜スープ(人参、キャベツ、しめじ)

ピーマンと玉ねぎの炒め物



5日も家をあけると…

主婦が入院すると「上げ膳据え膳」で楽勝。


だけど、やっぱり家がいい。


なにせ、わたしは「オタク」なので。


switchをせめて持って入院すればよかった。
しかしswitchのソフト新作を持ってないし…

「ゼノブレイド2~黄金の国イーラ」を2周目するか…とか。


入院にはswitch!





家に帰ったら

『ゼロ』

に戻す



夫は一人できちんと生活できるけど、どこか物の位置が変わる。


なので、それらをすべて修正。




庭はいつの間にか紫蘇が元気。


いつもは種を蒔いたり苗を買ってきても虫がくったり。
昨年はとうとう買ってた。


ところが、今年は何もしないのにいつの間にか出ててすでに収穫もできるほど。
虫がくってるのもあるけど、完全版もけっこう多い。

あれま…
わからんわね。



そして、今日気付いた。


ヤマボウシの花が咲いていた。
夫にきくと、わたしが入院してから咲き始めたんですって。


画像




*今日の病院食ごっこ

画像




・7分粥

・酢の物---きゅうり、わかめ、紫蘇、生姜、にんじん

・漬物

・冷奴---紫蘇、柚子胡椒

・人参の胡麻和え

・寒天の黒蜜かけ


※これではタンパク質不足、カロリー不足、ってことは無い。栄養は1日トータルで。
てか、これは小盛り。



でもこれじゃ、夫が不満足で「ひよ子」をガブリンする(もうないけど)。


デミグラスのミートソースを作ってご飯にかけるように。


わたしは味見の時点でけっこう食していたわ…

ということで、タンパク質はミンチなどで補足。





あ、主婦は味見するからいけないんだーー



たくさんのお見舞いの言葉、ありがとうございました。

今日、午前中


出所 退院してきました



ご心配おかけしました。
たくさんの励ましに助けられました。


ありがとうございました。




もう一泊しようかと思いましたが傷口周りが痛いぐらいは主婦は平気なので担当医師に「明日帰ります」と言って許可も出たので退院してきました。



帰ったら洗濯。

ネコをいじいじ。


伸びてしまった爪を切って、ネイルを塗り直し。



ご飯作り。





そこで、ただ作るのでは面白くないので「ごっこ」を。




ザ・病院食ごっこ大会



画像



総カロリー---------推定510キロカロリー




*七分粥


*キャベツ、ニンジン、紫蘇とゴマのレモン和え・(キャベツとニンジンはチンで簡単に)


*ポークソテー


*ポタージュスープ(じゃがいも・玉ねぎ・ベーコン・牛乳・チキンコンソメキューブ)


*大根の漬物


*麦茶


*デザート忘れてしまいました。


病院では誰にでも適用できるように具材はできるだけ小さく切ってありました。
食事が始まると各部屋からゴホゴホ、と誤嚥に近いような咳が。


わたしもけっこうやってしまうタチなので、ゆっくりよく噛んで注意して食べていました。

ゴホゴホしたら傷が相当痛かったので。

でも、誤嚥はこれから注意しないといけませんね。

肺炎になって死亡の要因になりますから。




できるだけ食事で水分を摂るようになっているのか「腹ダブダブメニュー」でした。
わたしはペットボトルのお茶をしょっちゅう飲んで、さらに一本500ccの栄養点滴と抗生剤や化膿止めかの点滴がずっと続いていたのでしょっちゅうトイレに。




病院の食事の食器は病院用のメラミン製で蓋もついていて結構可愛いので欲しくなりました。


「kyouei」

https://store.shopping.yahoo.co.jp/kyoeinet/bfa9b4efa1.html?utm_source=Yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=shisetu&utm_content=auto




腹ダブダブ食事に物足りず「ひよこ」を頭からガブリはこんな感じ。

「ひよこ」


画像


画像




グロ注意↓






画像






では、今夜はこの辺で…



シャワー浴びて早寝しようかと思います。



でもできるかな?



バレーがありよりますけん…

「えらい、わらかしよんな。吉本行け」

▼高校の時、担任が

「おまえら、勉強したくないなら、『ラーメン大学』か、吉本行け」

と、よく言ってた。

ラーメン大学というのは箕面街道にあるラーメン屋のこと。

こっちの地元には「焼肉大学」というのがあってそれと同じノリ。
「ラーメン大学、いかんか~~い」というのが勉強したくないへのお約束のセリフ。


そして最後は「おまえら、吉本いけや」。




▼で、今、言いたい。


「ほんま、笑かしてからに。吉本行けや」




ほんと笑かすわ。

見てて「次は何をやらかすか」とワクワク。

こんなアホな人って見たことないわ。


でもね。お笑いはかしこないとだめなのよね。



これ↓夫婦漫才なん?





画像



二度も「すわらんか~~い」と。

浩宮に注意されるって相当なんだろうなあ。
浩宮は赤絨毯も歩けないほどなのに、馬鹿な女房のことを気にしないといけないなんて酷。

今まで一人だったからそっちの方が気楽かもね。


雅子さんって頷くのにまず顎をあげるのよね。
それって下品。
紀子さまなら黙って頷く方法をとるだろうに。



▼愛知に続いてドタ出。


<特殊スキル『体調の波』>


スケジュールは真っ白にしておいて、特殊スキル発動~~~ツール『好き放題』。



*色がついた人種の時には出ない。

*庭の草むしり奉仕団などは無視。

*白人が来たらうっひゃ~~と出て、男性王族にぶちゅーーーとする。




▼で、今回もクロアチア議長夫婦にドタ出。



ようわからんけど、椅子って内側に客だったような…

違うのかな?




クロアチアって「魔女の宅急便」の舞台になった国。
アドリア海の赤いレンガの建物の町々は美しい。

昔、クロアチアとの友好と親善の会へ誘われて出たことがあった。
当時は「どこの国なん?」ぐらい。


とにかくあの辺りの国々って紛争や民族の争いばかり。
ややこしい。

命がけで生きている人々たち。



こういう国から来た議長さん夫婦と、脳みそが足り無い二人が何を話すのか。



▼立ち話ってどんな話題でついつい「話しがはずむ」?
まさか、お天気ではあるまい。


「遠くから来たのですか?」

「飛行機で来たのですか?どのくらいかかりましたか」

「お国はどこにあるのですか?」



そんなのかも。

鑑賞とかでもこんな感じだし。

「どのくらかかりましたか?」

「背景が綺麗ですね」


が感想のレベル。




▼それにしても、こんな無様なもの見たことない。


場の雰囲気などが理解できず、中身の無いことをぺちゃくちゃ。
そもそもクロアチアはスラブ語なので英語がどこまで通じてるか不明。

お互い片言の英語?


夫人も困ってる風。雅子さんが座らないと座れないし。

2度注意を受けてやっとすわるけど、議長さんも「妻が悪いわけではないこと」は重々承知。
一応妻に「座って」というジェスチャー。


この前から薬か何かでハイになり、無様だけどいろいろやって、褒められてるもんだから有頂天になってるのだろう。
客観性はないので「これはおかしいかも」など理解できない。


従ってこのようなぶざまな事になる。


しかし、マスゴミが褒め称えばかなふるまいを「ついつい」とフレンドリーな雅子さま、という風にごまかしてくれるから自分のおかしさに気付かない。


観察能力が無い人、正しい判断ができない人は、マスゴミにころっと騙される。

情弱な国民が、褒めているという不思議な現象。



きちんと見えている人には笑われている、など浩宮とその女房は理解できていないからおめでたい。

そろそろ吉本入りを検討しろって。



※誤字脱字加筆訂正などは後ほど。

わたしが作ったGIF、好きに使って拡散してどうぞ。

なんで差があるの?

▼トランプは来日からすぐ英国訪問。


日本では安倍さんと仲良しアピールをして日米同盟を強固なものに。
それは抑止力となった。



安倍さんは色々な国とトランプの橋渡し。
今度安倍さんがイランに行くのもそのひとつ。


今回の英国訪問の目的は


2日の女王戴冠式の41周年記念日のセレモニーに参加するため、国家晩餐会などに出席するため、および欧州連合(EU)からイギリスが撤退する計画に繰り返し失敗したため、5月中旬に辞職を公表したテレサ.メイを含む政府関係者と会談するため


だそう。




▼英国の晩餐会は気になるよね

掲示板からの情報で晩餐会の模様が。







お花もふんだんに。
それに金の色使いが豪華感を醸し出すしさらに立体的な見せ方も。



豪華絢爛。

手前が高砂の席。

画像


一般客はすでに入場してから王族とアメリカ勢入場。


日本では天皇皇后がトランプ夫妻と入場。


どこを歩いてくるかも見えない。
とくにチビ天は。




▼注目したのは国歌と乾杯のシーン。
検証。



*トランプ、飲んでる。
つまりノンアルコールのドリンク。
ジュースか何か。

日本では、飲んだふり。
つまり、アルコール。


画像



男性はホワイトタイ。
女性は背中を出したりしたイブニングドレス。
ティアラ、勲章などをつけた最高位の衣装。


日本では…
ブラックタイ。ティアラなし。
ドレスでもないママさんコーラスの発表会もどきの皇后と、面白みのないドレス。



▼エリザベス女王(93歳)。

「重くて首が痛くなる」何てことを言わないでしっかりと大きな宝石で飾られたティアラを頭に。

そして首にティアラとお揃いの首飾り。

ものすごい宝石。
力と権力でもぎとってきた証。


画像



そもそもの誇りが違うわね。
戦前の大英帝国の誇り。25歳で即位した女王の誇り。

宝石の重みはその重み。

皇室も色石を使えばいいのに。
ダイヤと真珠ばかり。
おもろな。


GHQに取り入った平民の粉屋の成金の娘とは違う。

ちょっとやそっとじゃ、その誇りを失わないからこそ王族。

首が痛いけどピアノは弾きます。
テニスはします。

など嘘を言わない。


▼王族とアメリカ要人との座る順番。

交互。


日本では、なぜか交互ではない。
雅子さんの右隣は紀子さま。

左右を身内で固めていたことも。


オランダさんが来た時、乾杯のシーンであさってを向いてて、オランダの要人さん、乾杯からぶり。
あんな失態繰り返すから両隣が外国人とかできなんでしょうね。





▼ドリンクはいつ注がれたのか。


女王やトランプの登場前。

すでに乾杯用のドリンクは注がれている。


画像




▼国歌は?グラス持ってる?

アメリカ国歌の演奏の時。

グラスは持っていない。

これが当たり前。


画像



日本がおかしかった決定だわ。



な~~にが


「トランプが乾杯用のグラスがわからなかったから雅子さまが流暢な英語で教えた」

だって。笑うわ。



▼検証終わり。


つまり、日本のはデタラメだったってこと。

なにせ招く側がママさんコーラスコスチューム、もしくは結婚式に呼ばれた親戚のおばちゃん服がいるんだもの。



▼おまけ。


トランプ、腕ぽんぽんしない。

画像




人間は見た目ではない、とは重々知っている。


だけど、やはり見た目は大事。


後ろの小さいおっちゃんが小さいのは仕方ない。
だけど、小ささがあの品のない振る舞いを招いているのではない。


小さくても不細工でも振る舞いが立派ならば人間には脳内にそれなりのフィルターがかかるはず。

しかし、毎回のあのざまは…



ということで、検証終わり。


官邸にメールしよっと。


英国のと大違いだぞって。


しくじったのは誰だ?
官邸か?宮内庁か?

と。



※誤字脱字、訂正加筆はのちほど。

調子にのってGIF作りをするがうまくいかない事も多い。

*サッカーを応援する小さい頃のルネ。

画像




*保護したばかりのルネ。
こんな可愛かったんだ。

三日間、コンクリート壁にはさまって鳴き声だけしてたのを探して救出。
そのままうちの子に。

今は自宅警備隊長。

via GIPHY




*ルネをぶら下げてみた。(前の家)
もちろんキャッチしている。

via GIPHY





*例のすごい…あれ。
リハしてこれかよ…
基本、状況把握能力がかなり低いとわかるわ。

園児の卒園式より酷い。


『おれは直角』という漫画があったけど、まさこさん、直角の歩き方みたい。


初期のゲーム、ドラクエとかは直角歩きしかできなかったのよね。

「ドラクエ」か、と思ったわ。


via GIPHY





*マスゴミのアゲアゲの嘘。


「トランプが乾杯用のグラスがわからないから雅子さまが教えた云々」

嘘でしょ。


グラスがわかるもわからないも、もともと乾杯用のグラスにシャンパンが注がれてたんだから分からないわけないでしょう。


画像


わたしが想像したのはトランプは酒を飲まないのでノンアルコールなのか、専用のドリンク(ジュース)が来るのか、とかを聞いたのでは、と。


数々の場数を踏んでいるトランプが「グラスがわからない」などあり得ない。


雅子さまが教えたとか嘘。
トランプが後ろに聞いた中身が理解できないで、場違いなことを言ったのでは?
だからトランプは乾杯をしたけどグラスに口をつけただけで飲まなかった。

晩餐会側の失態と、頓珍漢なことをした雅子さんの失態だと想像できる。



*****************************


調子に乗ってGIFを作ろうとしても、元動画のアップロードがいつまでもグルグル(読み込み中)してダメだったり、このサイトがこれまた「1日のアップロードの許容範囲を越えました」的でだめだったり。

このサイトでのアップロードが無理なら、埋め込みにしてみようかとしたけど埋め込みができてるのかできてないのか不明だったり。



機能の理屈はわかっていても、作用がうまくいかないのがよくわからない。


まあ、初心者としてこのくらいでいっか。




とりあえず、テスト。


うまくいった感じ。

つまりアップロードではなく埋め込みにしたらいってことかな?


GIFにチャレンジ

gifは知ってのとおり

短い動画。


今まで作ったことなかったけど、作ってみた。

実験、実験。



で、貼り付けテスト。







*恒例の絨毯はみ出し歩行。

もうしっちゃかめっちゃか。

秋篠宮殿下が見ている。
もちろん他の人たちも。


画像




*「ちーっす」的乾杯。
アゴだし挨拶はやめてくれ。

画像




*最後までグラスを口から離しませんでした。(ラッパの逸話より)

このシーン↓

画像


メラニアさんは普通。

画像




*『しかいし』失敗。

画像




*どっさどっさ。ゆっさゆっさ。
カツラがなんか浮いてる感じ。
てか、高円宮の女王二人もきちんと地毛で結ってたけど…

「伝統はひとを苦しめる」のでカツラやなんちゃって衣装やなんちゃって潔斎とか?知らんけど。

画像








*そういえば、これひどかったわ。GIFじゃないけど…






なにが酷いかって、自分が行く方向が目視できず「なにもかんがえず歩いた」こと。
このGIFも作ろうかな、と。
ちょいと、作業が重くて、なかなか。


*似たシチュエーション







と、ここまで。



なんかこのブログへの1日のアップロードの回数が決まってるらしくオーバーしたとか。


不便だわ。
そんなことあるのね。



※なお、わたしが作成したGIFは好きに使ってどうぞ。