「ひとりじめ」というスイカ

一個をひとりで食べられるぐらいの大きさ、という意味なんでしょうね。


夏休みの風景…


井戸端の木のタライにスイカが冷やされている、という原風景。

トトロの世界みたいな。
わたしは体験したことないけど、それを見ると日本人のDNAが疼く。





だいぶ前からスイカは冷蔵庫に入らなくて切り売りされるようになり、さらにカットされ他のフルーツと一緒になり1パック398円で売られている。


大きいスイカは


食べきれない

冷蔵庫に入らない

重い


などなどでだんだん廃れて来るのを憂慮してか小さいスイカがではじめた。

さすが日本の農家さん。



最近は


ひとりじめ


というスイカが出回っている。

小ぶりのスイカ。
どのくらいの大きさか、というとリンゴと比べてこのくらい。



画像



これなら夫と二人ちょうど。




小さいスイカと逆にうちの庭の三つ葉芹。


この大きさ、どうよ。


手の平サイズといえば小さい、というイメージだけどうちのはマジの手のひらサイズ。
真ん中の上のが茶碗蒸しなどの入っているサイズ。

画像






シソも巨大化してるから、適当な大きさのを採って刺身に。


鯛、イカ、ブリ。
シソをイカに巻き巻きしてみた。

画像


ふんだんにある大葉はうれしい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

julie
2019年06月24日 17:01
私が幼少の頃、伯母の実家に従姉妹と遊びに行った時、
その家には、井戸があり、スイカは紐で括って丸ごと井戸の中。
井戸の水で、冷えたスイカは美味しい^^
何十年経っても、こののどかな風景は鮮明に覚えています。

トトロの世界は懐かしさが一杯!
えありす
2019年06月24日 18:58
>julieさん


井戸に西瓜。
井戸は16度とか18度。
ちょうどいい温度ですよね。

昔の光景ってスクリーンショットのように記憶に残ってますよね。
トトロの世界を少しでも知っている現代人は幸せです。
のん子
2019年06月24日 23:09
ネーミングが面白いですね。

でもほんと、スイカのイメージが変わりました。
昔、お客様が丸い大きいスイカを持ってが思いだされます。
うちも今はカットされたのを買っています。
えありす
2019年06月24日 23:24
>えありす

昔のイメージによくありますよね。
縄(ビニール紐)で網のようにくくられた西瓜をぶら下げて、山高帽に扇子のおじさん、というシーン。

今は、カットされたのしか思い浮かべません。
西瓜のでかいのもらっても冷蔵庫に入りませんもの。

小さい西瓜はいいですね。
売れるはずです。
西瓜はビタミンCもあるし利尿作用もありますけど夜は要注意です。
トイレ起きてしまいます。
mio
2019年06月25日 00:02
幼い頃うちは井戸ありました。その中に冷えたスイカが入っていて、縁側で食べました。

父が、中身と種を上手く判別して、扇のようにまき散らすのを見て「凄いスーパーマンだ!」と感嘆した私ですが、母は冷ややかな目をしていましたw

シソは、関西の「大葉」の事ですよね。これが無料で頂けるなんて凄い!

今野菜が高騰していて、びっくりするような値段です。最近お魚も食べてないなあ・・・専らチキン系です。
えありす
2019年06月25日 12:37
>mioさん

そうなんですか。
まさに昭和の風景ですね。

縁側なら種を外に撒き散らしてもオーケーでしょう。
子供の目からは「おおっ」とプチ感動ですよね。

大葉ですね。
青じそ、紫の梅干しに入れるシソ。
いいですね。

こちらは野菜はそんなにあがっていません。

チキンは優秀な食材ですよね。
わたしは、胸肉でチキンハムを作り置きします。
ハムといっても、塩やハーブなどで味付けしたものを茹でて冷やし、薄く切りゴマドレで食べます。
茹でた汁はスープに。