交渉人・えありす その1

前回で「マーチの話し」をした。
マーチの話しはプロローグだ。

母を洗脳し「マーチはだめだ」と思い込ませた。
ほんとはそんなことないんだよ。いい車だよ。

もし買い替えが可能だとしたら…
実現するかどうかはわからないけど、目算をたてていた。
わたしにとって車は物理的移動をすればいいだけの手段。
それ以上でもないし、それ以下でもない。

ある程度の快適さがあればそれでいい。
マーチぐらいの大きさでもう少しパワーがあるもの。
大きさは重要だ。
マーチに慣れたわたしはすでに夫の車も運転しずらい。
マーチぐらい。

そして、荷物が乗るもの。見栄も外聞もない。
若い頃と違ってかっこつける気もない。
所詮、車は下駄。裸足でなければいいレベル。

するとしぼられるのは「キューブ」か「ノート」だった。
NISSANなのは仕方ない。
うちの二台の車はなぜかNISSAN。
NISSANに乗るとは思わなかったのに。

結婚前、わたしはHONDAやトヨタに乗った。
結婚した時は車はおいてきた。
夫の車があったから。
夫の車はNISSANだった。夫もいろいろ乗ったけどその時はNISSANだった。
そのあとはずっとNISSANに。

なので出入りのセールスマンは長年の付き合い。
キューブかノート。
わたしはノートもいいな、と思っている。
ノートはこの前モデルチェンジした時、顔がかわった。
ちょっと凛々しくなった。
シートがいい。
腰にフィットする。これはウィングロードと同じだ。
疲れにくいだろう。それにマーチに30センチ大きいだけ。
運転席は低くなり視線がマーチより下になりそうだ。

マーチは意外と視線が高い。
ウィングロードはスポーツタイプなので低い。

キューブは天井が高く視線もかなり高くなって居住性があるみたいだ。
ただ、代車で少し乗ったけどギアがハンドルの横。
昔のタクシーのようだ。
それは自動車学校以来、経験なし。
ちょっと不安だけど、オートマなのでたいしたことはないだろう。
後ろ姿が左右対称ではないのがウリ。
ハッチバックがドア式だ。

などなどいろいろ思っていたけど、なにせ自分で買おうと思わないわたしには捕らぬ狸の皮算用。

母がショッピングモールに行きたいと言った。
そこの入り口の道にうちのディーラーの店がある。

わたしは「車屋、寄ってみる?」
わたしはワナをしかけた。
最初のワナなので、これではまるとは思わない。
まだ初回のワナだ。
ワナは何度が必要だろうな。
「ほいほい」母はわたしの目論みに気づかない。


NISSANのショールームの屋根の下にマーチを滑り込ませる。
セールスマンが数人、お迎えをしてくれる。
担当の名前を告げる。
「ちょっとだけ今日は見せてね」

試乗車や、キューブにマーチにノートに高級車などなどいろいろ並んでること。
試乗するだけで「のってかんがるー」キャンペーンでカンガルーの動くぬいぐるみのおもちゃと綿のエコバックとクッキングDVDがもらえる。(かんがるーとエコバックはいらないのでもらわない)

「ほら、これとかこれ、いい感じ」とわたし。(キューブとノートが並んでるとこで)

「ふーん、あれまあ、これ(キューブ)はシャキシャキして(意味不明)よかごたるな(いいみたいだ)。
こら(これは)よか!
こっば(これば)もろてかえろ」

「!!!!!!!!」(わたし、いつもの担当のセールスマンさん)

「あのね、大根とかパンじゃなかとだけん、今日は買われんと」
わたしは言った。
「持ち帰られんと」

「こる(これ)、こるがよか。こればもらおう。色はこん(この)青かと(キューブの色モデルのプラモデル)」

こうしていきなり「青かキューブ」をゲットすることになった。
ワナに一発でひっかかったのだ!
しかし、こうも簡単に。

でも、前から言ってた。
「チャンカラ(粗悪品)のマーチはおそろしか(こわい)。命が惜しか」
と。(何度も言うがマーチは決して粗悪品ではないのよ)
「歳だけん、よけい命は惜しか、これ(マーチ)はうしてるばい(捨てる)」(捨てませんってば。売ります!)

マーチも青なのに、キューブも?
「ほんなこつは黄んなかと(黄色いもの)がよかったばってん」

黄色はない。ども車種でも黄色はあまりない。
昔夫が、まっ黄色のシビックに乗ってた.
だけどイメージ的に黄色は売れないそうだ。レースカーでは多いらしい。

なぜ黄色?
「目立つけん。迎えに来てもらった時にすぐわかるけん。しょんなか(しょうがない)青かと」

費用は母がもつので「ノートではなくキューブ。色は青かと」でいくしかない。

「この前、イオンでK子(姉)の車(シルバー色)がどけあるか(どこにあるか)わからんできつかった」
だから目立つ「青かと」がいいらし。
このキューブの青は「ソラブルー」で少しマットな感じで今のマーチとちょっと色あいが違う。
わたしもこの色は好きだ。

「値段や色々な打ち合わせは『母がいない所』で。(セールスマンはここで氷つく)
また別の日に。今から買い物いくから。じゃ」と店を出た。

「あれ(キューブ)はよかった。しゃんしゃんしとる。あれはいかん(ノート)ぐんなりしとる(車の形がカーブしている所)品のなか(いや品はあると思うよ)」

母の意味不明の好みだけど、わたしもキューブは前からけっこう好きなほうだった。

こうしてわたしは「青かキューブ」の「交渉人」として腕をふるうべく下調べをし始めのだ。データは以前からすでに頭にはいっている。
交渉にはこっちも情報が必要なのはテレビなどの家電を買う時でも同じだ。

セールスマンにはすでにわかっていただろう。
長年の付き合いでわたしとの交渉が「ただですまない」ことを。
そう、わたしはかなり予習をして交渉にのぞんだ。

           つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント