えありす万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 画像が語るもの・2

<<   作成日時 : 2017/03/22 16:46   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 10

思い出ばなしと雑談と、画像が物語ること。




転勤族だったうちは、社宅だったり会社が借り上げていた小さい平屋だったり。


それでも、母は最低限の「お行儀」をとりあえず教えていたのを思いだす。



正月には姉とわたしに母は着物を着せた。
立派なものではないにせよ、着物を着せていた。



わたしは白字に赤い花の模様。錦糸、金糸が入っていたような。
祖母が送ってきたのかな?


姉は紫に模様入り。
かなり粋だった。



小学校の頃。
わたしは、はやく紫の着物のお下がりを待っていたっけ。



近くの弁天さまへ行った。
当時はみんな女の子は着物を着ていた。

気軽に着ていたみたい。





お屠蘇の三方を回すのは一番年下のわたし。


小学生のわたしが狭い社宅の部屋で三方を持ってまわる。

床の間のある立派な座敷などない社宅。


いつもの茶の間。
こたつのまわりを父からまわる。



正座してお辞儀は「両手の人差し指と親指で三角形を作ったところに鼻を入れるような感じで」と言われた。

肘は張らない。



味噌汁などの吸い物の時、お箸の先は手前に向ける。

座布団の上に立たない。
畳のへりは踏まない。



などなど。
その時々に、母が言ってた。




なぜか、こどもの頃、「荒城の月」は扇を持って踊れた。
母が教えた。

ただの遊び感覚。

着物を着たら、これを踊っていた。



はるこうろうの〜〜♩


のところは扇を前に持ってしずしずと歩く。


は〜な〜♩で扇を平面で開く。杯にみたてる。


の〜♩で、右手の開いた扇を左手のひらをなでる。
右手の開いた扇を下からささげる風の手つき。

えん〜〜♩では、扇をさかづきと見立てて体の前で平面に。


めぐるさかづき〜♩で、そのまましずしずと一周する。


かげ〜♩ で、扇で左の腕をすーっとなでながら

さして〜♩ で扇の右手を右頭上に。




ラストへん、むかしのひかり〜〜♩は閉じた扇を上下させて歩く。




という具合。
なんでこの舞だったのか。余談だけど、その後母は日舞の稽古をして名取になったっけ。

と、ひさしぶり思い出したわ。


着物着て、扇もって狭い社宅で踊ったわ。



しかもこどもが、不思議ね=


なんだったのかしら。おかげで今でも踊れるわ。




でも、こどもなんて普段など好き放題。
お行儀も忘れてる。



それでも、こどもだって人様の家に行った時は、ちょっと緊張して戸惑う時は母が言っていたことを思い出していた。



この「言われたことを思い出す」ことこそ大事なんだな、と。

言われてる瞬間はわからないけど、繰り返し言われることは、けっこう覚えてて外でもお行儀よくできるもの。



内と外。
使い分けるのはこどもでもできる。





うちのような庶民ではない『外交官』さまのおたくのお嬢様。
あぐらをかいて食べ物を手づかみのお嬢様。


画像



この一枚でわかるのは、行儀の「ぎ」の字もない人だということ。



あぐらをかいていたとしても、それはそれで不問にしてもいい。

だけど、カメラを向けた瞬間、普通は座り直すはず。
カメラを向けてる人も、「足」と注意をするはず。
多分、親がカメラ持ってる。
なら、なぜ注意しない?



もし、他人がカメラ向けていたら大慌てで足を直すはず。

当時は写真を撮る、というのはフィルムなので貴重。
だから、写真を撮る瞬間というのは、みんな緊張したりかっこつけたりしてた。

で、これ。



でも、そもそも女の子はあぐらをかかない。
かく発想がもとからない。


家では父親しかしないかっこう。



今でも、ヨガ以外でこんなかっこうをすることはない。
妊婦の時は股関節の柔軟性を高めるためにはするけど普通の家庭の女の子はしない。
って、足痛いしね。




『外交官』さまの家の長女なのに「七五三」や「成人式」の着物写真が全くない。

うちのような転勤族の庶民でも、あるのに。
不思議なハイソな家。
どこにお金を使っていたのか。


有名な「双子がゲロってるかのような横で得意な指差し長女」写真。

画像




ピクニックなのか乳母車とピクニックシート。


日本人なら当時は重箱弁当のはず。
だけど、ビビンバ風、まぜまぜボウル。

この丸いボウルはなんだろう?

犬の餌の入れ物のような。



ググるとすごい数の昔の写真。

野球選手と飲み屋で怪しげな距離。

どこのアパートの一室かわからない変な写真。
テーブルの上はタバコに酒に…



ま、みんな人さまに誇れる過去ばかりじゃないのはわかる。
若気の至りもある。


普段の生活のみっともないシーンもある。

わたしも足を投げ出しておにぎり持ってるこどもの時の写真もある。





だけどね…一番の異常だと思ったことは


そのみっともない写真を、入内に際しての資料提供するのに自らそれらを選別して

「宮内庁に提出した」

こと。





自分のこどもが入内するのに資料としての写真提出を求められたら、普通の親は
必死で選別することだろう。


「これは顔映りがわるいからだめ」

「マスコミが使うんだから、これはあぐらかいてるからだめ」

「これは、ゲロにみえるからだめ」

「これはまあ、いいかな」

「これは、男と一緒だからだめ」


などなど、みんなで選別するだろう。

できるだけお上品にしているものを出すだろう。


いや、真っ先に出すのは七五三と、成人式の着物の写真。

でも、それが無い。
紀子さまにはある。



あぐら写真、ゲロ写真を「選択して提出」した感覚。

これを「おかしい」と思わない感覚。





この選択の異常性。


このあぐら写真が物語るのは、「なぜこの写真を選んだのか」というこの一家の異常性。



想像してほしい。


あなたの娘や姉が、いいところにお嫁入りする時、

「昔の写真を見せてもらえますか」
と言われたとき


「あぐらをかいて手づかみで食べ物を食べている写真」

を出しますか?



ということ。



どれだけ異常性がみあたるか、それは歴然としている。

そもそも、「若気の至り」がある女性は入内してはならない。
男関係があったような女性は入内してはならない。
不倫をしていたような女性は入内してはならない。


さらに…一枚の写真。

画像



皇太子妃のブローチをその母親が平然とつけて公の場に出ている、という厚顔ぶり。


*皇族の貴金属は国家のもの。横流ししたら横領。
*もし、同じものを注文したら異常。
*もし、自腹でブローチを妃殿下が買ったとしてもそれをつける母親の自己顕示欲として異常。
(逆は時系列でありえない)



とにかく、おかしい。


画像はキャプション次第で物語を作ることができるけど、
それ一枚でわかることもある。




ほんとにとんでもない人が入内したのは事実。


アジア大会は寒いからさぼって、3.11慰霊は政府の信用がないからなのか要請されず。

両陛下の海外訪問への式は毎回さぼり。
でも、カメラのはいる派手な場面では、出る。



春季皇霊祭に向かわれる秋篠宮家の内親王殿下。

画像



15日に帯状疱疹の皇后さま。

でも、人に会うしオペラ鑑賞。

でも、20日の皇霊祭は欠席。


あれ?

東宮妃が出席したかは不明。

でも、欠席かな?
出席なら車からお手ふりしてあっぴ〜〜るしてるはずだし…



画像というのはほんとにいろいろ見せてくれるね。


誤字脱字はあとからなおします。
加筆、訂正も。



がんばれ、日本と思ったら
ぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
小さい頃は、今より着物着てたかもですね。
お正月とか、お祭りとか。
母も毎日着物着てたし、父は仕事から帰ると、着物に着替えてました。(そう言う家庭だったのかも)
私は、お婆ちゃん子で、祖母が色々と躾けてくれましたね。

何処をどう探しても、胡座で手掴みで物を食べてる写真はありませんね。
「お行儀良くしなさい」よく言われました^^;

荒城の月・・懐かしい。滝廉太郎ですね。丸い眼鏡をかけてましたっけ?

画像と言えば、愛子様が中学御卒業の写真が出てますね。御家族3人の映像も。
愛子様、つい先日、一段とお痩せになられた写真を見たばかりですが、少しふっくらされたみたいで。
声も発せられてますが、昔より流暢に喋れてました。
いつも思うの。
本物の愛子さまかな?って。
julie
2017/03/23 00:03
>julieさん

多分、昔のほうがそうだったかもです。
お正月は着物って。
別に振袖とかじゃなく、こどもはこどもなりの。

父も帰宅してから着物でした。芥川龍之介とかが着てるような。兵児帯の。
夫にきくと、夫の父もだったそう。
時代だったのかしらね。

うちは典型的な核家族。
それでも、普通に親が行儀のことを言っていました。

あぐらとか、まずありえない時代でしたね。

滝廉太郎。
大分の岡城を歌ったとか。

卒業式。

不気味でした。
痩せたり太ったり、目の大きさがかわったり。鼻がのびたり縮んだり。
背丈もかわったり。
よくわかりませんね。

しゃべくりは練習したのだと思います。
入学式で惨敗だったので、事前に練習。
母親をちらちらよく見たのは指示待ち。
「これでいいのかな」という顔色様子見。

家庭内がわかりますね。
母親の癇癪がおきないように、機嫌をしょっちゅうみているという。

流暢というか中3ですので、練習すれば普通というか本田真凛選手と同い年。

偏差値75らしいですから、英語でもよかったはず〜〜
英語も流暢らしいです。
イタリア語で挨拶もできるらしいです。
かるたとりもすごいらしいです。
ソフトボールもテニスもすごいらしいです。

全部、らしいです。

でも、みたことありません。

えありす
2017/03/23 00:29
よく覚えてましたね!
友人の家に行けば違いがあり、その
緊張感でのお行儀でもあって、
嫌いじゃなかったですね、そんな時間


さて、東宮妃あれこれ。
どのくらい前に見た画像か忘れました
何歳ぐらいでしょう?
この写真を公表できる判断基準に?は
当然ですね、一般的には。これは、
OWD家発に大方同じですね。
正田家も自宅内と思われるのも、?が
あると思ってます。

秋篠宮家の画像には合理的な自制と、
不合理に制限されていると感じます。
『目立ってはいけませぬ』の号令で

今晩すでに帯状疱疹が快方にと、鑑賞
とやらで、孫娘の卒業への祝砲ですわ

『筋書き通り』
NHKのニュースでも、とばし記事

明日は明日で・・・・・、ですわ

   *_**_*
両親は着物多かったですね。
お出掛けでも、自宅でも。
お正月、お祭りと、親族の集まりとか
時代ですね〜!
TESS
2017/03/23 00:44
子供の頃の思い出は、自宅にいる時の祖父母はいつも着物、外出する時の祖父は洋服、祖母は相変わらず着物姿。父は勤めから帰ると着物に着替えてましたね。母もたまに着物。祖母も母も白い割烹着でした。
わたし達姉妹が結婚する時には着物を準備してくれましたが、訪問着や小紋の他に留袖、喪服もありました。
子供の頃には祖母が縫ってくれた浴衣や羽織とのセットのウールの着物を着た記憶もあります。七五三、お祭り、二十歳には着物姿の記念写真。
振り返りいろいろ思い出すと、一般家庭でも着物に縁のある生活でしたね。

紀子さまの七五三のお写真、素敵でしたね。

皇太子妃の少女時代のお写真には正直驚きました。
裄丈の合ってない着物姿のスナップ写真でしたし、あぐらをかいてる姿にも驚きましたし、その写真が提供されていたことに唖然としたものです。

妃殿下のブローチを母上様がお付けになっていたこと、大きな問題です。
りょうこ
2017/03/23 09:03
一言、「日本人とは思えない」


いや、ほんと、怪しすぎるわ。東宮妃の闇はわかりやすい(笑)
ありす
2017/03/23 09:20
あぐらの写真なんて、てっきりマスコミが、あの手この手で入手したとばかり・・・

全く、全然気が付かなかったです(汗)
のん子
2017/03/23 09:46
>TESSさん

お行儀というのは「思い出して実行できる」ぐらいでいいのですけど、「思い出す」ネタがないのは困りますよね。

大人になっても今度は頭でおぼえることで身についていくことも。
お妃教育ではそれだと思うのです。
その教育がなってないから、仕草がいつも下品。

そうそう、正田家。入内前の家の中まで記者が入り込める不思議。美智子さんの私室に男性記者が入り込める不思議。

気持ち悪いですね。

祭祀が終わるとなぜか帯状疱疹がなおっておでかけ。
都合がいい病気ですね。

えありす
2017/03/23 10:33
>りょうこさん


当時は、和服にたいして日本人独特の感覚がって「服装」の中でランクが高いとみなされていましたもの。

ウールの着物と羽織。
それだけでもいいんですよね。
矢絣風のウールの着物。祖母が昔縫ってくれてそれ、まだ一度も袖を通してませんでしたわ。

あっちの家のタンスの中に眠っています。
もってきて着てみようかしら。
母の踊り着物が恐ろしいほどあって、いずれ売りまくりますわ。

夫の母は自分の母の実家が呉服屋だったので、タンスの中は、もうわけわかめ。
でも、小柄な人なのでもらうことはできません。

紀子さまの七五三。かわいい中にきりっとしてていいですね。

三人並んでのあの着物の写真。
ああいう時代もあるのはあるんですよね。
でも、「きちんとした時の和服の写真」がない不思議。
時代が時代ですけど、成人式の写真はあると思うのです。

そうそう、妃殿下の母親のブローチ。
問題ですね。
えありす
2017/03/23 10:39
>ありすさん


ほんと、一般家庭以下なんですよね。

でも、当時としてはトップクラスの家だと思うんですよね。
外務省の外交官さまなのに。

不思議ですよね。

でも、こんな闇だらけの家の娘がなぜ入内できるのか、という基本的な疑問だらけです。
えありす
2017/03/23 10:43
>のん子さん


そう、わたしも最初はそう思ったんですよ。

まさか、こんな下品な写真を自ら提出したとか思いませんもの。

マスコミがいろんなところに手を回して集めたのかと。


ところが宮内庁から提出を求められて出したのがあれ、というのでびっくりぽん。

しかも、なんか大量に出したそうで。

親子でバカなのかな、と。

えありす
2017/03/23 10:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像が語るもの・2 えありす万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる