えありす万華鏡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「私は花子。夫の親族に負けなかった」…って夫の祖母のハナシなんだけど〜その6〜

<<   作成日時 : 2015/11/05 20:44   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

つづきから


-------------------


満鉄を辞め、私たちは帰国した。

懐かしいふる里は時間が止まったかのよう。
光る海。


蜜柑畑。



結核にかかった夫の為に温泉や度のそばに家を買った。

養生している夫の元へ私は通い、やがて長女が生まれた。




その2年後、夫は他界。


私には二人の子どもが残された。

夫の実母と夫の二人の妹もいる。




泣きたかった。
せっかく帰ってきたこのふる里でこんな残酷な運命が待ち受けていたとは。



小学生になったばかりの長男と2才の長女、夫の母と妹たち。
5人が私の肩にかかってきた。




夫の弟たちが寄ってくるに違いない。

「兄さん(太郎)が死んだならそこの財産はオレたちがもらえるはずだ。
オヤジ(太郎の実父)がもらうはずだったんだから。

兄さんがA家に養子にいって一人だけいい思いをするなんて」


と。



泣きたかった。



でも、泣く暇など無い。
私には守るべき者がいる。

夫が残した二人の子ども。





夫の弟たちはうちの財産で学校に行き一人前に教師にもなっている。
このA家のおかげで生きてきた。



その弟たちは、自分たちの母親と妹たちのめんどうはみず、夫に放り投げていた。
帰国してからも夫の母と妹たちのめんどうをみてきたのは私だ。




もうこれ以上、たかられるのはごめんだ。

私にはこの家を相続する息子がいる。



私は夫の死後2週間、役場に家督相続を届け出た。

家督相続は息子。




私の長男。
夫が残した息子。

画像


註釈*当時は家長制度があったので家督相続や隠居届けなどが普通に戸籍簿にある。

この息子がわたしの夫の父親。





ここは夫の養子先であり、夫の実父の姉の嫁ぎ先でもあるけど、この家は私たちの家。



私の嫁ぎ先。

画像




夫が残した長男がこの家を継ぐ。


夫の弟たちにはこの家での権利は無い。
元より無い。

夫の実父にも無かった。
だけど夫の実父はこの家の財産を勝手に売り飛ばしていた。




でも、この家でずっと暮らしこの家の財産で食べて生きて来た者には、この家の物をあたかも自分の物だと思いこんでしまう。




彼らには私は新参者。


この家の財産を横からきてのっとろうとする憎き女。




私が夫の死後すぐに息子を家督相続させたことが気に入らなかったのだろう。

夫の弟たちがなにやら言ってきた。



註釈*これは憶測。
でも、裁判所沙汰になっているってことは何らかのアクションがあったと容易に想像できる。




亡き夫の弟は3人。

私は女一人。

たちうちできるかどうか解らない。





私は実家の兄姉に相談した。

兄や長姉の夫が力を貸してくれ私たちはB家の者と話し合いの場を持った。


画像



註釈*裁判所、と書いてあるので調停かなんかしたのだろうか?
夫の弟が「財産やれ」とだだをこねたのだろうか。

「事件」と書いてあるのは「この案件」という意味だと思う。

おそらく、太郎の弟たちがウダウダ言ってきて花子は困り法的に解決をはかったのかも。






夫の実母と妹二人はこのままこの家で暮らしていくことは構わない。
夫の母と妹なんだから。


こうして私は息子と息子の財産を守った。


やがて世界は大東亜戦争に突入した。



つづく



花子の弟のように厚かましい人、国ってどこにでも
いるのねえ、と思ったらぽちっとね




にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お金のある所では、血が繋がっていても何かある方が普通みたいですよ。

母の遺産は妹とキッチリ半分こにしたのですが、銀行の人に何回も「大丈夫ですね」って念押しされましたもん(^^ゞ
最も少額でしたけどね。
のん子
2015/11/06 18:00
>のん子さん

財産がある所には色々問題があるのでしょうね。
配偶者がいるとよけいにいろいろ。

のん子さんは姉妹なのですっきりですね。
うちも姉妹なのですっきり。
きっちり半分っていうのも潔いです。
えありす
2015/11/06 19:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
「私は花子。夫の親族に負けなかった」…って夫の祖母のハナシなんだけど〜その6〜 えありす万華鏡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる